1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園準決勝 金足農(秋田)vs日大三(西東京)

投稿日:

金足農(秋田)vs日大三(西東京)

予想  49%  51%

〇5-1   鹿児島実  〇16-3   折尾愛真

〇6-3   大垣日大  〇8-4     奈良大付

〇5-4   横浜    〇4-3     龍谷大平安

〇3-2   近江    〇3-2     下関国際


ともに準々決勝は終盤の逆転劇で辛勝。焦点は吉田輝を日大三打線がとらえられるかだが、終盤まで競り合いで推移しそうだ。

金足農の吉田輝は4試合連続の2桁三振を奪っての完投勝利。疲れがないはずはないが、勝負所で繰り出すストレートは140キロ台中盤を記録。大会を通じてギアを上げてからの真っすぐはまだほとんどまともにとらえられた印象はない。中盤まで変化球主体でかわし、最後は真っすぐで押すスタイルで準決勝も抑え込んでいきたい。

一方の日大三打線は下関国際の鶴田に7回途中までノーヒットに抑え込まれた。手元で動くツーシームに悩まされ、今大会初めて打線が湿った印象。しかしながら、終盤の集中力はさすがの一言であり、代打で出てきた選手が同点打を放つあたりに底力を感じさせた。吉田輝に対してはギアを上げる前のカウントを獲りに来るストレートをたたきに行きたいところ。できれば長打一発で仕留めるのが理想的だろう。キーマンは3番日置になりそうだ。

 

一方、日大三はまたしてもリリーフ左腕の河村が好投。独特のテークバックから突き刺さる右打者のインサイドのボールは攻略がなかなかに困難だ。継投によって疲労の蓄積も抑えられており、小倉監督としては理想的な勝ち上がりだろう。金足農で一発を放った3番吉田輝、5番大友、6番高橋は全員右打者であり、終盤のピンチで彼らを河村が抑え込めるかが勝負を分けそうだ。

対する金足農打線は横浜・近江と好左腕を擁する相手を前に逆転勝ちで競り合いをものにしてきた。一発もあり、小技もありと多彩な攻撃パターンを持っており、相手にとっては厄介な打線だ。吉田輝を楽に投げさせるためにもできれば序盤に得点を上げてリードして試合を進めたいところだ。日大三の先発陣の速いストレートに対して振り遅れないようにしたい。

 

今春の選抜大会では由利工の剛腕・佐藤亜を日大三打線が攻略して勝利した。再びの秋田の剛腕vs日大三の強力打線となったが、今回の軍配はどちらにあがるか。


秋田vs東京 甲子園対決

春 秋田1勝     東京3勝

夏 秋田2勝     東京3勝

計 秋田3勝       東京6勝

対戦成績は東京勢が6勝3敗とリード。昨夏の明桜vs二松学舎大付、今春の由利工vs日大三に続き、3季連続の対戦となり、ともに東京勢が勝利している。平成元年の夏は吉岡雄(近鉄)擁する帝京が1年生左腕・中川を擁する秋田経法大付に4-0と完封勝利。そのまま夏の初優勝に勝ち上がった。今夏はどちらに軍配が上がるか…

 

主な卒業生

金足農…石山泰稚(ヤクルト)、小野和幸(西武)、足利豊(ダイエー)

日大三…近藤一樹(ヤクルト)、荒木郁也(阪神)、関谷亮太(ロッテ)、吉田裕太(ロッテ)、山崎福也(オリックス)
高山俊(阪神)、横尾俊建(日本ハム)、坂倉将吾(広島)、櫻井周斗(DeNA)

 

思い出名勝負(2018年選抜甲子園1回戦)

由利工

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 2 0 1 1 1 × 5

日大三

 

由利工     佐藤亜

日大三     中村→井上

 

21世紀枠で出場の由利工の剛腕・佐藤亜が日大三の強力打線に挑んだ。

由利工のエース佐藤亜蓮は最速142キロを記録する速球派。前年秋の公式戦では投球回数に並ぶ三振を奪い、、伸びのあるストレートで打者のバットを押し込んだ。ボールにキレがあり、変化球の制球にも優れており、簡単に攻略できる投手ではなかった。直前の練習試合では夏8強入りする報徳学園を相手に完投勝利をマークするなど好調を維持していた。

対する日大三の打線は例年通り強力。昨年の櫻井(DeNA)、金成のようなプロ注目のスラッガーはいないものの、つながりの良さではむしろ昨年以上である。昨年の選抜を経験した3番日置や4番のスラッガー大塚、俊足の6番中村らしぶとい打者が並んでおり、前年秋の東京大会決勝では9回に一挙7点の集中打を見せた。佐藤亜のストレートを差し込まれずにはじき返せるかがカギと思われた。

 

立ち上がりから押し気味だったのは由利工の方だった。制球のなかなか定まらない日大三の先発・中村に対して初回は四球でチャンスを作ると、2回、3回は中軸のヒットを足掛かりに得点圏まで走者を進める。変化球の制球の定まらない中村に対してストレートに狙いを絞っていき、冬場に磨いてきた打力の向上を見せる。しかし、日大三はショート日置を中心に堅実な守備で後続を打ち取って序盤3回を0点に抑える。

一方、由利工のエース佐藤亜蓮は評判通りのピッチングを披露。140キロ台のストレートを武器に多彩な変化球も交えて日大三打線の真っ向勝負。2回裏には捕手・井島が盗塁を刺すなどいいリズムで守っていき、序盤の流れは確実に由利工であった。

しかし、打力の日大三は一発でその流れを強引に引き寄せる。4回裏に3番日置佐藤亜の高めに浮いたカーブを引っ張ると打球はレフトスタンドへ飛び込む先制ソロホームラン。昨年からの唯一の経験者が失投を逃さなかった。さらにこの回5番中村、6番飯村が佐藤亜の変化球に狙いを絞って連打。ここで7番柳澤がしっかりセンターへ打ち上げて2点目を挙げた。

3回まで再三チャンスを作っていた由利工だったが、5回以降日大三の2番手・井上のストレート中心の投球になかなかランナーを出せなくなる。井上中村と比較して変化球もしっかり制球されており、打たせて取る投球で由利工打線をわずか1安打に抑え込む。

一方、小差で食らいつきたい由利工に対して日大三は徐々に差を広げ始める。6回裏には主砲・大塚がセンター前ヒットに好走塁を絡めて2塁打。内角の真っすぐに力負けしないあたりはさすが日大三の4番だった。ランナーが3塁に進むと、6番飯村が今度はレフトに流し打ってタイムリー。ここも変化球をとらえてのバッティングで各打者がここに狙い球を絞っている印象だった。

その後、7回裏には日置の2打点目となるタイムリー、8回裏にはラストバッターの斎藤龍のタイムリーで加点。井上が9回も確実に締めて5-0で日大三が勝利をものにした。

 

日大三は序盤押され気味の展開ながらも、落ち着いた守りを見せていたのはさすが強豪校といった印象。ショート日置を中心に安定した守備とセンター中心に返す打撃で主導権を握った。なかでも大きかったのは主将・日置の一発。番狂わせもあるかという雰囲気のなかで甘いボールをしっかり得点に結びつけた。ここ3度の出場はいずれも初戦敗退だったが、長いトンネルを抜ける1勝を手にした。

由利工は3回までは主導権を握れそうな展開だったが、あと一本が出なかった。エース佐藤亜のピッチングも確実に日大三に通じていたが、最後はやはり力負けという印象だった。それでもスコア以上に善戦していた試合であったし、直前の練習試合で報徳学園に勝利するなど強豪校に通用する手ごたえは十分つかんだ試合内容だった。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.