1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 愛工大名電(西愛知)vs白山(三重)

更新日:

愛工大名電(西愛知)vs白山(三重)

予想  60%  40%


東海地区同士のお隣さん対決。ともに強打を誇る両チームの対戦は総合力で愛工大名電が優位に立つ。

愛知大会を圧倒した攻撃力はすさまじく柳本・西脇ら左の強打者が並ぶ。決勝で東邦の強力打線に打ち勝ったことは大きな自信になるだろう。バント主体の攻撃を捨てた強打の名電に注目が高まる。白山の投手陣は山本・岩田の2本柱で勝負。最少失点に抑えていきたいところだが、おそらく5点ほどの失点は覚悟する展開となりそうだ。

白山が勝つためには打ち合いに持ち込むことが肝要。上位打線を中心に長打力があり、攻撃力では引けを取らないだろう。特にトップを打つ栗山は出塁率が高く、塁に出れば果敢に走ってくる。愛工大名電のエース秋山は強気の投球が光る好投手。多彩な変化球を持つ左腕・室田も控える。白山の強力打線を相手に臆することなく攻めのピッチングを見せていきたい。

愛工大名電としては1988年夏以来の甲子園勝利を狙う。昭和最後の年に白星を挙げており、平成最後の年も白星で飾れるか。白山はもちろん勝てば甲子園初勝利。シンデレラストーリーは続いていくか。


愛知vs三重 甲子園対決

春 愛知0勝   三重0勝

夏 愛知0勝   三重1勝

計 愛知0勝     三重1勝

対戦は1955年夏の準決勝に一度のみ。四日市が中京商(現中京大中京)を6-1で下し、決勝で坂出商を倒して初優勝。これが三重県勢唯一の夏の優勝となっている。

 

主な卒業生

愛工大名電…十亀剣(西武)、堂上直倫(中日)、谷口雄也(日本ハム)、濱田達郎(中日)、東克樹(DeNA)
工藤公康(ソフトバンク)、山崎武司(中日)、イチロー(マリナーズ)

白山…奥田和男(中日)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.