1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 花咲徳栄(北埼玉)vs鳴門(徳島)

更新日:

花咲徳栄(北埼玉)vs鳴門(徳島)

予想  60%  40%


昨夏の覇者・花咲徳栄と渦潮軍団・鳴門の対戦。花咲徳栄がややリードしている印象だ。

花咲徳栄の打線は今年も強力。4番の野村は昨夏の甲子園でも2ホームランを放った実力の持ち主。野村を中心にハンマートレーニングで鍛えたリストの強い打撃で今年も甲子園で暴れまわるか。2番杉本は攻撃手二番打者として昨夏の千丸のような活躍が期待される。鳴門の技巧派左腕・西野はコントロールが良く、自分から崩れることは少ないタイプ。花咲徳栄の打線の振りの鋭さに惑わされずに自分の投球を貫きたい。

鳴門の打線もつながりの良さでは引けを取らないだろう。県大会準決勝では9回裏に4点差をひっくり返したように終盤での粘り強さは特筆ものだ。下級生主体ながら侮れない攻撃力を持つ。花咲徳栄のエース野村は長身からのストレートとスライダーを武器に北埼玉大会を4失点でしのぎ切った。持ち味の角度を活かした投球をしていきたい。

花咲徳栄に鳴門が挑む形だが、打撃戦で終盤までもつれれば面白い展開になりそうだ。


埼玉vs徳島 甲子園対決

春 埼玉1勝   徳島1勝

夏 埼玉2勝   徳島1勝

計 埼玉3勝     徳島2勝

対戦成績は3勝2敗と埼玉勢がリード。夏の対戦はすべて徳島商業の試合となっており、1993年夏には川上憲伸(中日)

 

主な卒業生

花咲徳栄…愛斗(西武)、高橋昂也(広島)、岡崎大輔(オリックス)、清水達也(中日)、西川愛也(西武)

鳴門…潮崎哲也(西武)、板東里視(近鉄)、白石静生(広島)、渋谷幸春(中日)

 

思い出名勝負(2008年選抜甲子園2回戦)

小松島

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0 0 0 0 × 2

聖望学園

 

小松島    井内

聖望学園   大塚

 

2008年の選抜井大会、小松島と聖望学園による2回戦は対照的な投手の投げ合いでロースコアの接戦となった。

小松島は前年秋の四国大会で準優勝。大型右腕・鳴滝をエースに据えて臨んでいたが、制球が定まらずに2番手の右サイド・井内の継投を仰ぐ試合が目立った。選抜前になっても調子の上がらない鳴滝の先発をあきらめ、大事な初戦のマウンドは安定感のある井内に任された。

一方、聖望学園は初の選抜出場。本格派右腕・大塚は重いストレートとカットボールを武器に埼玉県大会、関東大会と好投。打線も勝負強い打者が並び、スター選手はいないものの好守にまとまった好チームであった。

 

本格派と技巧派による投げ合いが注目された一戦は聖望学園が初回にいきなり先手を取る。2アウトランナーなしから3番主将の城戸が井内の甘く入ったボールをとらえてレフトスタンドに飛び込む先制ホームラン。1回の裏に大きな1点が入る。さらに2回裏には下位打線の3連打で加点。8番を打つ女房役の原茂走のタイムリーで大きな2点目を挙げる。

この2点を追いかけることとなった小松島打線だが、序盤に再三チャンスを作りながらも、走塁ミスなどでなかなか得点が入らない。特に3回1アウト1,2塁でライナーにランナーが飛び出して戻れなかったプレーは痛かった。

2年前にも成田の好投手・唐川(ロッテ)に完封負けを喫しており、小松島・森影監督としても期するものがあったが、聖望学園・大塚の球威に差し込まれる形となり、終盤はランナーもなかなか出ない展開となってしまった。

結局、大塚は小松島打線を7安打に抑えてシャットアウト勝ち。持ち味を存分に出した投球で同校に選抜甲子園初勝利を届けたのだった。

 

この1勝で勢いに乗った聖望学園は快進撃を見せ、履正社・平安・千葉経済大付と強豪を次々撃破。決勝は沖縄尚学に大敗を喫したものの、埼玉勢として久々の決勝進出を果たし、聖望学園の名を全国にとどろかせたのだった。

一方、小松島はまたしても完封負けを喫して初戦突破ならず。森影監督の指導のもと強さを増してきた小松島だったが、その後は甲子園に姿を現していない。今は森影監督も他校に移ってしまった。しかし、21世紀初頭を沸かしたあのユニフォームの活躍を見たい人はいるはず。また小松島の名が甲子園に刻まれる日を待ちたいと思う。

 

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.