1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準々決勝 大阪桐蔭(北大阪)vs浦和学院(南埼玉)

投稿日:

大阪桐蔭(北大阪)vs浦和学院(南埼玉)

予想  51%  49%

〇3-1   作新学院  〇9-0   仙台育英

〇10-4  沖学園    〇6-0   二松学舎大付

〇3-1   高岡商


準々決勝第一試合は東西の強豪同士の対戦となった。大会の優勝争いを占う一戦となりそうだ。

浦和学院のエース渡邉は3回戦で強打の二松学舎大付打線を相手に完封勝利。140キロ台後半の速球とスライダーを長身から投げ下ろす投球で強打者を寄せ付けなかった。内外の出し入れも巧みで今大会出場校中でも一躍注目の右投手となった。大阪桐蔭打線相手に万全の状態で望めそうだ。対する大阪桐蔭の打線は3回戦で高岡商の速球派左腕・山田に苦戦。140キロ台後半の速球と抜いた変化球の前になかなかタイミングが合わなかった。各打者の能力は高いが、渡邉としてはこの3回戦の内容をどう参考にできるか。3~4点の勝負となりそうな気配だ。

一方、大阪桐蔭は3回戦で横川が先発したため、おそらくこの試合は根尾柿木が先発となりそう。状態が安定しているのは柿木の方であり、根尾を頭に持ってきてリリーフに回す可能性もある。根尾は2回戦でストレートが高めに抜ける場面があったが、浦和学院の強力打線には危ないボールになる。どこまで修正できているか。対する浦和学院打線は2試合連続で2桁安打を放ち、好調をキープ。主砲・蛭間を中心に鋭いスイングで圧力をかける。2番矢野は得点に絡む活躍を見せており、彼の活躍がカギを握りそうだ。

2012年選抜では大阪桐蔭が3-2で9回逆転勝利。勢いに乗って選抜初制覇を成し遂げた。今回はどちらに軍配が上がるか。


大阪vs埼玉 甲子園対決

春 大阪3勝   埼玉2勝

夏 大阪4勝   埼玉1勝

計 大阪7勝     埼玉3勝

対戦成績は大阪勢が大きくリード。2005年の1回戦では辻内(巨人)、平田(中日)を擁した大阪桐蔭が春日部共栄と対戦。春日部共栄が4番・鶴岡(横浜)のホームランなどで序盤リードを奪うも、中盤に大阪桐蔭が逆転。一時同点に追いつかれるも、7回に1年生の中田翔(日本ハム)の勝ち越しホームランが飛び出して9-7と初戦突破を果たした。一方、1986年には浦和学院が2年生の主砲・鈴木健(西武など)を擁して初出場。2ホームランを放つ猛打で10-3と泉州を一蹴して初戦突破。そのままベスト4まで勝ち上がり、一躍全国に名をとどろかせた。

 

主な卒業生

大阪桐蔭…中村剛也(西武)、岩田稔(阪神)、西岡剛(阪神)、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)
浅村栄斗(西武)、山足達也(オリックス)、藤浪晋太郎(阪神)、澤田圭佑(オリックス)、森友哉(西武)

浦和学院…大竹寛(巨人)、今成亮太(阪神)、豊田拓矢(西武)、坂本一将(オリックス)、榊原翼(オリックス)

 

思い出名勝負(2012年選抜甲子園準々決勝)

大阪桐蔭

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 1 0 2 3
1 0 0 0 0 0 0 1 0 2

浦和学院

 

大阪桐蔭   澤田→藤浪

浦和学院   山口→佐藤

 

 

2012年の選抜第一試合は前年秋の関東王者の浦和学院と長身エース藤浪(阪神)を擁する大阪桐蔭の激突となった。

浦和学院は2年連続で関東大会を制覇。1年生の秋からエース格としてマウンドに上がっていた佐藤拓は球威が増し、安定感ある投球でチームを勝利に導いてきた。打線も2年生の竹村・山根・高田の活躍などが光り、選抜初戦は敦賀気比に10-2と圧勝。甲子園での連敗を6で止める大きな勝利をものにした。2回戦ではエース佐藤拓が抜群のコントロールでアウトローをついて三重打線を2-0と完封。久々の8強進出を成し遂げた。

