2018年 全国高等学校野球選手権大会 各大会優勝予想

【予想編】2018年夏の甲子園

更新日:

いよいよ迎えた夏の第100回記念大会。全国のチームがこの夏の舞台を目指し、ミレニアム世代と呼ばれた3年生たちはしのぎを削ってきた。有終の美を飾るのは果たしてどのチームになるのか。

出場校を見るとおおむね予想されていた強豪校が顔をそろえた印象があるが、予選が始まった時期は多くの有力校が大会序盤で敗退する波乱があった。選抜出場の延岡学園・国学院栃木・松山聖陵・東筑・日本航空石川・三重などが早期敗退。特に選抜で上位に勝ち進んだ日本航空石川三重の敗退は衝撃を与えた。改めて一年間通して勝つ難しさを感じさせられた。

また、出場すれば優勝候補に挙げられたであろう強豪の敗退も印象的だ。関東地区では東海大相模・常総学院・健大高崎が敗退。県内の強力ライバル校の前に涙を飲んだ。特に健大高崎は決勝で3年連続で前橋育英に敗退。今年はスラッガー山下を中心に強力打線を擁していただけに、夏の甲子園を遠く感じる結果となった。また、明徳義塾・東邦も決勝で敗退。神宮王者の明徳は絶対的エース市川が序盤から打ち込まれて涙を飲んだ。

そんな中で今年の初出場校は6校が出場。三重からはノーマークの白山高校が出場。南北に分かれた福岡は折尾愛真沖学園というフレッシュな顔ぶれとなった。中央学院・明石商は初出場ながら優勝候補にあがる実力を持つ。奈良大付は決勝で天理を相手に劇的なサヨナラ勝ちで出場を決めた。

大会出場校を見渡すと、10年前にも出場を果たしているチームが多いことにも気づく。仙台育英・聖光学院・浦和学院・木更津総合・横浜・慶応義塾・常葉菊川・高岡商・近江・智辯和歌山・大阪桐蔭・近大付・報徳学園・広陵・済美・佐賀商・鹿児島実と17校を数えた。記念大会を活かして出場を果たしたチームも多く、より楽しみな大会となりそうだ。

そんな大会のなかで予想される特徴は2つある。一つは今年の選抜から採用されたタイブレーク制。結局選抜では延長13回に突入する試合はなかったが、この夏は最後の試合がタイブレークで決まる可能性もある。どんな結末になろうとも悔いのない結果で終わることを願う。もう一つは記念大会で出場校が増えるため、2回戦からの登場校の数が減ること。これによって優勝のために6試合を擁するチームの数は例年より多くなる。夏の暑さに負けずに勝ち抜けるか。

とにもかくにも記念すべき100回大会がもうすぐ幕を開ける。その優勝争いを占っていこう。

 


2018年夏の甲子園本命

この夏も優勝争いの中心はやはり大阪桐蔭になりそうだ。ミレニアム世代のタレント軍団もいよいよ最後の夏を迎える。投手陣は根尾・柿木・横川の強力3本柱が健在。根尾は勝負所の試合で先発を任され、金光大阪・履正社といった強豪を相手に試合を作った。柿木は変化球の制球に長け、横川は長身から繰り出す角度ある速球に威力がある。打線は高打率の実力者がずらりと並ぶ。中軸の中川・藤原・根尾は状況に応じた打撃が光り、準決勝の履正社戦では土壇場で落ち着いて四球を選んで相手を追い詰めるしたたかさも見せた。宮崎・青地・井阪・石川とわきを固める打者も足と勝負強さがあり、打線に切れ目がない。昨春からのレギュラーの山田健太を7番におけるところが恐ろしい。

ただ、これだけの面々をもってしてもやはり夏の一発勝負の怖さはぬぐえないものだろう。何より昨夏の仙台育英戦を経験しているナイン自身がそのことをよくわかっていそう。

懸念されるのは根尾への依存度と打線の湿った場面の2点。大阪大会でも履正社戦のように終盤にスタミナ切れから失点を喫する場面が見られた。継投のタイミングが重要になりそうだ。また、金光大阪戦で左投手に苦しんだように、伝統的に左を苦手にしている傾向がある。昨年も甲子園入りしてから打線の調子が落ち、仙台育英の好左腕・長谷川を打ち込めずに敗れた。好左腕を擁する相手に根尾・藤原らの左打者がどう対するかも注目だ。

全出場校からマークされる中でいかにそこをかいくぐって自分たちの戦いができるか。それができれば、史上初となる2度目の春夏連覇が近づいてきそうだ。

 


対抗馬第一集団

大阪桐蔭を止めるチームは現れるか。対抗馬第一集団は智辯和歌山創成館横浜星稜聖光学院の5チームになりそうだ。

打倒・大阪桐蔭の筆頭候補は選抜決勝を戦った智辯和歌山になるだろう。この一年間で5度の敗戦を喫した同地区のライバルに対して、高嶋監督をはじめナインの闘志は並々ならぬものがある。もともと打力に関しては大阪桐蔭に全く劣らない破壊力を持っており、林・文元・冨田・黒川と並ぶ中軸はみな一発放り込む力を持つ。選抜で打率2割に終わった林の活躍がカギを握っているのは間違いない。また、神先・西川・根来など走れる選手もそろえており、智辯和歌山らしい積極的な攻撃が見られそうだ。

対して、投手力に少し不安があるのは事実。選抜ではどうしてもエース平田への依存度が増し、決勝ではスタミナ切れになってしまった。その平田は和歌山大会決勝では6失点したものの、初戦で無安打ピッチングを見せるなど調子は悪くない。カーブの制球に優れており、コーナーワークに優れたピッチングを見せる。ストレートに威力のある池田陽、技巧派右腕・小堀がどれだけエースの負担を軽減できるかが重要になる。

