1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準々決勝 近江(滋賀)vs金足農(秋田)

投稿日:

近江(滋賀)vs金足農(秋田)

予想  51%  49%

〇7-3   智辯和歌山 〇5-1  鹿児島実

〇4-3   前橋育英  〇7-0 大垣日大

〇9-4   常葉菊川  〇5-4   横浜


剛腕・吉田輝をホームラン攻勢で援護して劇的な逆転勝ちを飾った金足農と4番北村の6打点の活躍で快勝した近江の対戦。吉田輝が連投となる金足農に対して、4人の投手を擁する近江の方が少し余力がありそうだ。

吉田輝は3回戦で横浜打線に12安打を浴びる苦しい内容だったが、4失点にまとめて完投勝利。最後は150キロ近い速球で3者連続三振を奪うなど、この投手の実力はまだ底を知れない。変化球でうまくタイミングを外すうまさもあり、総合力が高い。明日は連投となるが、強気にインサイドをついていく投球は貫きたいところだ。対する近江打線は4番北村が大爆発。4打数4安打6打点をマークし、終盤までのチーム全得点をたたき出した。相手の内外を突く攻めにも全く惑わされずに太い懐に呼び込んではじき返した。上位の土田・家田らの足を使った攻めも絡めてチャンスを作り、北村に回したいところだ。

一方、近江は2年生左腕のが好投。選抜から出し入れのうまい投手だとは思っていたが、コントロールにいよいよ磨きがかかってきた。4投手を抱える近江だが、現状ではの安定感が頭一つ抜けている。明日の先発で誰を頭に持ってくるかだが、は連投となるだけに少し悩ましいところだ。継投の達人の多賀監督の手腕に注目だ。一方、ミートのうまい打撃と犠打を絡めた攻撃が持ち味の金足農打線だったが、2回戦の終盤あたりからホームラン攻勢の色を強め始めている。6番高橋のホームランは球場の空気を一変させ、優勝候補の横浜を倒す一打となった。甲子園は選手に不思議な力を与えるとはよく言うが、今大会はその力が金足農に宿っていると言えそうだ。最後まで油断ならない打線だ。

勝てば近江は3本の矢で準優勝した2001年以来、金足農はKKコンビを苦しめた1984年夏以来の4強入りとなる。


滋賀vs秋田 甲子園対決

春 滋賀0勝   秋田0勝

夏 滋賀2勝   秋田1勝

計 滋賀2勝     秋田1勝

対戦成績は2勝1敗で滋賀勢がリード。1980年の3回戦では瀬田工が秋田商に3-0で完封勝利。勢いに乗って滋賀勢初の準決勝まで進出した。しかし、準決勝では当時1年生の荒木大輔(ヤクルト)がいた早稲田実が立ちはだかり、0-8と完敗。決勝進出はならなかった。

 

主な卒業生

金足農…石山泰稚(ヤクルト)、小野和幸(西武)、足利豊(ダイエー)

近江…小熊凌祐(中日)、植田海(阪神)、京山将弥(DeNA)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.