1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 興南(沖縄)vs土浦日大(茨城)

更新日:

興南(沖縄)vs土浦日大(茨城)

予想  52%  48%


投の興南と打の土浦日大の対決。投手力の高さの光る興南がやや上回るか。

興南の2年生左腕の宮城は昨夏からさらにスケールアップ。140キロ台の速球とスライダーを武器に決勝ではわずか2安打で完封した。昨夏智辯和歌山打線に捕まった悔しさを晴らせるか。もう一人の左腕の藤木も安定感があり、投手力は出場校中でも屈指だ。土浦日大は昨年からのメンバーも残り、打率5割を超える1番鈴木を中心にチーム打率は3割8分台をマーク。明秀日立や常総学院といった強豪に打ち勝った自信を胸に興南投手陣に挑む。

土浦日大のエース富田は昨夏の甲子園で松商学園の足にかき回されて大量失点した悔しい思いを持つ。今年は粘り強さを増しており、選抜出場の明秀日立の強力打線を3点でしのいだように我慢強い投球が光る。ある程度失点は計算できそうだ。興南の打線は爆発力こそないものの、昨年より得点力は上の印象で堅実な攻めが光る。大会終盤に調子を上げてきており、甲子園でもまずは1番根路銘、4番塚本の上位打線で得点を挙げていきたいところだ。

好対照な対戦ながら、2校とも上位に食い込む力は十分持っている。2年連続出場同士の対戦だけに、序盤からフルスロットルの攻防が見られそうだ。


沖縄vs茨城 甲子園対決

春 沖縄1勝   茨城0勝

夏 沖縄0勝   茨城2勝

計 沖縄1勝     茨城2勝

春は沖縄が、夏は茨城がリード。春の対戦は沖縄尚学が沖縄県勢初優勝を飾った1999年の決勝。水戸商業に7-2と完勝で有終の美を飾った。

夏の対戦で思い出深いのは1987年の夏の2回戦。3年連続で甲子園に出場し、満を持して優勝を狙っていた沖縄水産・上原晃(中日など)の前に立ちはだかったのは木内監督率いる初出場の常総学院。木内監督の巧みな攻めの前に序盤から失点を重ねた沖縄水産は7-0と思わず大差で敗れ、初優勝の夢は霧散した。一方、この勝利で勢いづいた常総学院はその後、尽誠学園・伊良部(ロッテなど)、中京・木村龍(巨人)、東亜学園・川島(広島)とのちにプロ入りする投手をことごとく沈めて準優勝。茨城の強豪・常総学院が誕生した夏だった。

 

主な卒業生

興南…島袋洋奨(ソフトバンク)、大城滉二(オリックス)、高良一輝(日本ハム)、友利結(中日)、仲田幸司(阪神)

土浦日大…工藤一彦(阪神)、羽生田忠克(西武)、小山田保裕(広島)、神戸拓光(ロッテ)

 

思い出名勝負(1999年選抜甲子園決勝)

水戸商

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 0 0 0 0 0 0 0 2
0 2 0 0 2 1 2 0 × 7

沖縄尚学

 

水戸商    三橋→安達

沖縄尚学   照屋

 

1999年の選抜大会決勝は大会前には予想もしなかった顔合わせとなった。

沖縄尚学は前年秋の九州大会で4強に進出しての甲子園出場。しかしながら、準決勝で春永擁する日南学園にコールド負けを喫しており、優勝候補に挙げる人は少なかった。それが大会に入って初戦の比叡山戦で好投手・村西(横浜)から虎の子の1点を奪って1-0で勝利すると、浜田・市川と実力校を連覇。準決勝ではあのPL学園を相手にエース左腕の比嘉公が200球を超える熱闘。打線もPLの控え投手の先発に奮起して得点を奪い、終盤に追いつかれるも延長で突き放して8-6で勝利。大会歌をkiroroが歌った年に沖縄勢が選抜初の決勝進出を決めた。

一方の水戸商業も関東5番目の選出で前評判は決して高くなかった。しかし、下手投げのエース三橋の好投で2回戦で強打の日大三を下すと、その後海星・今治西と強打のチームを相手に好投。打線も1番助川・4番小林を中心に徐々に調子を上げ、準決勝の今治西戦では大量11得点の猛攻。茨城の伝統校が初めての決勝進出を決めた。

 

沖縄尚学は前日のPL学園戦で完投したエース比嘉公の先発を回避。準々決勝の市川戦で先発した右の照屋がマウンドに上がった、その照屋に対して序盤水戸商業打線が襲い掛かる。2回表に7番外山の打球をショート比嘉利寿(広島)がはじくと、送った後に9番石田がレフト前ヒットでつなぐ。ここで1番助川が絶妙なスクイズを決めて1点先取。さらに2番松本の打球はイレギュラーするラッキーな当たりで追加点をあげ、2-0とリードする。

しかし、連投の疲れの見える水戸商・三橋もすぐにつかまる。その裏、4番比嘉寿が失策の汚名返上とばかりに左中間への2塁打で出塁すると、5番松堂は四球で歩いて1,2塁。6番浜田の犠打が失敗に終わるも、続く7番有銘のタイムリーと代打・新垣の併殺崩れの間に同点に追いつく。

この同点劇でリズムを取り戻した沖縄尚学の照屋は低めに丁寧に集める投球で力投。準決勝で爆発した水戸商業打線を沈黙させていく。すると。沖縄尚学は7番有銘、8番新垣の短長打と下位打線の活躍で勝ち越しに成功。さらに1番荷川取の犠飛でもう1点を追加する。

これで勢いに乗った沖縄尚学打線は6回裏にまたも8番新垣のタイムリー2塁打で1点を追加。7回裏には4番比嘉寿の2塁打や6番浜田のホームランなど長打攻勢で2点を挙げて7-2と大きくリードを広げた。水戸商の三橋は疲れからボールの抑えがきかず、甘く入ったボールをとらえられてしまった。

結局、照屋は水戸商業打線を7安打2失点に抑えて完投勝利。沖縄勢が春夏通じて初めて頂点に輝いた。前年は松坂大輔フィーバーに沸いた甲子園だったが、この選抜はフレッシュな印象の2校が勝ち上がり、そして優勝旗が初めて海を渡って沖縄に届くという印象深い大会となった。

 

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.