そして、春以降に頼もしい一年生が加入。準決勝で代打ホームランを放った細川や角度を活かした投球の光る左腕の池田泰など新戦力がチームに活気をもたらしている。一時は不調に苦しんだ強豪も古宮部長や中谷コーチなど高嶋監督の教え子が加入し、再び強さを増してきた感がある。智辯和歌山完全復活を告げるためには打倒大阪桐蔭と全国制覇を成し遂げるしかない。

九州に目を移すと、長崎・創成館が充実した戦力を有する。なんといっても公式戦で大阪桐蔭に唯一黒星をつけていることが大きい。対戦しても気後れをすることはないだろう。充実した投手力は全国でも屈指の存在。エース左腕・河原は主戦格としてこの夏一本立ち。長身からの速球とスライダーを武器にチームの柱に成長した。戸田・酒井の技巧派右腕に大阪桐蔭戦に先発した七俵、速球派サイドの伊藤大和と他校がうらやむ投手陣を持っており、連戦の続く夏では有利に働くのは間違いない。

対して、課題と言われてきた打線は県大会でもいまいち大爆発とはいかなかった。しかし、選抜をけがで休んだ4番杉原が復活し、得点力は決して低くない。1番峯は初回から相手に圧力をかけていき、鳥飼との1,2番コンビでチャンスメークする。全体的にしぶとい打者が並んでいる印象で、1試合を通して3~4点は確実に刻んできそうな打線だ。

2013年の選抜初出場以降、着実に実績を積み上げてきた創成館。九州近辺では稙田監督の野球は高く評価されており、今大会はある意味集大成とも言えそうな力のあるチームだ。長崎勢初の夏優勝を勝ち取るチャンスは十分にありそうだ。

この年代で大阪桐蔭と並んでタレントが豊富なのが横浜高校。一年間なかなかチームとして結果が伴わなかったが、最後の夏にようやく選手の状態が整って神奈川大会3連覇を達成。本領を発揮しさえすればかなり手ごわいチームだ。

投手陣は昨夏からエース格の左腕・板川と速球派左腕・及川の2人が軸。2人ともボールに力はありながらも昨秋・今春とコールド負けを喫し、打たれだすと止まらない悪癖があった。しかし、この夏は制球力を増した印象があり、四死球は2人で合わせて7つ。大会を通じて6人の投手が登板しており、相手チームも誰を起用してくるか読みづらいチームだ。

打線は何と言っても4番万波の復活が大きい。夏の大会でのメンバー入りまで危ぶまれた状態だったが、県予選直前で滑り込むと、迷いのないスイングから長打を連発。結局、打率5割でヒットの大半が長打という活躍ぶりだった。万波以外にも長南・斎藤ら経験豊富な面々が並んでおり、選手のポテンシャルは大阪桐蔭にも劣らないものがある。20年前は春夏連覇、10年前も4強入りと記念大会にはめっぽう強い横浜高校が復活を果たせるか注目だ。

北信越で最も勢いに乗っているのが石川の雄・星稜だ。今夏の石川大会は何と全試合完封の上に決勝は南保・竹谷の7ホームランなど22点を奪って圧勝。かつてないほどの強さを見せての優勝だった。もともと打力には定評があったが、春以降も竹谷・南保・鯰田など左の強打者たちが好調をキープ。そして、選抜8強のチームに1年生内山が3番ショートとして割って入り、予選では打率4割4分4厘を記録する活躍を見せた。チームに新たな刺激が加わり、右肩上がりの上昇カーブを描いた。

投手陣の中心は2年生エースの奥川。力の抜けたフォームから繰り出す速球は伸びがあり、今春の県大会でも同じく選抜8強だった日本航空石川打線を完封。県内ではもはや敵なしの状態で夏も相手打線を抑え込んだ。選抜で不調だったエース竹谷も復調気配であり、この夏は右の2枚看板で勝負できそうだ。

日本航空石川が初戦で敗退した中で、名門の貫禄を示しての優勝。秋以降素晴らしい成長を見せたチームが石川県勢初の全国制覇に挑む。

東北勢初の全国制覇を狙うのが福島・聖光学院。福島大会では前人未到の12連覇を達成し、改めて王者の強さを示した。ここ10年で最強と謳われた打線は矢吹・五味・須田の中軸を中心にパンチ力があり、長打も打てる選手が揃う。田野・横堀ら機動力の使える選手もおり、バリエーション豊かな攻撃をすることができる。聖光学院らしい泥臭い攻撃で得点を重ねていきたい。

一方、投手陣は昨秋好投したエース衛藤が復活。力のある速球とスライダーを武器に21回を投げて2失点と県内の相手打線を圧倒した。選抜ではけがのために本領を発揮できなかったが、この夏はエースとして君臨できそうだ。高坂・上石ら技巧派投手たちもエースをバックアップする。

この10年間で8強4回と安定して結果を残してきた聖光学院だが、斎内(阪神)を擁した2011年夏のように前評判が高い年は勝ち切れていない印象もある。過去最強ともいえる戦力の揃ったこの夏こそ、東北勢初の全国制覇を成し遂げたい。


今年も強いぞ関東勢

ここ3年間夏の覇権を手にしている関東勢は今年も強豪ぞろい。上記の横浜高校以外にも木更津総合・中央学院・前橋育英・慶応義塾・浦和学院・花咲徳栄・日大三と精鋭ぞろい。大阪桐蔭を倒す力は十分に秘めている。

木更津総合は3年連続で千葉代表の座を獲得。早川、山下と好左腕を擁した過去2年と比べて今年は打力が持ち味。春季関東大会で横浜をコールドで退けたように一度火が付くと止まらない。1番東、中軸の山中・野尻と実力者が並び、特に野尻は準決勝でサイクルヒットを記録するなど5割に迫る打率を記録した。下半身の強化が打撃に好影響をもたらしたようだ。下位打線は走れる選手も多く、つながりのある打線になっている。

投手陣は例年と違って継投策が持ち味。野手兼任の野尻が投手として才能を開花。力のある速球で投球回と同じくらいの三振を奪った。根本・白井など計算の立つ投手が多く、相手打線の目先をかわすことができる。激戦の千葉を3連覇し、木更津総合時代になってきている昨今の千葉県。この流れに乗って千葉勢として久々の全国制覇を果たしたいところだ。

