1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 明石商(西兵庫)vs八戸学院光星(青森)

更新日:

明石商(西兵庫)vs八戸学院光星(青森)

予想  50%  50%


1回戦最後の試合は明石商業vs八戸学院光星の好カード。光星は2年前の市立尼崎戦に続いて初戦は兵庫勢との顔合わせとなった。

明石商はエース左腕・加田、速球派右腕・福谷をはじめとして大会でも上位に入る投手陣を持つ。加田は速球のスピードこそ速くないものの、軟投派左腕らしい投球が光る。八戸学院光星は近距離バッティングで鍛え上げたスイングスピードは今年も健在。県大会では青森山田を相手に3ラン4発を放り込むなど素晴らしい長打力を持つ。好投手vs強力打線の勝負が見ものだ。明石商業としては3~4点に抑えたいところだろう。

八戸学院光星のエース福山は最速145キロを誇る本格派右腕。青森山田戦は苦しんだものの、制球が安定していればそうそう大崩れはしないだろう。明石商の攻撃は犠打を駆使した手堅い攻撃が持ち味。3番田淵、4番右田を中心に勝負強い打者が揃っており、スコアリングポジションに進めてプレッシャーをかけていきたい。近畿大会では大阪桐蔭を相手に6点差を追いついており、攻撃力は決して低くない。明徳義塾で永年コーチを務めた狭間監督の采配にも注目だ。

守の明石商vs攻の八戸学院光星という展開が予想される。ロースコアなら明石商、点の取り合いなら光星のペースだろう。


兵庫vs青森 甲子園対決

春 兵庫1勝   青森0勝

夏 兵庫0勝   青森5勝

計 兵庫1勝     青森5勝

対戦成績は青森勢が5勝1敗と圧倒。しかも夏に関しては負けなしの5連勝中と抜群の相性を発揮している。2007年の夏には青森山田が報徳学園の好左腕・近田(ソフトバンク)を攻略し、5-0と完勝。2011年夏には光星学院が大会№.1右腕とも評された東洋大姫路・(ヤクルト)から内野ゴロ2本で奪った2点を守り切って2-1と勝利した。今回も好投手の明石商vs強打の八戸学院光星という構図だが、果たして結末やいかに…

 

主な卒業生

明石商…上地結衣(車いすテニス)

八戸学院光星…坂本勇人(巨人)、田村龍弘(ロッテ)、北條史也(阪神)、田城飛翔(ソフトバンク)

 

思い出名勝負(2016年夏の甲子園1回戦)

八戸学院光星

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
0 0 0 0 0 4 0 0 0 1 5
1 0 0 0 0 0 1 0 2 0 4

市立尼崎

 

八戸学院光星   桜井

市立尼崎     平林

 

2016年夏の1回戦で常連校の八戸学院光星と33年ぶりの出場となった市立尼崎が初戦で対決することとなった。

八戸学院光星は前年夏に延長戦の末、ワイルドピッチで三沢商業にサヨナラ負け。悔しすぎる敗戦を喫し、連続出場は3季で止まった。迎えた新チームは秋の東北大会決勝で、県決勝では勝っていた青森山田に完封負け。さらに選抜大会でも龍谷大平安の市岡に完封負けと強打のチームとしては悔しい敗戦が続いていた。しかし、夏の青森県大会ではライバルの青森山田が早々と姿を消す中で、圧倒的な強打で優勝。2年ぶりの出場を果たし、再びの上位進出を狙っていた。

一方の市立尼崎は常に県内で実力校と目されていながらも甲子園の舞台は遠ざかっていた。前回出場が池山(ヤクルト)を擁した33年前の出来事であった。しかし、県大会ではエース平林を中心とした守りの野球でしびれる投手戦を次々と勝ち抜いた。特に好左腕・主島を擁した報徳学園戦、選抜8強の明石商と対戦した決勝はともに堅い守りと平林の強気の投球が光った好ゲームであった。

 

試合は1回表に市立尼崎の捕手・谷尻が好送球で1塁ランナーの盗塁を阻止して勢いに乗ると、その裏4番藤井の外角球に食らいつくタイムリーで1点を先制する。八戸学院光星のエース桜井は県大会からなかなか調子が上がらず、この日も立ち上がりに失点を喫してしまった。

一方、市立尼崎のエース平林も肘に不安を抱えてのマウンドであった。何しろ激戦続きの兵庫県大会を一人で投げぬいたのである。疲労の色は隠せない状況だった。しかしながら、右打者の内角を強気に突き続ける投球で八戸学院光星の強打者たちを抑え込んでいく。

しかし、光星は6回表に3番田城(ソフトバンク)が流れを変える。平林の内角高めのボールを思い切りよくたたいた打球は右中間へ飛び込むホームランとなって同点。一振りで試合を振り出しに戻す。この一発の与えた効果は非常に大きく、この田城のホームランからなんと6連打。うっぷんを晴らさんとばかりの連打はさすが強打の光星と思わせるものだった。平林としては球数のかさんできたこの回に相手の勢いを止めきれなかったことが誤算であった。

しかしながら、市立尼崎もただ防戦一方にはならず、6回・7回とレフト三浦が2イニング連続で補殺を記録。打たれても取れるアウトはしっかり取る野球で踏ん張り続ける。

すると、7回裏に9番殿谷のタイムリーで1点を返し、9回裏には土壇場で猛反撃を見せる。先頭の6番前田がヒットで出塁すると、これまで懸命のリードで平林を支えてきた7番谷尻がアウトコースのボールをとらえて、左中間へのタイムリー2塁打。さらに、送って1アウト3塁から先ほどタイムリーの9番殿谷がライトへ同点の犠飛を放ってついに光星のしっぽを捕まえる。アルプスはこの大会最高と言ってもいい盛り上がりを見せた。

しかし、光星もさすが試合巧者といったところか。延長10回に再び疲れの見える平林を攻め立てて2アウト満塁のチャンスを作ると、この日大当たりの3番田城がファーストのグラブをはじくタイムリーで1点を勝ち越し。このリードを今度はエース桜井が守り切って5-4で春夏連続の初戦突破を果たした。

 

八戸学院光星としては球場が完全アウェーで、しかも9回裏に同点に追いつかれる苦しい展開だったが、その中で粘って勝ち抜いたのはさすが強豪校といった印象だった。しかし、エース桜井の状態の不安はぬぐえないまま2回戦へ臨み、不安は現実に。一時9-2と大量リードを奪いながらも、桜井が東邦打線の勢いを止めきれずに9回に4点差をひっくり返される大逆転負け。この年は初戦が地元の市立尼崎で、2回戦の最終回があの有名なタオル回し。光星としては酷な夏となった。

一方、市立尼崎は久々の出場ながらも、強打の光星に食らいつく大善戦。平林も肘の状態が限界に近い中で延長戦を粘りぬいた。私立全盛の高校野球に合って公立校ながら、しぶとく勝ち抜いた戦いぶりは高校野球ファンの胸を熱くさせるものがあった。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.