1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 高知商(高知)vs山梨学院大付(山梨)

更新日:

高知商(高知)vs山梨学院大付(山梨)

予想  50%  50%


神宮王者の明徳義塾を倒した高知商と3年連続出場の山梨学院大付という好チーム同士の対戦。がっぷり四つの好ゲームが期待できそうだ。

山梨学院大付のエース左腕・垣越は投球回数をはるかに上回る三振を奪う本格派。昨年の夏の甲子園も経験しており、落ち着いたピッチングが期待できる、しかし、高知商業打線はあの明徳のエース市川から10得点を挙げており、チーム打率3割9分台と振りは鋭い。7番藤田、9番浜田が打率5割以上をマークするなど下位まで切れ目なく得点力が高い。垣越vs高知商打線が勝負のカギを握っていそうだ。

一方、高知商のエース北代は重いストレートとスローカーブを武器に粘りのピッチングで投げぬいた本格派。馬力のある体格でスタミナは十分だ。山梨学院大付は清峰を率いた吉田監督のもとで丸太トレーニングによって鍛え上げられたパワフル打線を擁する。4番中尾は打率6割越えの強打者だ。過去に山梨学院が敗れたときは打線がなかなか機能しなかったことが多いため、今回は高知商のエース北代に対して狙い球をしっかり絞って攻略したい。

好投手と強力打線を擁した実力校同士の対戦であり、お互いの打線をエースが抑えられるか注目したい。

 


高知vs山梨 甲子園対決

春 高知0勝   山梨1勝

夏 高知1勝   山梨1勝

計 高知1勝     山梨2勝

対戦成績は2勝1敗と山梨がリード。エポックメイキングな試合は夏の第64回大会の高知商vs東海大甲府の試合。2年前に中西清起(阪神)を擁して優勝していた強豪・高知商に対して新鋭の東海大甲府が挑む構図だった。高知商が先行する展開だったが、東海大甲府が高知商の好投手・中脇を攻略して終盤にホームランでに追いつくと最後は9回裏に見事なサヨナラ勝ち。四国の強豪を下したこの一戦から東海大甲府の甲子園での躍進が始まることとなった。

 

主な卒業生

高知商…藤川球児(阪神)、須藤豊(巨人)、江本孟紀(阪神)、鹿取義隆(巨人)、中西清起(阪神)

山梨学院大付…松本哲也(巨人)、伊藤彰(ヤクルト)、苫米地鉄人(広島)、玉山健太(広島)、大島崇行(広島)

 

思い出名勝負(2001年選抜甲子園3回戦)

高知

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
0 8 1 0 0 0 0 1 × 10

市川

 

高知   福山→甲藤

市川   笠井

 

21世紀最初の甲子園の3回戦で対戦した高知高校と市川高校。高知は福山・甲藤(ソフトバンク)、市川は笠井とそれぞれ好投手を擁するチーム同士の対戦となった。

高知は前年秋の四国大会で4強入りしての選抜出場。明徳義塾に押され気味だった中で6年ぶりの選抜出場となった。初戦では初出場の岡山学芸館と対戦。序盤に福山がホームランを浴びて先制を許すも、中盤に打線が爆発。7点を挙げ、福山も140キロ台のストレートとフォークを武器に10三振を奪って快勝。伝統校の貫禄を見せた格好で初戦を突破した。

一方、市川も前年秋の関東大会で4強入り。優勝した常総学院に3-4と接戦を演じ、文句なしの選出となった。エース右腕の笠井は切れのあるスライダーを武器にする好投手で徹底したシャドーピッチングでフォームを固めあげた。打線も勝負強さを併せ持ち、初戦はこちらも初出場の神戸国際大付属を相手に見事な逆転勝ち。相手の2年生エース坂口(ヤクルト)を足でかき回し、5-2で快勝を飾った。

 

好投手同士の投げ合いが期待された試合だったのだが、大勢は序盤で決まってしまった。というか試合が始まる前から決まっていたと言えよう。市川ベンチは高知のエース福山の配球を徹底的に研究。同じ球種が3球続かないことを見破り、序盤から積極的に打って出た。

2回裏に制球にも苦しむ福山から四死球でランナーをためると、村松・高室・笠井と3者連続のタイムリーで加点。さらに4番の依田は狙っていたストレートを完璧にとらえてレフトへの3点ホームランを放ち、大量8得点を奪った。

大量リードに守られた笠井はスライダーを丁寧に内外角に配して好投。高知打線を散発3安打の無死死球に封じ、1失点完投でベスト8進出を決めた。

一方、高知は2番手右腕の甲藤が好投。こちらも力のある速球を武器に市川打線を2点に抑え、全国で実力をアピールした。のちにプロ入りし、ソフトバンクでも活躍した。

市川はその後、準々決勝でエース笠井が仙台育英打線につかまって敗れたが、これで春夏合わせて出場5回のうち4度ベスト8に進出。ミラクル市川と呼ばれた平成3年の4強入り以降もコンスタントに甲子園で結果を残すあたりはさすが名将・渡辺監督に指導された試合巧者であった。試合前のデータ取りなどからも、公立校で恵まれない環境のなかで工夫を凝らして勝ってきた姿が見えた。最近はなかなか出てこれていないが、甲子園でまたあの市川のユニフォームが見たいものだ。

一方、高知は残念ながらこの試合では大敗に終わってしまったが、県内のライバル明徳義塾に負けない存在としてその後も県内に君臨。2013年の選抜では見事に4強入りを果たして復活をアピールした。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.