一方、初出場ながら高い実力を持つのが昨秋の関東王者・中央学院。エースの大谷が頭部に死球を食らうアクシデントを乗り越えて、見事春夏連続出場を果たした。投手陣はもう一人の右腕・西村が好投。もともと昨秋の関東大会で東海大相模打線を封じ込んだ実力者であり、多彩な変化球で的を絞らせずに相手打線を抑え込んだ。エース大谷も投げられるようになってきており、結果的に投手力の高さを示す結果となった。

打線は上位から下位まで切れ目がなく、準決勝では習志野高校相手に終盤に4点差を跳ね返す粘りを見せた。4番の大谷は長打力があり、宇田・青木ら好打者が大谷の前にチャンスを作って大谷が返すのが得点パターンだ。選抜では明徳義塾を相手に悔しい逆転サヨナラ負けを喫しただけにまずは甲子園初勝利を目指すが、さらにその上に進む可能性は十分ある。

前橋育英はライバル健大高崎を下して3年連続の出場権を獲得。1年間なかなか結果が伴わなかったが、大事な一戦で強敵をうっちゃった。今年も持ち味は投手を中心とした守りの野球。エース恩田は昨夏の投手陣のような速球のスピードこそないものの、丁寧なピッチングで粘り強く投げぬく。決勝では強打の健大高崎打線を6安打に抑えこんだ。

打線の実力も決して低くはなく、チーム打率は3割9分台を記録した。昨夏の甲子園で2ホームランを放った小池は4番捕手として攻守の要になる。今夏も3ホームランを放っており、長打で流れを呼び込む。決勝では8回に健大高崎相手に3点差を追いつく粘り強さも見せ、ライバルを倒した。2013年に初出場初優勝を果たしたチームとどこか似た雰囲気も醸し出す今年のチーム。あの夏の再現に期待大だ。

慶応義塾東海大相模・桐光学園と県内の強力ライバルを下して春夏連続出場。10年前のベスト8の再現を狙えるチームだ。エース左腕の生井は被安打は多くても打たせて取る投球で失点を最小限に抑えることができる。ストレート・変化球ともに力があり。準決勝では東海大相模の強力打線を封じ込めた。選抜の彦根東戦で逆転3ランを浴びた悔しさを夏に晴らしに行く。2番手左腕の渡部は決勝の桐光学園戦で見事な火消し役を見せた。

打線は1番宮尾・3番下山を中心に勝負強い打者が並び、上位から下位までまったく切れ目がない。全試合で2桁安打を記録し、チーム打率は3割7分9厘を記録した。状況に応じての個々の対応力も光り、得点力は非常に高い。10年前も選抜で打線が完封負けを喫してから夏に復活の強打を見せただけに、今年も夏の甲子園で打棒爆発と行きたい。伝統校がエンジョイベースボールで快進撃を見せられるか。

昨夏甲子園初制覇を果たした埼玉勢。今年は南北に分かれ、浦和学院・花咲徳栄の強豪私学2校が順当にコマを進めた。

浦和学院は5年ぶりの甲子園出場。ライバルの花咲徳栄に夏の全国制覇を先に達成され、悔しさを隠しきれなかったという。記念大会でライバルと地区が分かれた中で圧倒的な強さで南埼玉大会を制した。強さの源は充実した投手陣。右のエース渡辺は最速149キロの速球を武器に三振の取れる本格派だ。左のエース格の佐野は県大会では投げなかったが、昨夏からエースとして投げている実力者。温存したことが甲子園本番にどう影響を与えるか。

打線の中心は1年生時から主軸を務める4番の蛭間。決勝で3ランを放つなど、大事な場面でチームを勝利に導く一打を放ってきた。1番中前、2番矢野はともに高い出塁率でチャンスメークを果たす。選抜前の練習試合で大阪桐蔭と互角に打ち合うなど、その実力は全国トップレベルだ。久々の甲子園だが、目指すは埼玉勢の2年連続の夏制覇だ。

昨夏優勝の花咲徳栄は夏連覇を狙っての戦いとなる。今年も攻撃力は高く、特にエースで4番の野村は昨夏の甲子園で2本のホームランを放った長打力が光る。高校通算のホームラン数は56本にまで到達している。杉本・羽佐田・新井ら上位から下位まで高打率の打者が並んでおり、ハンマートレーニングによるリストの強さが打球の強さにつながっている。

対照的に投手陣は一年間を通して起用に苦しんできたが、夏は野村がエースとして一本立ち。長身から繰り出すストレートとスライダーを武器に31回を投げて4失点に抑え込んだ。中田、斎藤、松井ら控え投手陣の枚数は豊富でエース野村を援護する。今年で4年連続の出場となり、経験値はどんどん高まっている花咲徳栄。勝ち方を習得しつつある強豪が今年も甲子園で勝利をかっさらいに行く。

東京都を秋春夏と完全制覇した日大三も地力は高い。全盛期と比較して打線の力強さは少し劣るものの、リードされていてもひっくり返す底力は持っている。主将・日置に大塚・中村で形成する中軸は勝負強さがあり、決勝では4番大塚が見事なサヨナラ2ランを放って甲子園行きを決めた。甲子園本番での打線爆発は十分あるとみる。

一方、投手陣は昨秋からエース格として働いていた井上・中村がともに故障で苦しむ誤算があった。しかし、左腕・河村と速球派右腕・広沢の2人が踏ん張り、何とか試合を作ってきた。選抜の三重戦で登板経験させたことが活きた格好となった。失点の多い戦いぶりに少し不安はあるが、投打に地力の高さは秘めており、甲子園では優勝候補に名を連ねられる存在だ。


 