一方の大阪桐蔭は2008年夏に全国制覇を成し遂げていこう、出場は2010年選抜の1回のみと苦しい時期が続いていた。前年夏も当時2年生エースの藤浪が最大4点のリードを守り切れずまさかの逆転負け。秋の近畿大会でも準々決勝で天理に逆転負け。選出はされたものの、ここ一番で勝ち切れない勝負弱さが目立っていた。しかし、選抜初戦では花巻東の大谷翔平(エンゼルス)を攻略して9-2と逆転で大勝。続く2回戦では九州学院の好左腕・大塚(楽天)から2年生の笠松が2試合連続の逆転打となる3ランホームランを放って5-3と快勝。徐々に流れが変わり始めている予感があった。

 

東西の優勝候補同士の大事な1戦は両チームともにエースの先発を回避。浦和学院は2年生の長身右腕・山口瑠偉、大阪桐蔭は藤浪とならぶWエースの澤田(オリックス)を先発させた。

先手を取ったのは浦和学院だった。この大会初登板の澤田の立ち上がりを攻めてランナー1,3塁から4番笹川がセンターへはじき返して1点を先制。主導権を握る。

しかし、2回以降は澤田が立ち直って重いボールで浦和学院打線を封じると、浦和学院の山口瑠偉は長身からの角度あるボールで大阪桐蔭打線にほとんどチャンスすら作らせない。数少ないランナーもエンドラン失敗で併殺に切って取られるなどなかなか得点の入る気配がない。

ところが、6回に入って両チームともそろってエースに投手交代。似たような投手起用になったが、両監督の勝利への執念が見え隠れしていた。

すると、7回表に大阪桐蔭は3番森友哉(西武)のヒットからチャンスを作ると、またも6番笠松がセンターへ返す同点タイムリー。大会に入ってからの彼の勝負強さには神がかったものがあった。

振り出しに戻った試合は7回裏に浦和学院がビッグチャンスをつかむ。大阪桐蔭・藤浪のボールに力負けせずに4番笹川・5番山根・6番明石が3連打で満塁のチャンスをつかむ。しかし、ここで大阪桐蔭バッテリが踏ん張る。真っすぐを狙い打たれて配球をスライダー主体に変えて7~9番を3者連続三振。西谷監督も1アウトごとにタイムをとる慎重さで最大のピンチを脱する。

が、8回裏にもピンチは続き、3番佐藤のヒットなどでピンチを招くとランナー3塁から藤浪が痛恨のワイルドピッチ。浦和学院が終盤で大きな勝ち越し点を奪う。

9回表になんとか粘りたい大阪桐蔭は先頭の森友哉(西武)がライト前にヒットを放つも、果敢にセカンドを狙ってタッチアウトとなりワンアウト。いよいよ追い詰められたところでこの試合当たりのない4番・小池が四球を選ぶ。骨折で出れない田端に代わって4番で出場していた男が重要な役割を果たす。ここは浦学・佐藤拓としては注意して入りたいところだったが、5番安井に外角の甘いボールを左中間にはじき返されて1塁から小池が長駆生還。土壇場で同点に追いつく。

佐藤拓としては痛恨の失点だったが、この場面で柔らかい打撃を見せた大阪桐蔭・安井の打撃が上回った。さらに2アウト後に今度は7番白水にセンター前への大会初ヒットとなる勝ち越しタイムリーが飛び出して大阪桐蔭がこの試合初めてリードを奪う。

その裏、浦和学院も9番緑川・1番竹村の連打で食い下がるが、最後は2番林崎がショートゴロに打ち取られて試合終了。大阪桐蔭が難敵を下して選抜では初の4強入りを果たした。

 

大阪桐蔭はこの大会が大きなターニングポイントとなった。その後、健大高崎・光星学院を破って選抜初優勝を成し遂げると、夏は圧倒的な勝ちっぷりで春夏連覇を達成。それまで2度の全国制覇を果たしながらも勝負所で勝ち切きれない印象もあった大阪桐蔭だったが、この大会以降7年間で5度の全国制覇を達成。逆境をことごとく乗り越えて勝ち切る姿に、この大会での勝ち方が大きなきっかけになったのではと思わされる次第である。

一方、浦和学院は惜しくも4強入りはならなかったが、甲子園で2004年夏以来となる久々の勝利を挙げた。こちらも出るたびに優勝候補に挙げられながら初戦で姿を消してきたが、3番エースの佐藤拓也が投打の活躍でチームを引っ張った。このチームは夏にも出場を果たして2勝をマーク。翌年の選抜ではこの試合に2年生で出場していた竹村・山根・高田が中心となって全国制覇を達成。万年優勝候補と言われた汚名を見事に返上した大会となった。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.