1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 佐賀商(佐賀)vs高岡商(富山)

投稿日:

佐賀商(佐賀)vs高岡商(富山)

予想  51%  49%


第4ブロック最後の試合は佐賀商と高岡商の公立対決となった。がっぷり四つの好試合が期待されるが、攻守の安定感ではやや佐賀商が上か。

高岡商のエース左腕・山田は最速148キロの速球が魅力。制球さえよければそうは打たれないが、富山大会では11失点と苦しんだ。昨夏も東海大菅生打線に甘く入ったストレートを完璧にとらえられただけにリベンジなるか。右サイドの大島も控えており、安定感では上なだけに大島の先発も十分あり得そうだ。佐賀商は全員がバスターで打つミート力の高いチーム。山田の速球に粘り強く食らいついてチャンスで4番古賀輝に回したい。

佐賀商のエース木村は最速145キロの速球にスライダー、チェンジアップを混ぜる本格派。昨年の甲子園で打てずに敗れた高岡商打線としてはこの佐賀商のエースをなんとかとらえたいところ。チーム打率は4割を超え、4割打者6人を並べる打線は力強い。6番、7番井林など下位まで勝負強い打者が並ぶ。先手を取ってエース山田を楽に投げさせたいところだ。

今大会6校しかない公立勢同士の対戦。勝ち星を挙げられるのはどちらになるか。


佐賀vs富山 甲子園対決

春 佐賀0勝   富山0勝

夏 佐賀2勝   富山2勝

計 佐賀2勝     富山2勝

成績は2勝2敗の五分の星。2003年、2004年は連続で対戦。ともに富山商が出たカードで2003年は鳥栖商に敗れたが、2004年は佐賀学園を下して佐賀勢へのリベンジを果たした。

 

主な卒業生

佐賀商…田中豊樹(日本ハム)、新谷博(西武)、於保浩己(ロッテ)

高岡商…紺田敏正(日本ハム)、土肥健二(ロッテ)、進藤達哉(横浜)

 

思い出名勝負(2003年夏の甲子園3回戦)

富山商

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 2 0 0 0 0 3
2 1 0 0 0 3 0 0 × 6

鳥栖商

 

富山商   長江

鳥栖商   重野

 

2003年夏の3回戦は富山商と鳥栖商の商業校同士の対戦となった。21世紀に入り、私立優位の大会が続いていた中で3回戦での商業校対決はうれしい感覚があった。

鳥栖商業は10年ぶりの甲子園出場。技巧派左腕のエース重野の好投を勝負強い打線が支えて甲子園切符を勝ち取った。初戦は強打の愛工大名電と対戦。プロ注目の強打者・堂上剛(中日など)を擁する強力チームで前評判は圧倒的に不利だった。しかし、重野が丁寧な投球で相手打線を抑え込むと、打線は3回に3番池上・4番中島の連続タイムリーで2点を先制。終盤1点差に詰め寄られるも、結局名電打線を重野が5安打1失点で完投して甲子園初勝利を手にした。

一方の富山商は2年連続の甲子園出場。長身エース長江と強力打線を擁して臨んだ初戦は日南学園と対戦。日南学園に序盤に先行される展開となったが、6回裏に2年生の二瀬が逆転の2ランホームランを放って試合をひっくり返した。長江は角度ある速球を武器に日南学園打線を5安打2点に抑えて完投勝利。4-2で初戦を突破した。

 

対照的なスタイルの両投手の投げ合いが予想された試合は序盤から鳥栖商業が先手を取る。立ち上がり制球に苦しむ富山商のエース長江から連続四球でチャンスをつかむと、4番中島が先制の2点タイムリーヒット。その直後に重野が1点を失うも2回裏にも9番日高のタイムリー2塁打で再び点差を開く。

追う富山商は序盤は重野の内外角を丁寧に突く投球の前になかなか得点が入らなかったが、5回表に反撃。9番中沢の2塁打などから走者を2人ためると、4番金田が珍しく高めに浮いた重野の失投をとらえて同点のタイムリー3塁打。3-3と試合を振り出しに戻す。

攻撃力で下回る鳥栖商としては先に前に出たいところだったが、6回裏にチャンスが訪れる。中島のヒットと四球などでチャンスを広げると、7番重野のたたきつけた打球はラッキーな3塁内野安打となって1点を勝ち越し。さらに9番日高のこの日3打点となるタイムリーなどで3点を勝ち越し。6-3と試合を優位な展開に戻した。

重野はその後は調子を取り戻して富山商業の強力打線を分断。初戦で逆転2ランを放った二瀬もノーヒットに抑え込み、会心の内容でベスト8進出を決めた。

 

鳥栖商はその後、準々決勝で常総学院と対戦。10年前の出場時に大敗を喫している相手に先発投手を代える奇襲で挑んだものの、やはり木内常総が一枚上。相手の意表を突くスクイズなどで巧みに得点を重ねられ.1-5で敗れた。しかし、エースを中心に守りの野球で2勝を挙げてのベスト8は素晴らしい成績で、甲子園の歴史に名を刻む戦いとなった。

一方の富山商は自慢の打線が爆発せずに敗退。しかし、1998年以来となる夏1勝を挙げることはできた。翌年は4番二瀬を中心に2年連続出場。初戦で再び佐賀の佐賀学園と対戦し、二瀬のタイムリーなどで序盤から圧倒10-5と大勝を収め、2年連続の初戦突破を果たした。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.