その他の地区の優勝候補、ここまでが第一集団か

その他の地区でも優勝争いに絡んできそうなチームは多数存在。この辺りまでが第一集団と言えそうだ。

花巻東はライバル盛岡大付を9回逆転勝利でうっちゃって3年ぶりの夏の甲子園出場。選抜では9回無安打ながら延長で彦根東にサヨナラ勝ちを収めるなど試合終盤での勝負強さが光るチームだ。投手陣は選抜で一皮むける活躍を見せた右腕・伊藤が成長。低めに丁寧に変化球を集める投球で我慢強く投げぬいた。秋までの2枚看板だった田中大・西舘らも控えており、投手層は厚い。

打線では左腕の田中大が打撃で活躍。打率5割4分5厘を記録する活躍で走者をかえした。4番を打つ紺野には一発もある。1番谷は右方向への打撃が得意で出塁率が高い。今年は菊池雄星や大谷翔平のようなスター選手はいないものの、チーム全員でまとまった強さは過去のチームと比べても引けを取らない。どこか2013年夏に4強入りしたチームに似た雰囲気を醸し出しており、夏の大会初の決勝進出を目指す力は十分にある。

東海地区で侮れない存在なのが2年連続出場となる大垣日大だ。名将・阪口監督をして一番練習したというチームは準々決勝でこの一年勝てなかった中京学院大中京を撃破。最後の夏に岐阜の頂点に勝ち上がった。昨夏の甲子園のマウンドを経験したエース修行は長身から繰り出すストレートと縦に落ちる変化球が武器。昨夏は天理・神野に2発を浴びる悔しい結果となっただけに今年にかける思いは強い。

打線は大垣日大らしく細かい攻めのできる布陣だ。犠打・盗塁などを積極的に絡めて得点を奪いにいく。3番内藤は4割を超す打率で走者をかえす役割を果たした。投手としても2番手で登板し、エースで4番の修行とともにチームの要になる存在だ。阪口監督就任後初の甲子園で準優勝してから11年。ここ数年はなかなか勝ち上がれない戦いが続いているが、そろそろ上位まで来てもおかしくない頃だ。

高校野球100周年の年に甲子園通算100勝達成がかかるのが京都・龍谷大平安。昨夏からのメンバーが多く残るチームは秋春となかなか結果が出なかったが、つなぎの意識を持ち出して夏には変貌を遂げた。打率4割、5割台の打者がずらりと並ぶが、自分本位の打撃をする選手は皆無。準々決勝では選抜で好投した乙訓の右腕・川畑を5回コールドで攻略した。4番の松田は打率5割7分1厘で出塁率は7割台と絶好調。つなぐ4番ながら一発の力も持つ。

一方、投手陣は昨夏の京都大会決勝で京都成章の集中打に飲み込まれたエース小寺が成長。決め球のスライダーを磨いてこの夏は21イニングを投げて無失点。決勝では見事完封勝利を飾った。左腕の北村智も三振の取れる好投手だ。まずは記念大会での100勝達成が目標だが、京都大会の圧倒的な勝ちっぷりを見るに優勝争いに絡む可能性は高そうだ。

今春の選抜に代表校を出せなかった兵庫県だが、明石商・報徳学園の2校はともに力のある好チームだ。

明石商は4年連続の決勝進出でついに初優勝を達成。この一年間兵庫県内で負けなしで勝ち抜いた地力は高く評価されている。エース左腕の加田は昨夏からエース格の好投手。球速は速くないものの、低めに変化球を集めて打たせて取る投球が巧み。加田の投球に慣れてきたところで右速球派の福谷につなぐのが必勝パターンだ。そのほかにも1年生の中森や宮口など好投手が揃い、投手層の厚さは出場校随一だ。

チーム打率3割5分台を記録した打線は犠打を駆使して着実に1点を刻む野球が持ち味。明徳義塾でコーチとして勝てる野球を学んだ狭間監督らしい堅実な野球を展開する。決勝では姫路工の好左腕・水谷を相手に中盤に4連打を浴びせて攻略。3番田淵、4番右田は勝負強さが光る。ここ数年何度も上位に進みながらいけなかった甲子園への壁をついに突き破った明石商業。この勢いに乗って上位進出を目指す。

昨春の選抜で4強入りを果たした報徳学園は大角新監督に変わって初の甲子園。もともと昨年から個々のポテンシャルを高く評価されていた3年生が最後の夏にチャンスをつかんだ。1番の小園は入学時からレギュラーとして活躍してきた逸材。昨年は2年生ながら全日本代表にも選ばれた。最終学年となり、パワーを増した打撃では長打が増え、守ってはショートとして広い守備範囲で投手を盛り立てる。小園の走攻守の活躍が楽しみだ。

チーム打率は2割7分2厘と高くないが、これは滝川二・神戸国際大付・市立尼崎と強敵との対戦が相次いだことが原因だろう。そんな中でチームを支えたのが充実した投手陣。長身左腕の渡辺友は制球力に長け、立ち上がりさえしのぎ切れば試合を作ることができる。木村・林といった控え投手も充実しており、1試合平均の失点は1点に抑えた。甲子園では打線の援護が不可欠だが、激戦をくぐり抜けてきた実力は高いものがある。

昨夏準優勝の広陵は決勝で近年覇権を争ってきた広島新庄をサヨナラ勝ちで撃破。今年もつながりのある広陵らしい打線は健在。昨夏の甲子園で躍動した吉岡・高田桐が相手守備陣をかき回し、主砲の河端は3ホームランを放ってチームの期待に応えた。下位まで高打率の打者が並んでおり、攻撃力は昨年に遜色ない。

投手陣は甲子園のマウンドを経験している森悠が安定感を増したことが大きい。スライダー・チェンジアップなど多彩な変化球を持ち、最速149キロのストレートを際立たせる。河野・石原ら持ち味の違う投手もおり、今年も連戦に対応可能だ。広島商・広島新庄と新旧のライバルを退けての県内最多出場。災害で苦しんだ地元に元気を届けるためにも夏の優勝を成し遂げたい。

