1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準々決勝 下関国際(山口)vs日大三(西東京)

投稿日:

下関国際(山口)vs日大三(西東京)

予想  45%  55%

〇4-2   花巻東   〇16-3   折尾愛真

〇5-4   創志学園  〇8-4    奈良大付

〇4-1   木更津総合 〇4-3   龍谷大平安


強力打線を武器に勝ち上がった日大三と機動力野球でエース鶴田を支えて勝ち上がった下関国際。連戦になることからも、投手層の差で日大三が有利か。

下関国際はエースの鶴田が3試合連続の完投勝利。低めにストレートとスライダーを我慢強く集めて木更津総合の強力打線を1失点で完投した。バックの守備陣もよく守って二遊間を中心に盛り立てており、ディフェンス力は高い。あと心配なのはエースの疲労度のみ。疲れをためないためにも省エネの投球を心掛けたい。対する日大三打線は平安のエース小寺からも粘り強い選球と強打で4得点。やはり今年の三高打線は本物だろう。3番日置を中心に鋭い振りで、すきを見せたら一気に襲い掛かる。場合によっては大量得点もありそうだ。

一方、日大三は3回戦で2年生右腕・広沢が先発。140キロ台後半の速球で押しまくり、チームにリズムを与えた。1,2回戦の中村・井上と合わせ、右の速球派が先発して左の変則派の河村がリリーフするというパターンが確立されてきている。河村は変則派とは言ってもクロスファイヤーに威力があり、ストレートで相手の打者を詰まらすことができる、打の三高だが、投手力もどんどん高くなってきている。対する下関国際打線は上位の濱松・甲山・川上を中心にねちっこさが持ち味。機動力も絡めて相手守備陣をかき回す。2回戦で創志学園の西と対戦した経験が速球派の多い日大三投手陣との対戦に活きてきそうだ。4番鶴田に3回戦で一本が出たのも大きい。

下関国際が勝利するためにはエース鶴田の好投が絶対条件。序盤から打ち込まれると勝負が決まってしまうだけに、なんとか小差で食らいついていきたいところだ。逆に日大三としては持ち味の打力をフルに発揮できる展開に持っていきたいところだ。


山口vs東京 甲子園対決

春 山口3勝     東京1勝

夏 山口4勝     東京5勝

計 山口7勝       東京6勝

対戦成績は山口勢が7勝6敗とリード。1983年夏の初戦では宇部商と帝京が対戦。9回裏に浜口の逆転サヨナラ2ランで宇部商が劇的な勝利。ここから宇部商のホームラン伝説が始まった。1988年選抜では宇部商と堀越が対戦。9回表に宇部商がホームランで同点に追いつき、延長の末に勝利を収めた。

 

主な卒業生

日大三…近藤一樹(ヤクルト)、荒木郁也(阪神)、関谷亮太(ロッテ)、吉田裕太(ロッテ)、山崎福也(オリックス)
高山俊(阪神)、横尾俊建(日本ハム)、坂倉将吾(広島)、櫻井周斗(DeNA)

下関国際…宮崎敦次(ロッテ)

 

思い出名勝負(2005年夏の甲子園準々決勝)

宇部商

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 2 0 0 1 0 0 3 5
0 0 0 0 1 0 0 2 0 3

日大三

 

宇部商     好永

日大三     大越→加藤

 

 

2005年の準々決勝最後の試合は実力校同士の好カードとなった。

宇部商は前年秋の中国大会を制覇し、選抜大会でも1勝をマーク。エースで4番の好永を中心にまとまったチームは夏の山口大会を制覇して春夏連続出場をつかみ取った。井田・上村・工藤ら好調の上位陣を中心とした打線は1回戦からの3試合で42安打22得点を記録。1回戦の新潟明訓戦で20安打を放つなど、上位から下位までまったく切れ目のない打線は他校の脅威となった。左腕の好永は技巧派らしい巧みなコーナーワークで打者を翻弄し、2回戦の静清工戦では無四球完封。山口大会から全試合を一人で投げぬいて勝ち上がった。

一方の日大三は3年連続の甲子園出場。前年の夏から中軸の千田・多田ら多くのメンバーが残り、西東京大会を圧倒的に制覇。エース左腕・大越も切れのあるスライダーを武器に三振の取れる投手であった。初戦は明徳義塾の出場辞退による代替出場の高知と対戦。序盤に1番江原の3ランなどで4点を奪うと、エース大越は14奪三振の力投。まずは6-2と快勝のスタートを切った。3回戦では前橋商業との関東対決に9-6で逆転勝ち。2番主将の中山のタイムリーなどで打撃戦を制し、2001年優勝の強打がよみがえってきていた。

 

試合は初回にいきなり宇部商が4番好永のタイムリーで1点を先制すると、スライダーを内外に出し入れする投球で、2,3回戦と猛打を振るった日大三打線を沈黙させる。

一方、日大三のエース大越も2回以降は立ち直り、こちらもスライダーを軸に好投。疲れのあるなかでも自分の投球は失わずに投げ続ける。

すると、5回裏に7番に打順を下げていた江原が好永の甘く入ったボールをとらえてライトスタンドへ飛び込む同点ホームランを放つ。3回戦無安打で1番を降格した男が意地の一打を見せる。

しかし、この日常に先手を取るのは宇部商。同点に追いつかれた直後の6回表に四球と1年生ながら7番でスタメンに名を連ねる高橋のヒットなどで1点を勝ち越し。エースを援護する。

このまま試合は終わるかと思われたが、ここから試合は二転三転する展開を見せる。8回裏に配球が偏り始めた好永を攻めて2アウト満塁とすると、8番の桑田がインコースの真っすぐに張って見事にとらえ、逆転の2点タイムリーを放つ。日大三としては土壇場で大きなリードを手にしたのだが…

9回表、あと1イニングで勝利をものにできる大越は9番星山・1番井田に連打を浴びて無死1,2塁のピンチを招く。ここで打席には2番の上村。セオリーなら送りバントで中軸につなぐ場面だが、宇部商の玉国監督は強硬策を指示した。この采配に上村が応え、大越の高く甘めに入ったボールをとらえた打球はライトオーバーのタイムリー3塁打となって宇部商が土壇場で再逆転を果たす。その後、4番の好永にもタイムリーが出て5-3とリードを広げる。

その裏、日大三は3番千田・4番多田が連打でチャンスを作るも、最後はこの試合当たりの止まっていた5番後藤がセンターフライに打ち取られて万事休す。強豪同士の一戦は宇部商に軍配が上がった。

 

宇部商は準決勝で京都外大西に今度は9回逆転負けを食らって8-10で敗退。エースの好永は結局県大会から一度もマウンドを譲らずに投げ切った。玉国監督の「一心野球」のもと、何度も劇的な試合を見せてくれた宇部商も夏はこの大会が最後の出場となっている。また伝説的なホームランを放つ宇部商の試合を見てみたいものである。

一方、日大三は惜しくも9回逆転負けを喫した。一昨年は初戦敗退、昨年は3回戦敗退と一歩ずつ実績を積み上げてきていたが、あと一歩及ばずという結果であった。しかし、勝ち続けることによる難しさが徐々に出てきていたのもこの時期。翌年の東京大会決勝ではあの斎藤佑樹(日本ハム)擁する早稲田実相手に先手を取りながらも、最後は延長サヨナラ負け。小倉監督としても不本意な内容の試合だったそうだ。その後も2年間甲子園から遠ざかり、常勝だった日大三が苦しい時代を迎えることとなる。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.