1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 羽黒(山形)vs奈良大付(奈良)

更新日:

羽黒(山形)vs奈良大付(奈良)

予想  50%  50%


ともに決勝戦をサヨナラ勝ちで制しており、勢いに乗る両チームの対戦。ともに長打力のある打線を擁し、ある程度打ち合う展開になるか。

奈良大付のエース木村は球威のあるストレートとスライダーを武器にする好投手。決勝では天理の強力打線を延長の末になんとかしのぎ切った。甲子園でも粘りを発揮できるか。羽黒は準決勝・決勝とサヨナラ弾で勝利し、終盤の強さが際立つ。5試合でホームラン8本と勝負所で長打が出るのが持ち味だ。決勝でサヨナラ弾を放った4番竹内を中心に決め球のスライダーを攻略していきたい。

羽黒は佐藤・篠田・金子と3人の投手によるリレーが持ち味。佐藤は最速148キロの速球を武器とする本格派だ。継投のタイミングが重要になってくるだろう。奈良大付は決勝で天理のエース坂根を攻略したようにこちらも一発を放り込む力を有する。1番宮川と3番東郷はともに打率5割以上をマークした好打者だ。上位から下位まで切れ目なくつながる打線で羽黒投手陣を捕まえたいところ。

粘りが持ち味の両チームだけに後半勝負の様相を呈する。継投でしのぐ羽黒とエース木村に託す奈良大付だが、その点が勝負にどう左右するか。大きな力の差はなく接戦となりそうだ。


奈良vs山形 甲子園対決

春 奈良2勝   山形1勝

夏 奈良2勝   山形0勝

計 奈良4勝     山形1勝

選抜の智辯学園vs日大山形に続いて夏も奈良勢と山形勢の対戦となった。選抜では智辯学園が中盤以降の連打で逆転勝ちしたが、今回は果たして…

 

主な卒業生

羽黒…田中優大(巨人)、鈴木健(広島)、佐藤賢(ヤクルト)

奈良大付…八馬幹典(横浜)、歌藤達夫(オリックス)

 

思い出名勝負(2011年夏の甲子園2回戦)

鶴岡東

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
0 0 0 2 0 0 0 0 × 2

智辯学園

 

鶴岡東     佐藤亮

智辯学園    青山

 

青山中道(ともにオリックス)の2年生バッテリーを奈良大会10ホームランの強力打線が支えて圧倒的な強さで勝ち抜いてきた智辯学園。春季近畿大会優勝の天理が不祥事で出場辞退となった幸運もあったが、素晴らしい戦いぶりで甲子園行きを決めた。甲子園でも当然優勝候補の一角。ただ、小坂監督曰く、「甲子園ではここまで打てるわけがないから、小技や機動力などを使って確実に得点したい」とのことだった。

一方の鶴岡東は実に30年ぶりの出場。エース左腕・佐藤亮の好投もあって確実に勝ち抜き、決勝では昨年春夏連続出場を果たした山形中央の左腕・横山(阪神)を打って逆転勝ち。安定した守りと勝負強い打撃で夏の甲子園初勝利を狙っていた。

前評判では智辯学園が有利。鶴岡東の勝利にはエース佐藤亮の好投が欠かせない状況だった。

 

試合は立ち上がりから両投手の好投で序盤3回は0行進。智辯学園・青山は初回にいきなり鶴岡東の先頭打者・神田浩(6番神田真と双子の兄弟)にレフトへの2塁打を浴びるも、クリーンアップを落ち着いて内野ゴロに打ち取って、その後は落ち着いた投球で相手打線を抑えていく。一方、鶴岡東のエース佐藤亮は想像以上の好投。短いテークバックから繰り出すボールに智辯学園の各打者がタイミングを取り切れず、3回まで一人のランナーも出さない投球。戦前の予想と違い、序盤は鶴岡東が押していく展開だった。

しかし、4回に入って試合の流れが大きく変わる。表の鶴岡東の攻撃で青山が2アウト1,2塁のピンチをしのぐと、その裏智辯学園はトップの2年生浦野がセカンドへの内野安打で出塁。送って1アウト2塁から3番青山がレフト前にポトリと落ちるタイムリー。佐藤亮としては詰まらせていたが、不運な当たりで先制点を許す。さらにこの回5番道にもタイムリーが飛び出して2点目。若いバッテリーが自ら得点をたたき出して試合の流れをぐっと引き寄せる。

その直後5回表には鶴岡東がすぐに反撃。先頭の7番茂木がヒットで出塁すると、こちらも送って1アウト2塁から9番投手の佐藤亮が自らライト前にタイムリーを放って1点差。強豪に食らいついていく。

お互いに点を取り合う攻撃が続いた後は試合は再び落ち着いて投手戦に。智辯学園・青山は序盤の真っすぐ主体で押す投球から終盤は変化球主体にシフトチェンジ。捕手・中道の好リードもあって鶴岡東打線になかなかチャンスをつかませない。

一方、鶴岡東の佐藤亮もテークバックの見えづらいフォームから繰り出すボールで長打自慢の智辯学園打線相手に単打のみの被安打8。ヒットを許したイニングは3イニングだけという安定した投球で、持ち味は存分に出した。

1点を争う好ゲームは9回に鶴岡東が双子の兄弟の6番神田真が長打を放って一打同点のチャンスを作るも、後続を青山が打ち取ってゲームセット。2-1で智辯学園が初戦突破を果たした。

智辯学園は続く3回戦で横浜高校と対戦。4-1と3点ビハインドで迎えた9回に猛反撃。一挙8点の攻撃で高校野球界の王者を沈めて、ベスト8進出を決めた。しかし、続く準々決勝では作新学院を相手に今度は9回土壇場で逆転負け。2年生主体の若いチームが甲子園の怖さを知った大会だった。

一方、鶴岡東は初戦で敗れはしたものの前評判をかわす戦いぶり。佐藤亮の好投が光って強豪と接戦に持ち込んだ。この久しぶりの出場で活気づいた同校は2015年に4年ぶりの出場。同じく変則左腕のエース福谷の好投を打線が援護して9-6で鳥取城北を撃破。夏の甲子園初勝利を手にしたのだった。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.