3季連続の甲子園出場となる下関国際は3度目の正直で甲子園初勝利を狙うが、一気に突き抜ける力を持っている。攻守の大黒柱はエースで4番の鶴田。投げては最速140キロ台後半の速球と高速スライダーを武器に相手を圧倒。打っては決勝の初回に先制3ランを放つなど大車輪の活躍を見せた。選抜では創成館に立ち上がりをとらえられて失点しただけに、まずは試合の入りに気を付けたいところ。

昨夏からのスタメンが7人残る打線は機動力豊かで作戦の幅が広い。浜松・甲山・川上の上位陣は出塁率が高く、鶴田の前に走者をためて回す。浜松と甲山で形成する二遊間は守備力も高く、この2人が下関国際のチーム力を高めている。走攻守に充実して迎える3度目の甲子園で勝って勝って勝ちまくるつもりだ。

興南は2年連続の夏の甲子園出場。宮城・藤木の左右の両輪がチームの強さを支えている。昨夏に1年生左腕として甲子園のマウンドを踏んだ宮城はさらにスケールアップ。140キロ台の速球とスライダーはさらに威力を増し、決勝ではわずか2安打で完封を成し遂げた。昨夏の甲子園で智辯和歌山相手に6点リードを守れなかった悔しさを晴らしに行く。右腕の藤木はコントロールが良く、安定感がある・

打線は大会が進むにつれて調子を上げていき、昨夏よりも打力は高そうだ。1番根路銘、4番塚本はともに高打率をマークしており、上位打線が得点源。投手力が高いだけに確実な攻撃で得点を刻んでいきたい。スタメンの大半が下級生で勢いのあるチーム。勝つたびに力をつけており、どこが相手でも互角に渡り合う力をもっていそうだ。

虎視眈々と上位窺う常連・強豪校

強力打線の八戸学院光星は2年ぶりに甲子園にカムバック。チーム打率4割を超す打線は準決勝までの4試合をすべてコールドで突破する原動力となった。特に準決勝の青森山田戦は3ラン4本と効果的な長打が飛び出しての圧勝劇。近距離バッティングで鍛え上げた成果を存分に見せつけた。2番武岡・3番長南らが好調をキープしている。

投手陣は昨夏からエースの福山が大会終盤で奮闘。失点は多くなったが、力のある速球とスライダーを武器に踏ん張った。2番手の中村も安定感があり、守備陣は失策数1と堅い。2年前のあの東邦戦の大逆転負けをスタンドで観戦した今の3年生たちが果たしてどのような戦いを見せるのか、今年も光星の試合から目が離せない。

仙台育英は昨年の不祥事により佐々木監督が監督から退く緊急事態となった。苦しいチーム状況でライバル東北も躍進するなか、この夏は一丸となって県予選を勝ち上がり、見事2年連続の夏切符をつかんだ。投手陣はスライダーの切れが光るエース田中と2年生右腕・大栄の2人が軸。田中は大会終盤に向けて調子が上がっていき、甲子園本番が楽しみだ。

打線は昨年と比べて打力では劣るものの、機動力を活かした攻めが光る。犠打や犠飛を活かして確実に走者を進めていき、得点力は決して低くない。4番の小濃は勝負強さが光り、彼の前にチャンスを作りたい。昨夏の大阪桐蔭戦のように終盤に何かを起こす仙台育英の戦いは感動を呼ぶものがある。今年もグレーのユニフォームが甲子園で躍動するか!?

8年連続で栃木の夏を制した作新学院ももちろん外せない存在だ。昨秋の関東大会では東海大相模に1-12と大敗を喫して選抜出場を逃したが、その悔しさをばねに投打に成長を遂げて夏の栃木大会を制覇。終わってみればやはり作新は強かったという印象が残った。4番磯、5番沖を中心にチーム打率は3割4分4厘を記録。小針監督の積極的な采配も見ものだ。

投手陣は技巧派右腕の2年生・林と3年生エースの高山が2枚看板。ともに制球力に長けており、試合を壊さない投手だ。1年生時にスタンドで優勝を観戦した3年生が最後の夏に再び全国の頂点に駆け上がるか。夏に成長曲線を描く作新学院がこの夏も甲子園で暴れまわる。

2年連続出場を勝ち取った二松学舎大付はここ5年で3度目の夏の甲子園出場。かつて帝京に何度も甲子園への道を阻まれてきたが、いよいよ勝ち方を習得した印象だ。打線はチーム打率4割以上をマーク。昨夏からのメンバーの3番平間や打率7割7分8厘と驚異的な打率をマークした6番野村など今年も打線は活発だ。フルスイングの二松学舎大付らしい攻撃を見せてくれそうだ。

一方、投手陣はエース市川のいた昨年と比べて不安が残る。被安打も多く、先発が試合を作れない場面が多かった。大庭・岸川・海老原と枚数は豊富なだけに先手先手を取った継投をしていきたい。過去2度の出場はともに3回戦で敗退。今年こそベスト8まで勝ち進みたいところだ。

愛工大名電は持ち前の強力打線が爆発。決勝では断トツの優勝候補だった東邦の追撃を振り切って5年ぶりの代表の座をつかんだ。2004年、2005年と犠打を活かした攻撃で選抜準優勝・優勝を飾った強豪だが、夏は過去11度の出場で初戦突破は2回のみ。どうしても夏の初戦の壁が破れない中、倉野監督は持ち味の犠打を捨てる決断を果たした。振り込みで作り上げた打線は柳本・西脇・堀内の左打者を中心に威力抜群。攻撃野球で新しい名電野球を見せるつもりだ。

投手陣はエース秋山が投球回数に並ぶ三振をマーク。決勝では強打者の居並ぶ東邦打線に真っ向勝負を挑み、見事に封じ込めた。変化球の光る技巧派左腕・室田も味のある投球を見せる。昭和最後の年に挙げた勝利が夏の甲子園最後の勝利となっているだけに、平成最後の年に1勝を刻みたいところだ。

攻撃野球といえば常葉大菊川も忘れてはいけないチームだ。断トツの優勝候補の静岡が敗れ、本命不在となった静岡大会を強打で制した。2004年の選抜にエースとして出場した高橋監督が就任し、ノーサインでバンバン走らせる野球を展開。1番奈良間は打率8割1分8厘と驚異的な打率を残しており、核弾頭としての役割が期待される。

