1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準々決勝 済美(愛媛)vs報徳学園(東兵庫)

投稿日:

済美(愛媛)vs報徳学園(東兵庫)

予想  48%  52%

〇5-4   中央学院  〇3-2    聖光学院

〇13-11 星稜    〇7-2    愛工大名電

〇3-1   高知商


ともに優勝経験を持つチーム同士の対戦。両チームに大きな力の差はないが、コンディション面で報徳学園がやや有利か。

済美のエース山口直は3試合連続の完投勝利。投げるたびに低めへの制球が安定してきており、3回戦ではあれだけの猛打を誇った高知商打線を1点に抑えた。スライダーを丁寧に低めに集める自分の投球さえできればそう打たれないとは思うが、2回戦で180球を越える球数を投じており、疲労が気がかりだ。対する報徳学園は3回戦を見事な集中打で突破。1番小園は1安打に終わったものの、その彼の振り逃げからチャンスを呼び込み、後ろへつなぐ攻撃を見せた。報徳学園が強い時のつながる打線の雰囲気が出てきており、準々決勝も期待がかかる。

一方、報徳学園の3回戦は2年生投手のが先発。終盤まで名電打線を2点に抑える好投を見せた。初戦で先発した長身左腕・渡辺友もおり、こちらは投手陣の陣容に余裕がある。リリーフの木村も含めて3人ともコントロールは安定しており、本調子なら1試合トータルで3~4点までには抑えそうだ。一方、済美の打線は1番矢野と9番政吉の2人が軸。この2人からチャンスを作りたいところだが、中軸の芦谷池内にもう一つ当たりが出ていない。むしろ、政吉・矢野の前にランナーをためたいところか。終盤まで競っていけば、再びあの驚異的な勝負強さが見られるかもしれない。

済美も報徳学園も永年チームを率いてきた上甲監督永田監督の後を受けて、それぞれ中矢監督・大角監督と若い監督が指揮を執る。新たな歴史を紡いでいくのはどちらのチームになるか。


愛媛vs兵庫 甲子園対決

春 愛媛4勝   兵庫5勝

夏 愛媛5勝   兵庫5勝

計 愛媛9勝     兵庫10勝

対戦成績は兵庫勢が10勝9敗とほぼ互角。1977年の準決勝では東洋大姫路・松本と今治西・三谷の大会屈指の好投手2人の投げ合いとなり、延長10回に1点を奪った東洋大姫路が1-0で勝利。初優勝に弾みをつける1勝となった。1981年には報徳学園の金村(近鉄)と今治西の2年生エース藤本(南海)の好投手対決が準々決勝で実現。報徳学園が3-1で勝利をおさめ、そのまま優勝まで突っ走った。

阪神大震災のあった1995年の選抜では大会No.1左腕の藤井(ヤクルト)を擁する今治西と4番捕手の鶴岡(横浜)を擁する神港学園が対戦。9回表に肘の怪我で藤井がマウンドを降りるアクシデントで土壇場で神港学園が試合をひっくり返すが、その裏に今治西は藤井自身の意地の同点タイムリーが飛び出して試合は延長戦に。延長13回裏に神港学園の守備にミスが出て今治西がサヨナラ勝利を収めた。

主な卒業生

済美…福井優也(広島)、鵜久森淳志(ヤクルト)、安楽智大(楽天)

報徳学園…山崎勝己(オリックス)、大谷智久(ロッテ)、田村伊知郎(西武)、岸田行倫(巨人)、片山博視(楽天)
清水直行(ロッテ)、水沼四郎(広島)、谷村智博(阪神)、松本匡史(巨人)、金村義明(近鉄)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.