1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園3回戦 大阪桐蔭(北大阪)vs高岡商(富山)

更新日:

大阪桐蔭(北大阪)vs高岡商(富山)

予想  55%  45%

〇3-1   作新学院  〇4-1   佐賀商

〇10-4 沖学園   〇5-4    佐久長聖


V候補の大阪桐蔭だが、3回戦の相手は苦手とする好左腕の山田を擁する高岡商。勝敗の行方は意外とわからないと感じている。

大阪桐蔭は2回戦は根尾が先発。ボールが暴れる中でも力で押し切り、根尾の良さも悪さも両方が出た内容だった。ボールの抑えが効くようになれば、さらに内容は安定しそう。ただ、3回戦の先発は横川・柿木の可能性もあり、だれが出てくるかは読めない状況だ。みな140キロ台後半以上の球威があり、相手バットを押し込める。対する高岡商打線は2回戦で佐久長聖投手陣の球威あるストレートを攻略。7番井林が3安打を放つなど下位まで力がある。無安打に終わった4番筏に一本が出れば、さらに勢いに乗れそうだ。

一方、高岡商はエース左腕・山田が4失点完投勝利。最速140キロ台後半の速球を投げ込む本格派左腕は昨年より制球力が増し、県大会より安定感ある投球をしている。初戦でリリーフした右サイドの大島も控えており、大阪桐蔭の強力打線に挑む。制球ミスを少なくしていきたいところだ。対する大阪桐蔭打線は初戦、2戦目と軟投派の投手と対戦。終盤には攻略したが、中盤までは緩いボールの対応に苦労した。基本的に真っすぐには強い打者が並んでおり、山田でも真っすぐが甘く入ると打ち込みそうだ。右サイドの大島の方が相性が悪い可能性はある。西谷監督がどう采配で動かしてくるかも注目だ。

聴衆はV候補の大阪桐蔭の勝利を予想する中でも、どこかで公立校の番狂わせを期待しているかもしれない。果たして結末はどうなるのか。


大阪vs富山 甲子園対決

春 大阪0勝   富山0勝

夏 大阪3勝   富山1勝

計 大阪3勝     富山1勝

対戦成績は大阪勢が3勝1敗とリード。1987年の3回戦では立浪(中日)らを擁して春夏連覇を狙うPL学園が進藤(横浜)を擁する高岡商と対戦。初回に4番深瀬の3ランで先制すると、エース野村(横浜)が甲子園で初となる完封で4-0と快勝した。富山勢唯一の勝利は第40回大会の魚津高校。エース村椿が浪華商打線を完封し、この大会でベスト8まで進出した。準々決勝では板東英二擁する徳島商と延長18回再試合を戦い、大会史に名を刻んだ。

 

主な卒業生

大阪桐蔭…中村剛也(西武)、岩田稔(阪神)、西岡剛(阪神)、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)
浅村栄斗(西武)、山足達也(オリックス)、藤浪晋太郎(阪神)、澤田圭佑(オリックス)、森友哉(西武)

高岡商…紺田敏正(日本ハム)、土肥健二(ロッテ)、進藤達哉(横浜)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.