投手陣はエースの漢人が粘り強い投球で決勝は5失点完投。130キロ台の速球とスライダーを武器に打たせて取る投球が持ち味。内外野の守備陣も堅実な守りで盛り立て、6試合でわずか2失策におさえた。超攻撃野球で全国を席巻したあの2年間から10年。再び菊川復活ののろしを上げられるか。

春夏連続出場の近江も楽しみな存在だ。金城・林のW左腕擁する投手陣にこの夏は右腕の佐合も加わり、より盤石となった。それぞれ持ち味の異なるピッチングで相手の攻撃を1試合通してリズムに乗せない。3人合わせて与四死球はわずか3と制球力も抜群だ。林と有馬の同級生の2年生バッテリーは息もぴったりで、試合を組み立てる。

打線は大物うちこそ4番の北村くらいだが、つながりの良さが光る。選抜で松山聖陵の長身右腕・土居を攻略したように相手投手をチーム全員で狙い球を絞って攻略してくる。2番の土田は1年生ながら打率5割5分6厘をマーク。期待の一年生だ。チーム力は充実の一途をたどっており、2001年夏の準優勝以来となる上位進出へ向け視界良好だ。

創志学園は高田(巨人)を擁した2年前以来の甲子園出場。エースの西・4番の金山と投打の軸を擁して岡山大会を力強く勝ち抜いた。2年生右腕の西は登のある速球と切れのあるスライダーを武器に4試合で失点はわずか4.準決勝では倉敷商の速球派右腕・引地に投げ勝って完封勝利を挙げた。プロ入りした先輩の高田に続いて期待の好投手が甲子園で躍動できるか。

打線の軸の金山は打率6割3分2厘を記録する暴れっぷり。ホームラン5本で打点は12と、長打力と勝負強さを併せ持った頼れる主砲だ。5番の主将・金谷も打率7割を記録しており、この2人がチームの得点源だ。選抜では2年前に初勝利を挙げたが、夏の初勝利はお預けとなっている。この夏に是非とも達成し、勢いに乗って上位まで勝ち進みたいところだ。

こちらも2年連続の出場となる済美は今年はバッティングに苦しんできた。その中でチームを支えたのがエースの山口直。愛媛大会を一人で投げぬいたタフネス右腕は140キロ台の力のある速球とスタミナが持ち味。43回を投げて38三振と大事な場面で三振の取れる球威がある。済美らしく一人エースで戦い抜くつもりだ。

打線も県大会が進むにつれて調子を上げた。4番で主将の池内は決勝で3ランホームランを放つなど柔軟な打撃でチャンスを活かした。6番を打つエースの山口直や2番の中井も打率5割をマークしており、この3人でチームの得点の半分をたたき出した。昨年は甲子園の強打の済美復活を告げる戦いを見せただけに、今年もその流れに乗りたいところだ。

高知商は決勝で王者・明徳義塾を倒しての甲子園出場。好投手・市川から14安打10得点を挙げた攻撃力は全国に衝撃を与えた。全体的に振りの鋭さが目立ち、上位から下位まで切れ目のない打線で準決勝の高知戦と合わせて選抜出場の2校を沈めた。7番藤田、9番浜田が5割以上をマークするなど相手投手は気の休まるところがない。

エースの北代はいかにも馬力のありそうな体から繰り出すストレートと緩いカーブで相手打者のタイミングを外す投球が持ち味だ。明徳義塾のしつこい打者を相手に2失点で投げぬいた自信を胸に甲子園へ向かう。2006年以来となる夢舞台で黒潮打線と絶対的エースを擁した高知商らしいチームで大暴れするつもりだ。

鹿児島実は創部100年の年に見事甲子園に帰ってきた。優勝候補の神村学園樟南が姿を消していく中で、最後は県を引っ張ってきた王者が意地を見せた。エースの吉村は三振を取る投球も打たせて取る投球もできる好投手。コントロールが良く、低めに丁寧に集める投球で鹿児島大会での失点を3に抑えた。2番手の立本も安定感がある。

打線は大会序盤は苦しんだものの、犠打を使っての堅実な攻めで得点を重ねた。3番中島・4番西・5番岩下の中軸はチャンスに強く、上位打線は強力だ。秋春と結果が出なかったが、夏に向けて成長カーブを描いており、勝ち方を知っている鹿児島の強豪が今年も甲子園でやってくれそうだ。

ダークホース

北照は監督交代後初めての甲子園出場。決勝では選抜出場の駒大苫小牧に15-2と周囲も驚く圧勝劇をみせた。決勝でサイクルヒットを記録した4番岡崎は大会を通じて5ホームランをマーク。チームの得点の3分の1以上を挙げる活躍を見せた。脇を固める3番掛谷、5番中山も好調で中軸の活躍が勝利のカギを握る。エースの原田は左サイドからの角度あるボールが持ち味。51イニングで50三振と勝負所で三振を奪った。5年ぶりの出場ながら攻守に力を秘めており、新しい北照高校の歴史をこの夏から刻んでいく。

羽黒は準決勝・決勝と2戦連続のサヨナラホームラン。劇的な優勝で15年ぶりの甲子園切符をつかんだ。投手陣は佐藤・篠田・金子と3人の投手がほぼ均等にイニング数を稼いだ。速球派の佐藤と篠田はともに制球力に優れ、技巧派のサイドハンド・金子は相手をかわす投球でピンチを断つ。この3人で甲子園でも失点を防いでいく。打線はサヨナラ弾を放った秋保・竹内や3ホームランの5番の藤沼に代表されるように長打力が持ち味。冬場の振り込みでしっかりバットを振る力が身についた。選抜では2005年の4強入りがあるものの、夏はまだ未勝利。走攻守にバランスと取れた戦力でまずは夏の甲子園初勝利を成し遂げに行く。

