1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 近大付(南大阪)vs前橋育英(群馬)

投稿日:

近大付(南大阪)vs前橋育英(群馬)

予想  45%  55%


近大付・大石と前橋育英・恩田の左右の好投手対決。しかし、打力と経験の差で前橋育英にやや分があるだろう。

近大付のエース大石は中学時代に全日本代表に選ばれた逸材。140キロ台の速球とスライダーを武器にする本格派だ。大阪大会では決勝で完封勝利を飾り、崩れそうで崩れない安定感を見せた。同じ地区で大阪桐蔭の強力打線と対戦した経験も肥やしにしてきた。前橋育英はチーム打率3割9分台と強力。昨夏の甲子園で2ホームランを放った小池を中心に破壊力を持つ。先手を取って有利に試合を運びたいところだろう。

前橋育英のエース恩田は群馬大会で40イニングを投げて防御率1点台の好投手。140キロ台の速球と切れのある変化球を擁し、安定感のあるピッチングが光る。決勝では健大高崎打線を6安打に抑えて勝利を呼び込んだ。近大付打線は爆発力はないが、勝負強さはある。川瀬・花田の1,2番は相手をかき回すことができ、大体大浪商のエース立石を攻略したように立ち上がりを攻め立てたいところだ。府大会では調子の上がらなかった4番高倉の一発にも期待が高まる。

総合力では前橋育英が上だろうが、近大付が先制点を奪う展開となればわからなくなりそうだ。


大阪vs群馬 甲子園対決

春 大阪2勝   群馬2勝

夏 大阪3勝   群馬3勝

計 大阪5勝     群馬5勝

対戦成績は5勝5敗の五分ながら、春も夏も現在大阪勢がそれぞれ2連勝、3連勝中だ。古くは坂崎大明神の異名をとった4番坂崎を擁する浪商と桐生の選抜決勝、最近では大阪桐蔭と機動破壊の健大高崎の対戦など名勝負を生んできた両府県の対戦。今年はどちらに軍配が上がるか。

 

主な卒業生

近大付…金城龍彦(横浜)、藤井彰人(阪神)、犬伏稔昌(西武)

前橋育英…高橋光成(西武)、細貝萌(サッカー)、山口素弘(サッカー)、松田直樹 (サッカー)

 

思い出名勝負(2014年夏の甲子園準々決勝)

大阪桐蔭

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 0 0 0 2 1 0 5
1 0 0 1 0 0 0 0 0 2

健大高崎

 

大阪桐蔭   福島

健大高崎   川井→松野→高橋

 

2012年の選抜以来の対戦となった両校の顔合わせ。

3年の時を経て健大高崎の機動力はさらに磨きがかかり、3番脇本(ロッテ)を中心に長打力もアップ。群馬県予選では前年夏の優勝投手の前橋育英・高橋光(西武)を攻略して大逆転勝ちを演じ、甲子園でも岩国・柳川や山形中央・石川直(日本ハム)といった好投手を攻略。3年前の選抜で大阪桐蔭の捕手・森友哉(西武)の前に完全に盗塁を封じられた敗戦のリベンジに燃えていた。

一方、大阪桐蔭は前年秋の大阪大会でライバル履正社にコールド負けを喫する屈辱を味わっていた。連続出場は4でストップし、主将・中村を中心に一からチームを立て直してきた。迎えた大阪大会では準決勝で履正社の好投手・永谷を攻略して6-2で快勝。決勝ではかつてのライバルPL学園を大差で下し、3年連続の夏の甲子園出場を果たした。迎えた本戦では開星に初回4点を先行されながら逆転勝利を収めると、2回戦では明徳義塾のを攻略。3回戦も八頭に10-0と大勝して勢いに乗って臨んでいた。

 

試合は立ち上がりから健大高崎が積極的に攻めかかる。初回、1番平山が四球で出塁するとすかさず盗塁。モーションの大きい大阪桐蔭・福島だけあって健大高崎の盗塁は容赦ない。3年前に自分たちの持ち味を出せない消極的な負け方をしていたこともあって、前のめりの攻撃を見せる。犠打で3塁に進むと3番脇本はセンターに大きな犠飛で先制点。健大高崎が初回から圧力をかける。

序盤押され気味だった大阪桐蔭だが、3回表に反撃。9番福島のヒットなどでチャンスを作ると、4番正隋がセンターへ強烈な当たりを放つ。これをセンターの平山がダイブするも届かず、打球は右中間を転々。2者が生還して大阪桐蔭が逆転に成功する。この場面は前のめりな気持ちが裏目に出てしまった。

しかし、大阪桐蔭のマウンドを守る福島も3年前の藤浪(阪神)のような絶対的球威は持ち合わせていない。攻め立てる健大高崎は3回裏に2塁打の脇本を送った後、絶好調の5番柘植がライトへタイムリー。試合はお互い譲らず互角の展開を見せる。

健大高崎としては継投でつなぐスタイルのためなんとか先行して試合を進めたいが、中盤以降の攻撃でなかなか点が入らない。5回には脇本に一瞬ホームランかと思うような打球が飛び出すもライトフライに終わってしまう。

すると、7回表に大阪桐蔭の強力打線が目を覚ます。代わった2番手の右サイド松野を攻め、1アウト1塁から1番主将の中村が引っ張った打球はレフトポール際へ飛び込む2ランホームランで2点を勝ち越し。3年前と同様にホームランで大阪桐蔭が勝ち越しに成功する。

その裏、健大高崎は1番平山が大会最多タイ記録となる8盗塁目を記録。チャンスを作るも、2番星野の痛烈に引っ張ったあたりを大阪桐蔭のファースト正隋がダイビングキャッチ。チャンスの芽を摘まれ、8回表には中村に3打点目となるタイムリーを浴びて万事休す。大阪桐蔭が健大高崎のリベンジを許さず、5-2で準決勝進出を決めた。

 

この年の大阪桐蔭は例年ほどのスター選手ぞろいではなかったが、一度コールド負けから這い上がった分、気持ちの強さを半端なく感じさせるチームであった。準決勝では敦賀気比に初回に満塁弾を浴びるなど5点を先行されるも、じりじりと追い上げて逆転勝ち。決勝の三重戦でも7回裏に粘って試合をひっくり返した。トーナメントを勝ち上がるのはこういうチームなんだと思わせる勝ち方で優勝し、大阪桐蔭の歴史に新たな1ページを加えた年となった。

一方、健大高崎としては3年前の敗戦と比較して十分遣り合える手ごたえを感じた試合だったはず。実際4盗塁を記録するなど、自分たちの良さを出せていた面もあった。ただ、それだけに余計に悔しさの募る敗戦になったことも間違いない。その後もたびたび甲子園に出てきて勝利を収めているが、最後まで勝ち切れない戦いが続いている。しかし、大阪桐蔭も2008年に久々の優勝を果たすまではそういった戦いが続いていたわけで、健大高崎もいつの日か全国の頂点に駆け上がり、そこから黄金時代を築く日が来る可能性は十二分にあるだろう。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.