1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 大垣日大(岐阜)vs東海大星翔(熊本)

投稿日:

大垣日大(岐阜)vs東海大星翔(熊本)

予想  55%  45%


常連校と久しぶりの出場という対照的な組み合わせになった対戦。実力校同士のレベルの高い攻防が見られそうだ。

大垣日大のエース修行は昨夏の甲子園も経験したが、天理・神野に2発を浴びるなど悔しいマウンドをなった。今回はリベンジを果たしたいところ。角度のある速球と縦に落ちる変化球を持ち、大会でも屈指の好投手だ。東海大星翔の打線は熊本大会を圧倒したようにつながりも長打力もある。3ホームランの4番竹下を中心に4割打者が多く並び、修行も楽に抑えることは難しいだろう。強打vs好投手の真っ向勝負が見られそうだ。

東海大星翔のエース左腕・山下は熊本大会をほとんど一人で投げぬいたタフネス左腕。勝負所で相手の内角を強気につけるメンタルの強さもある。決め球のスライダーを武器に攻撃的な投球を見せたい。大垣日大は今年も小技を巧みに使える試合巧者の打線だ。ただ打つだけでなく、足を使って山下を揺さぶっていきたい。こちらは内藤・修行の2人の投手が打線でも中心となるだけに2人の出来がチーム全体の浮沈を左右する。

ともに攻守にバランスが取れて、しぶといメンタルも併せ持つ試合巧者同士。1回戦の中でもかなりハイレベルな試合にありそうな予感だ。


岐阜vs熊本 甲子園対決

春 岐阜0勝   熊本1勝

夏 岐阜2勝   熊本0勝

計 岐阜2勝     熊本1勝

春は熊本勢が、夏が岐阜勢が勝利。1992年夏には熊本工と県岐阜商という両県を代表する強豪が対戦。熊本工の剛腕・坂田に対して9回裏に県岐阜商がサヨナラスクイズを決めて勝利した。この年は東海4県がすべて初戦を突破し、計8勝をマーク。東邦・山田、三重・杉山など好投手を擁し、東海勢の強さを見せた夏だった。

 

主な卒業生

大垣日大…阿知羅拓馬(中日)、沼田拓巳(ヤクルト)、曽我部直樹(阪神)

東海大星翔…松岡健一(ヤクルト)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.