山梨学院大付は3年連続で夏の山梨県代表の座を獲得。エース左腕の垣越は最速140キロの速球を武器に15イニングで26三振を奪った本格派左腕。右の鈴木、左の星野と控え投手も充実しており、昨年・一昨年に劣らない投手層の厚さを誇る。打線は清峰高校を甲子園の強豪へ押し上げた吉田監督の指導のもと丸太トレーニングを導入。徹底した下半身強化で磨かれた打撃で4番の中尾は打率6割以上を記録。ヒットの半数以上が長打と怖い打者だ。昨年は前評判が高い中で初戦敗退。今年はまず初戦突破を目指すが、大物食いをする力も持っている。

土浦日大明秀日立・常総学院と強豪を連覇して茨城大会2連覇を達成。昨年大敗を喫した甲子園にリベンジに行く。エースの富田は昨年より球威を増し、準々決勝では選抜を沸かせた明秀日立の強力打線を3得点に封じ込めた。昨年は松商学園の足に惑わされただけに二の舞は避けたいところ。打線は昨年同様に強力で積極的なスイングで打率3割8分台をマーク。1番鈴木は打って走れる攻撃の軸だ。昨夏は初戦で大敗を喫しただけにまずは甲子園1勝をあげたいところ。常総学院以外はなかなか勝てていなかった茨城の流れを選抜の明秀日立のようにかわしていきたい。

高岡商は2年連続の甲子園出場。昨夏は東海大菅生を相手に打てずに負けたこともあり、今年は冬場の振り込みなどで打力を徹底的に鍛えてきた。その成果もあってかチーム打率は4割台をマーク。4割台を記録した選手がスタメンに6人並び、穴のない打線となっている。一方、速球派左腕・山田は今大会で11失点と不安定な内容。持ち味のストレートを活かすためにも制球力がカギとなる。右サイドの大島は技巧派らしいうまい投球が光る。昨年は春夏とも初戦で敗退しただけに、この夏に10年ぶりの1勝をまず挙げたいところだ。しかし、山田が本番で覚醒すれば一気の上昇もあり得るチームだ。

 

鳴門は2年ぶりに甲子園に戻ってきた。渦潮打線の威力は今年も健在で準決勝では9回に4点差を跳ね返す驚異的な逆転劇を演じた。スタメンの大半を下級生が占めるチームだが、勢いに乗ると止められない破壊力を持つ。練習から実戦を意識したバッティングをしてきたことが土壇場の粘りを生んでいる。6番捕手の中村は準々決勝・準決勝と2試合連続でホームランを放つなど、攻守でチームを支える存在だ。エース左腕の西野は内外角に丁寧に投げ分ける投球で失点は多いものの粘り強く投げぬく。復活を果たしてきている徳島の名門が今年も甲子園で暴れまわる。

東海大星翔は波乱続きだった熊本大会を圧倒的に勝ち抜いた。ターニングポイントとなったのは秋春と一方的に敗れた九州学院との試合。エース山下が相手の強力打線を完封し、4-0と会心の内容で勝利をものにした。打線は上位から下位まで切れ目がなく、3番菊田・4番竹下など強打者が並ぶ。竹下は3本のホームランを放ち、甲子園でも注目の強打者だ。山下は左腕から多彩な変化球を繰り出し、内角を強気に突く投球でピンチをしのいだ。決勝の熊本工戦でも強気の投球で相手の強力打線をしのいで見せた。35年ぶりの出場ながら攻守に高い地力を誇り、侮れない存在だ。

伝統校・佐賀商は10年ぶりに甲子園に帰ってきた。エース木村、4番古賀と柱がしっかりしているチームだ。木村は最速145キロの速球とスライダー、チェンジアップを投げ分ける本格派。強くの投球で1試合の失点を3点までに抑えた。精神面の成長が際立った大会だった。打線はチーム打率こそ高くないものの勝負強さがあり、得点力は高い。3番松隈、4番古賀輝、5番山崎の中軸の前にランナーをためて返すのが得点パターンだ。また、全員バスターから打つという作戦をとっているのも特徴的だ。1994年に伝説的な優勝を成し遂げている名門校だけあって不気味な存在だ。

投手力光る

旭川大高は北の剛腕・沼田を擁して大物食いを狙う。ストレートは常時140キロ台を記録し、決勝では新ヒグマ打線を誇るクラーク国際を6安打に抑え込んだ。球威のあるボールは全国でも通用する力を持っており、強豪校との対戦に腕を撫す。打線もチーム打率3割5分台をマーク。4番持丸を中心に勝負強い打者が並び、エース沼田を援護する。また、楠茂・青木ら控え投手の層が厚いのも心強い。ここ数年勝てていない北北海道に勝利を呼び込めるか。

金足農の剛腕・吉田輝は今大会注目の好投手。150キロを記録する速球を内角にズバット投げ込んで相手を圧倒するピッチングを展開する。決勝では昨夏代表の明桜打線をわずか4安打で完封した。また、ストレートだけでなく緩急をつけたピッチングも光り、決して真っすぐ一辺倒のピッチャーではない。打線は竹バットを使って芯でとらえる打撃を身に着けた。3番も務めるエース吉田を中心に攻撃力も決して低くはない。かつてあのKKコンビを擁したPL学園を苦しめた雑草軍団が再び輝きを取り戻すか。

近大付は10年前の記念大会以来の出場権を獲得。何と言っても好左腕・大石の存在が大きいだろう。中学時代に世界大会代表に選ばれた逸材は140キロ台の速球とスライダーを武器に大阪大会決勝で完封勝利をマーク。昨秋に大阪桐蔭に2度敗戦し、全国レベルの強打を経験したことが最後の夏に生きた。打線は川瀬・花田の1,2番が攻撃のキーマン。準決勝では大体大浪商の好投手・立石に先制パンチを浴びせた。4番の高倉は一発放り込む力を持つスラッガーだ。記念大会のチャンスを活かした形になっているが、秘めた実力は決して侮れないチームだ。

