1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 花巻東(岩手)vs下関国際(山口)

投稿日:

花巻東(岩手)vs下関国際(山口)

予想  50%  50%


春夏連続出場校同士の1回戦屈指の好カード。互角の展開が予想される。

下関国際のエース鶴田は140キロ台中盤の速球とスライダーを武器にする本格派で、全国でも上位に入る好投手。選抜初戦では創成館打線に立ち上がりをとらえられて失点しただけに今回は注意したいところ。花巻東打線としては大量点取るのは難しく、得意の機動力を絡めて3番田中大・4番紺野の前に少ないチャンスを持っていきたい。小差の展開となれば、終盤に強い「逆転の東」が見られそうだ。

花巻東のエースは選抜で好投を見せた右腕・伊藤。外角低めに丁寧にスライダーを集める投球で、試合を組み立てる。春まで主戦格だった田中大や西舘への継投もあるか。下関国際の4番鶴田は県大会決勝で3ランを放つなど一発の魅力を秘める強打者。また、1~3番の濱松・甲山・川上の3人は花巻東に劣らない機動力を持っており、彼らの出塁が下関国際の得点を倍増させている。昨夏からの経験者がスタメンで7人残るだけに落ち着いたゲーム運びを見せそうだ。

経験豊富な両チームの対戦。お互い試合巧者であり、終盤までもつれるハイレベルな接戦が期待できそうだ。


岩手vs山口 甲子園対決

春 岩手2勝   山口0勝

夏 岩手1勝   山口1勝

計 岩手3勝     山口1勝

対戦成績は岩手が3勝1敗とリード。1984年の選抜初戦では大船渡のエース左腕・金野投手が多々良学園を完封して4-0と勝利。勢いに乗って4強まで勝ち進み、大船渡旋風と語り継がれることとなった。

 

主な卒業生

花巻東…菊池雄星(西武)、大谷翔平(エンゼルス)、岸里亮佑(日本ハム)、高橋樹也(広島)、千葉耕太(楽天)

下関国際…宮崎敦次(ロッテ)

 

思い出名勝負(2009年選抜甲子園準々決勝)

南陽工

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
0 1 0 0 0 0 3 1 × 5

花巻東

 

南陽工   岩本→中川

花巻東   猿川→菊池

 

この大会屈指の左右の好投手が顔を合わせた準々決勝となった。

花巻東のエース左腕・菊池(西武)の選抜デビューは衝撃的だった。初戦の相手は神宮大会で強打で4強入りした鵡川。エース西藤を中心に体格のよい打者をそろえて円熟期を迎えたと思われた強豪を菊池の剛速球が完全に抑え込んだ。9回1アウトまで無安打の快投で、150キロに迫るストレートとスライダーの前に鵡川打線が手も足も出なかった。一躍注目の存在となった菊池は続く明豊戦でも九州の怪童・今宮(ソフトバンク)が中心の強力打線にヒット9本を浴びながらも完封、2試合無失点の快投で初の8強進出を決めた。

一方の南陽工は2年生ながら将来性豊かな右腕・岩本(阪神―オリックス)を擁しての出場。初戦は駿太(オリックス)を中心に2年生主体の前橋商に3点を先行されるも、4番国広の活躍で4-3と逆転勝利。久々の勝利を飾ると、続く2回戦のPL学園との試合は歴史に残る内容に。なんとPLの左腕・中野の前に9回まで無安打に抑え込まれてしまうが、岩本がPL打線を相手に要所を締めて0封。すると、延長10回についに南陽工打線が目を覚まし、4安打を集中して2点を勝ち越し。裏に1点を返されるものの、反撃を断って津田恒美(広島)を擁した時以来の8強進出を決めた。

 

剛球左腕・菊池と足のある選手をそろえた機動力野球で勝負する花巻東と2年生エース岩本を上位陣を中心に勝負強い打線が支える南陽工といった構図の対戦。力では若干花巻東が上だが、南陽工の無安打に抑えられながらの落ち着いた試合運びのは不気味さを感じさせるものがあった。

ところが、スターティングメンバーを見ると、花巻東の先発はエース菊池ではなく、4番も務める右腕・猿川だった。これには驚かされたが、花巻東が本気で全国制覇を狙っていることがうかがい知れる起用だった。

試合は2回裏に花巻東が相手の失策に1番柏葉のタイムリーを絡めて1点を先制するが、南陽工がすぐに反撃。エースの先発を回避されたことに対する意地なのか、猿川のボールに食らいついて2番竹重の逆転タイムリー3塁打と3番中川の犠飛で3点を取って逆転。竹重は1回戦からことごとく得点に絡んでおり、PLとの試合で初ヒットを放ったのもこの選手。ラッキーボーイぶりを発揮する。

その後は、猿川岩本がともに好投。2人とも真っ向から投げ下ろす角度のあるボールを武器に相手打線を封じ、特に岩本はフォークボールとのコンビネーションが光っていた。花巻東は6回からは菊池に継投。1,2回戦と変わらず力のあるボールで南陽工打線を封じ込める。

すると、7回裏になって徐々に握力の落ち始めた岩本がついに花巻東打線に捕まる。2番佐藤涼平のバントヒットから1アウト2塁のチャンスをつかむと、打席には4番の猿川。自身の失点を挽回せんとする主砲が高めのストレートをとらえた打球は打った瞬間にそれとわかるバックスクリーンへの特大同点2ラン。ここで緊張の糸が切れてしまったのか、この回菊池にも逆転打を浴びて4-3。8回にはリリーフした左腕・中川も捕まって5-3となる。

しかし、南陽工も粘りでは負けていない。最終回に菊池を攻め立てて、またもや2番竹重のヒットなどから2アウト満塁のビッグチャンスを作る。が、最後は菊池の渾身のボールの前に手が出ずに見逃し三振。花巻東が初の4強進出を決めたのだった。

 

花巻東としては、菊池への依存度の高さが常にチームの課題だったが、この試合ではそれを感じさせないほかのナインの活躍があった。この後、準決勝の利府戦でも逆転勝利を収めた花巻東は初めて決勝に進出。この年を境に岩手県は一気に強豪県へとのしあがっていった。

一方、南陽工は敗れはしたものの31年ぶりにベスト8に進出。3試合とも見ごたえのある好ゲームであり、岩本の投球は非常に将来性を感じさせるものだった。その後、翌年の夏には3年生になった岩本を中心に再び甲子園に出場。伝統校が健在であることを示す戦いぶりだった。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.