1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園1回戦 龍谷大平安(京都)vs鳥取城北(鳥取)

投稿日:

龍谷大平安(京都)vs鳥取城北(鳥取)

予想  60%  40%


甲子園100勝を狙う龍谷大平安が総合力で一歩リード。鳥取城北がどこまで食らいつけるか。

エース小寺は昨夏から成長を見せ、京都大会で無失点の好投。昨夏の京都大会決勝で大量失点を喫した悔しさをばねに徹底的にコントロールを磨き、ストレートは140キロ台後半でスライダーとの組み合わせで相手を圧倒した。鳥取城北は打線に自信を持つだけに小寺のストレートとスライダーのどちらかにしっかり狙いを絞って対応したい。3番片山、5番藤原の上位陣に打率6割の忍海部などでチャンスを作りたい。

鳥取城北のエース難波はフォークボールを武器に三振の取れる本格派右腕で、左腕・浦林も変化球の光る好投手。2人とも大崩れするタイプではない。対する龍谷大平安の打線はつながりを重視したことで破壊力が倍増。4番の松田を中心に逆方向へ返す打撃で集中打が飛び出す。乙訓の好投手・川畑を攻略して自信を深めているだろう。鳥取城北の投手陣としては集中打が出ないように気持ちの切り替えはしっかりしていきたい。

投打に充実する龍谷大平安だが、2011年夏には新湊に足元をすくわれた苦い経験も持つ。鳥取城北としてはある程度の点の取り合いを覚悟して臨む展開になりそうだ。


京都vs鳥取 甲子園対決

春 京都0勝   鳥取0勝

夏 京都2勝   鳥取3勝

計 京都2勝     鳥取3勝

対戦成績は鳥取勢が3勝2敗とリードも、現在は京都勢が2連勝中。1993年夏の3回戦では鳥取西・長谷川と京都西・細谷の好投手対決となったが、京都西が終盤の逆転劇で2-1と勝利を収めた。

主な卒業生

龍谷大平安…赤松真人(広島)、炭谷銀仁朗(西武)、酒居知史(ロッテ)、高橋大樹(広島)、高橋奎二(ヤクルト)
衣笠祥雄(広島)、桧山進次郎(阪神)、川口知哉(オリックス)

鳥取城北…能見篤史(阪神)、藤原良平(西武)、川口和久(広島)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.