打に自信あり

佐久長聖は今年も強力打線が持ち味。元PL学園の藤原監督のもと、自慢の攻撃力は全国レベルを誇っている。長野大会では6試合で三振がなんとわずか3つ。驚異的な少なさで、簡単に凡退しないチームだ。1番の真鍋は打率5割をマークし、6試合で8得点を記録。チームの得点源となっている。また、決勝の上田西戦のように試合終盤まであきらめない粘り強さも持つ。2ホームランをマークした4番の西藤は逆方向への打撃に自信を見せる。エースの林はコントロールが良く、彼が試合を作れれば佐久長聖の勝利はぐっと近づくだろう。

中越は2年ぶりの甲子園出場。ここ2回の出場ではロースコアの接戦で敗れたこともあって、今年は打力を強化してきた。県大会の勝ち上がりでも打ち勝つ試合が目立ち、機動力と長打力をMIXした攻撃で相手を圧倒した。昨年からのメンバーが多いため、落ち着いた試合運びができるのも大きい。投手陣はエースの山本が失点を喫しながらも奮闘。投球回数以上の三振を奪い、ピンチをしのいだ。守備の印象が強かったtっ故津田が、今年は一味違った野球を展開しそうだ。

敦賀気比は3年ぶりの夏の甲子園出場。全国を震撼させた2014年夏の再現を狙っている。福井大会では決勝でこそ打線が沈黙したものの、準決勝までは相手を圧倒する攻撃を見せて全試合コールド勝ちを収めた。4番の阪口は5試合で14安打と大暴れ。チームトップの12打点をマークした。7番の細谷が打率7割をマークするなど下位まで切れ目がない。2年生左腕の木下は縦に割れるカーブを武器とする技巧派左腕。打たせて取る投球で味方に攻撃のリズムを持ち込みたい。ここ2年夏の甲子園から遠ざかっていた分、久々に大暴れしたいところだ。

奈良大付はついに念願の夏初優勝を達成。ここ数年上位まで何度も勝ち進みながら跳ね返されてきた壁をついに破った。原動力は強豪校にも決して打ち負けなかった打線。決勝では昨夏の甲子園のマウンドを経験した天理の左腕・坂根を5回までに攻略するなど攻撃力は全国の強豪とも引けを取らないものがある。エースの木村は決勝で200球に迫る熱投。決め球のスライダーを武器に粘り強く投げぬいた。初の選抜出場を果たした2015年の選抜は初戦で優勝した敦賀気比に完封負け。まずは甲子園初得点からの初勝利をつかみたい。

折尾愛真は自慢の打力を活かして初出場。昨夏は選抜8強の東海大福岡を相手に大逆転勝ちを収めるなど近年力をつけてきた新興勢力が強打で北福岡を席巻した。3番主将の松井は「福岡のゴジラ」の異名を持つ強打者で左打席から放つ強烈な打球は甲子園のファンを魅了するはずだ。松井以外も3ホームランの1番長野、6ホームランの5番野元など思いきりのいい打者が並ぶ。一方、投手陣は技巧派左腕のエース小野や下柳・堀田など人数は豊富なものの、失点はかなり多い。先手を取った攻撃と継投策で優位に試合を進めていきたいところ。とにもかくにも勝利の青写真は打ち勝つ試合になるだろう。

日南学園は粘り強い攻撃で接戦を勝ち抜いた。坂元・蓑尾・門川の上位打線を中心に得点をたたき出し、打撃の日南らしい試合運びを見せる。金川監督のもと徹底した走り込みで下半身を苛め抜いたことが夏に生きた。エース左腕の辰巳はスライダーを内外に配する技巧的なピッチングが持ち味。失点は多いものの、強気な投球は魅力的だ。スローカーブが武器の2年生庄田のピッチングも重要になってくる。2年前の夏は3回戦まで進出しており、まずはそこまで勝ち進むことが目標になりそうだ。

旋風起こせるか

白山は無印の快進撃を見せて初出場。1番栗山・3番有森を中心に攻撃力には自信があり、三重大会では長打で得点を挙げた。先手を挙げて山本・岩田の2人の投手を援護したい。ジャイアントキリングを果たしてきた白山の快進撃を甲子園でもぜひ見てみたい。

愛産大三河は夏は22年ぶりの甲子園出場。東西に分かれたチャンスの年を見事に活かした。エースの松原は制球力がよく、37イニングで4失点と安定感抜群だ。チーム打率も4割に迫っており、15打点を挙げた4番上田の前にランナーをためて得点するのがパターンだ。

鳥取城北は3年ぶりの代表切符。3番片山、4番山田を中心に打力に長けたチームで盗塁も絡めて積極的に動いて仕掛ける。エース難波はフォークボールを武器にイニング数以上の三振を奪う。2012年夏以来の甲子園1勝を目指す。

益田東は18年ぶりの甲子園出場。5試合で42得点を挙げた強力打線で打ち勝った。下位からも長打の飛び出す打線でビッグイニングが作れるチームだ。エースの和田は140キロの速球と変化球を思い切り投げ込む本格派だ。捕手・中山とのバッテリーは相性ピッタリだ。

丸亀城西は終盤の粘りによる逆転勝ちで準決勝・決勝と逆転勝利。特に準決勝の英明戦は5点のリードを跳ね返して選抜出場校を倒した。投手陣は技巧派の真鍋から本格派の大前へつなぐリレーで勝負する。

沖学園は念願の甲子園初出場を達成。リードされても粘り強くひっくり返す攻撃力で東福岡福岡大大濠といった強豪に競り勝った。チーム打率以上に攻撃にはくりょくのあはくりょくのあるチームだ。投手陣は技巧派の斎藤と速球派の石橋の2枚看板で勝負に出る。

藤蔭は28年ぶりの甲子園出場。エースの市川はストレートとチェンジアップによる緩急を活かした投球で決勝で柳ヶ浦を完封した。打線は打率4割越えの3番御手洗の前にチャンスを作って得点を稼ぎ、エース市川を援護したい。


-2018年, 全国高等学校野球選手権大会, 各大会優勝予想

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.