1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準決勝 大阪桐蔭(北大阪)vs済美(愛媛)

投稿日:

大阪桐蔭(北大阪)vs済美(愛媛)

予想  55%  45%

〇3-1   作新学院  〇5-4      中央学院

〇10-4  沖学園    〇13-11   星稜

〇3-1   高岡商   〇3-1      高知商

〇11-2  浦和学院   〇3-2      報徳学園


苦しみながらも徐々に調子を上げてきた大阪桐蔭とことごとく競り合いをものにしてきた済美の一戦。エース山口直の状態が気がかりだが、競り合いで終盤にもつれ込めば面白い展開になりそうだ。

 

済美は準々決勝で主将の池内が先発。報徳学園打線を中盤まで1点に抑える好投で山口直の負担を軽減した。その山口直も9回に1点はとられたものの、スライダーの低めへの制球がさえわたり最後は連続三振でピンチを脱した。中一日空くことによってどれだけ疲労が抜けきるかは心配だが、これまで高知商や星稜といった強打線を相手にしてきただけに大阪桐蔭に対しても気後れすることはなさそうだ。

対する大阪桐蔭打線は藤原・根尾を中心にいよいよ手が付けられなくなってきた。特に藤原は準々決勝で2発を放り込むなど打撃の精度はどんどん増してきている印象。ミスショットが少なく、狙ったボールは逃さない迫力がある。当たりのなかった6番石川にもホームランが出たように全く穴のない打線は驚異的だ。山口直のスライダーを捨てるのか狙いに行くのかが焦点となる。

 

一方、大阪桐蔭は根尾柿木のリレーで浦和学院打線も2点に抑え、こちらは日程的にも投手の人数的にもかなり余裕を持ったやりくりができそうだ。準決勝の先発が誰になるは読めないが、状態が安定しているのは柿木だろう。制球の乱れは少なく、大事な場面を彼に託すような采配になるのではないだろうか。いずれにせよ3人の投手をうまく併用して済美の打線の集中打が出ないようにしていきたいところだ。

対して、済美打線は準々決勝でも少ないチャンスをものにして競り勝つことに成功。3番の芦谷に2本のタイムリーが出たのは好材料だ。この一年間打撃で苦しんできたチームだったが、甲子園に来て済美らしい勝負強さが復活してきた。大阪桐蔭の投手陣のストレートに力負けしないことが肝要だが、これまでのようなつなぎの意識をもって攻めれば何かを起こす気配は漂ってきそうだ。

 

大阪桐蔭としては済美の終盤のミラクルを防ぐためにもある程度リードを保って試合を進めたいところだ。済美としては終盤まで2~3点差で食らいついていければ面白いだろう。決勝への切符をつかむのはどちらになるか。


大阪vs愛媛 甲子園対決

春 大阪5勝   愛媛6勝

夏 大阪4勝   愛媛4勝

計 大阪9勝     愛媛10勝

対戦成績は愛媛勢が10勝9敗とリード。しかし、ここのところは大阪勢の方がよく勝っている。平成2年の準決勝では北陽と初出場の新田が対戦。北陽2点リードの8回裏に4番宮下の2ランで新田が追いつくと、延長17回裏には1番池田がサヨナラホームラン。北陽のエース寺前(近鉄)を攻略した。決勝ではおなじ大阪の近大付に敗れたが、名将・一色監督に率いられたチームが快進撃を見せた選抜だった。

夏の大会では1984年夏に松山商とPL学園が対戦。エース左腕・酒井(日本ハム)の好投で松山商が食い下がるも、PLが2-1で逆転勝利を飾った。しかし、3試合で32得点のPL打線を封じた酒井の投球は見事で、この試合以後PL学園の強力打線が影をひそめることとなった。

 

主な卒業生

大阪桐蔭…中村剛也(西武)、岩田稔(阪神)、西岡剛(阪神)、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)
浅村栄斗(西武)、山足達也(オリックス)、藤浪晋太郎(阪神)、澤田圭佑(オリックス)、森友哉(西武)

