1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 星稜(石川)vs藤蔭(大分)

投稿日:

星稜(石川)vs藤蔭(大分)

予想  60%  40%


記念大会の開幕ゲームを戦うこととなったのは星稜と藤蔭の両チームとなった。投打に充実する星稜がリードしているが、開幕ゲームの緊張の中で普段通りのプレーができるかが重要になる。

星稜の強力打線は今大会でも屈指の破壊力を持つ。決勝で2人で7ホームランを放った星稜の竹谷南保は大会でも屈指の強打者。1年生ながら3番ショートの座を奪った内山は将来性豊かな好選手だ。そのほかにも鯰田・東海林など好選手が並び。全く穴がない。藤蔭のエース市川はチェンジアップで巧みにタイミングを外す技巧派投手。まともに勝負に行くと打ち込まれる可能性が高いため、冷静に打者の反応を見ながら投げたいところだ。

一方、藤蔭の打線は奥園・御手洗・内田の上位打線が中心。3番御手洗は走塁も含めてクレバーな判断が魅力の好選手だ。この3人で星稜の2年生右腕・奥川のストレートをとらえることができないと勝機は薄い。その星稜の投手陣は石川大会で5試合無失点と抜群の安定感を誇る。選抜では不調だったエース竹谷も復調しており、万全の状態で臨む。

記念すべき100回大会の夏はこのゲームから幕を開ける!


大分vs石川 甲子園対決

春 大分0勝   石川0勝

夏 大分1勝   石川1勝

計 大分1勝     石川1勝

両県の対戦は春夏通じて一度。1984年の夏の1回戦で別府商業星稜が対戦した。星稜が序盤に2点を先行するも、別府商業が8回裏に同点に追いつき、9回裏にサヨナラ犠飛で甲子園初勝利を手にした。

主な卒業生

星稜…山本省吾(元オリックスほか)、松井秀喜(元ヤンキースほか)、高木京介(巨人)、島内宏明(楽天)、北村拓己(巨人)、岩下大輝(ロッテ)

藤蔭…一岡竜司(広島)、川崎義文(元横浜ほか)、森章剛(元中日)

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.