1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦  慶應(北神奈川)vs中越(新潟)

更新日:

慶應(北神奈川)vs中越(新潟)

予想  60%  40%


慶應と中越というグレーのユニフォーム対決となった。投手力の差で慶應義塾が有利か。

慶應のエース左腕・生井はストレート・変化球ともに力があり、県大会では東海大相模や桐光学園の強力打線を抑え込んだ。右打者のインサイドを突く真っすぐが持ち味だが、選抜の彦根東戦ではそのクロスファイヤーをスタンドに運ばれた。球威・制球を磨きなおしてリベンジに燃える。中越の打線は打つだけでなく足や小技も絡めることができ、塁上からプレッシャーをかけて揺さぶりたい。7番の広瀬が打率5割をマークするなど下位まで切れ目がない。打って勝つチームだけに最低でも3~4点は取りたいところだ。

一方、中越のエース山本は42イニングで46三振を奪った本格派。失点は多いものの、粘り強い投球が持ち味だ。慶應の打線は1番宮尾・3番下山を中心につながりがよく集中打が出る打線で、10年前に夏8強入りした時を思い起こさせる攻撃陣だ。山本としては1イニングでの大量失点はさけたいところ。慶應は上位打線に軒並み4割以上の打者が並び、まずは先手を取って有利に試合を進めていきたい。盗塁やエンドランなど機動力も使って先行できるか。

慶應は選抜の雪辱を、中越は1994年以来の甲子園1勝を狙う。


神奈川vs新潟 甲子園対決

春 神奈川0勝   新潟0勝

夏 神奈川1勝   新潟0勝

計 神奈川1勝     新潟0勝

対戦は1993年夏の一度。好投手・福田を擁する横浜商大が新潟明訓を10-0で下した。

 

主な卒業生

慶應…白村明弘(日本ハム)、山本泰寛(巨人)、加藤拓也(広島)

中越…渡邉雄大(ソフトバンク)、今井雄太郎(阪急)、今井啓介(広島)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.