済美…福井優也(広島)、鵜久森淳志(ヤクルト)、安楽智大(楽天)

 

思い出名勝負(2009年選抜甲子園1回戦)

PL学園

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

西条

 

PL学園   中野

西条    秋山

 

2009年選抜大会1回戦で優勝候補同士がいきなりぶつかる好カードが実現した。

PL学園は前年夏にあと一歩のところで甲子園を逃したが、新チームには当時1年生の主砲・勧野(楽天)や左腕エース中野などが残り、戦力は整っていた。大阪大会を危なげなく勝ち残ると、近畿大会では準決勝で福知山成美の好投手・長岡を攻略して3-2で逆転勝ちを収めて決勝進出。決勝では天理に惜敗したものの、久々に優勝を現実的に狙える戦力で甲子園に乗り込んできた。

一方の西条はエースで4番の秋山(阪神)が大黒柱。秋山をしたって愛媛の有力選手がこぞって入学したこの代の西条は四国で最注目の再注目のチームであった。四国大会は秋山の投打の活躍で優勝すると、神宮大会でも倉敷工・清峰を撃破して2勝をマーク。秋山以外にも司馬・徳永ら好選手を擁し、選抜では初となる優勝を狙えるチームであった。

 

試合はPL学園の左腕・中野と西条の剛腕・秋山の投げ合いが注目される中でPLが先手を取る。注目の4番勧野がセンター前にはじき返して出塁すると、送った後に主将の安田が甘く入ったストレートを狙い打って右中間へのタイムリー3塁打。難敵から欲しかった1点を奪った。

PLの左腕・中野は左スリークオーターから繰り出す切れのあるスライダーを内外角に配して西条の強力打線を翻弄し、3回まで一人のランナーも出さない。4回、5回にはヒットを許すものの、4回は徳永を、5回には司馬をともに併殺に切って取るなどリズムよく攻撃の芽を摘んでいく。

追加点のほしいPL学園だが、その前に秋山が立ちはだかる。毎回のようにヒットを浴びながらもホームを踏むことは許さず、5回には1番吉川(巨人)に3塁打を浴びるものの、最後は4番勧野を内角の直球で見逃がし三振に切って取るなど上級生の貫禄を見せる。

西条の最大のチャンスは7回裏。4番秋山の死球と5番日野のヒットで1,2塁のチャンスを作ったが、6番の司馬は外のスライダーを捕まえきれずに三振。前年秋にことごとく打点を稼いできた仕事人をPLのエースが抑え込む。

秋山は8安打を浴びながらも失点は2回の1点のみ。PL打線に2桁の残塁を築かせてしのぎ切ったが、打線の援護がなかった。結局、中野はわずか101球で西条打線を料理することに成功。5安打のシャットアウト勝ちで強豪同士の息をのむ投手戦をPL学園が制した。

 

PL学園は続く2回戦で中野が南陽工を9回まで無安打に抑える好投。しかし、打線の援護がなく延長で力尽きて1-2と敗退を喫した。4番の勧野も初戦のヒット1本に終わり、選抜は不完全燃焼で終わった。夏の大会に向けて雪辱を期していたが、エース中野が故障で投げることはできず。春夏連続出場を果たして3回戦まで進んだが、夏は打線が活発だっただけに中野がいればと思わされる展開であった。結局、この年がPL学園が甲子園に姿を見せた最後の年となった。

一方、期待された西条高校だったが、PL学園の前に無念の完封負け。やはり主将の井下を故障で欠いたことが痛かったか。しかし、夏の大会では井下が復帰して春夏連続の出場。1回戦で八千代東を下して念願の1勝を手にした。2回戦では九州の怪童・今宮(ソフトバンク)を擁する明豊に敗れたものの、2本のホームランを打たれて0-4と完敗の内容。すっきりとした表情で甲子園を後にした。

 

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.