1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 佐久長聖(長野)vs高岡商(富山)

更新日:

佐久長聖(長野)vs高岡商(富山)

予想  48%  52%

〇5-4  旭川大高  〇4-1  佐賀商


大会史上初のタイブレークを制した佐久長聖と高岡商の北陸対決となった2回戦。お互いを良く知るチーム同士の対戦となった。

佐久長聖は長野大会同様に3投手が登板。先発・は立ち上がりに苦労したものの140キロ台の真っすぐを武器に中盤以降は自分の持ち味を取り戻した。3番手の北畑は県大会での登板は多くはなかったが、こちらも力のある真っすぐを武器に終盤のピンチで力投。史上初のタイブレークでも落ち着いた投球でしのぎ切り、自信をつけただろう。一方、高岡商の打線は佐賀商の好右腕・木村を攻略。6安打に抑え込まれはしたものの、昨年の春夏の甲子園を経験した4番を中心にしぶとい攻撃を見せた。佐久長聖の継投の合間をうまくついた攻撃ができるか。

一方、高岡商はエース左腕山田が140キロ台中盤の真っすぐを武器に好投。制球難といわれていたが、初戦は安定したコントロールを見せていた。初戦の出来ならばそう点は取られないだろう。右サイドの大島はストライクゾーンの横幅をしっかり使ったピッチングでリリーフ成功。2枚看板がいるのは心強い限りだ。対する佐久長聖打線は1番真銅、4番西藤を中心に好調を維持。旭川大高の剛腕・沼田に対してもしっかりストレートをとらえており、山田といえど甘く入ると痛打を浴びそうだ。初戦で見せたセーフティバントのように機動力も使って崩していきたいところだ。

打の佐久長聖と投の高岡商の対戦という図式になりそうだが、山田が本調子ならわずかに高岡商が有利か。注目の北信越対決が幕を開ける。


長野vs富山 甲子園対決

なし

 

主な卒業生

佐久長聖…上野裕一郎(陸上)、佐藤悠基(陸上)、村澤明伸(陸上)、大迫傑(陸上)

高岡商…紺田敏正(日本ハム)、土肥健二(ロッテ)、進藤達哉(横浜)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.