1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 日大三(西東京)vs奈良大付(奈良)

投稿日:

日大三(西東京)vs奈良大付(奈良)

予想  52%  48%

〇16-3        〇4-1  羽黒


ともに打線に自信を持つチーム同士の対戦。投手層の厚さで経験値でやや日大三が上か。

奈良大付のエース木村は決め球のスライダーを武器に1失点完投勝利。四死球は2とコントロールが非常に安定しており、一発のある羽黒打線に対して丁寧な投球が光った。日大三の強力打線に対しても同じように攻めていきたい。対する日大三打線は強力打線復活を告げる猛打爆発。折尾愛真投手陣の制球が乱れたとはいえ、上位から下位まで振りの鋭い打線は今大会でも上位に位置するものだった。4番大塚に終盤に一発が飛び出したのも好材料だろう。奈良大付からも5点は取って主導権を握りたいところだ。

一方、日大三投手陣はエース格の中村が復活の投球。さらに左腕の河村も変則フォームからの投球が安定しており、投手陣の枚数は豊富。力のある真っすぐを活かす投球ができるかがカギを握りそうだ。対する奈良大付打線も出場校中トップのチーム打率を残したことがわかる強力打線。1番宮川、2番植垣、3番東郷の左打者3人で計8安打を放って相手投手陣を攻略した。日大三の投手のストレートも力負けせずにはじき返しそうで、こちらも少なくとも3~4点は奪うのではないだろうか。

奈良大付としては初勝利の呪縛からも解かれ、プレッシャーなく向かっていけるだろう。迎え撃つ日大三の方が重圧を感じるか。


東京vs奈良 甲子園対決

春 東京6勝   奈良5勝

夏 東京3勝   奈良4勝

計 東京9勝     奈良9勝

対戦成績は五分五分も近年は東京勢が5連勝中。2007年の選手権では帝京の左腕・垣ケ原が仙台育英の剛腕・佐藤由(ヤクルト)を打ち崩した智辯学園打線を7安打完封。見事な投球でチームを8強に導いた。この流れのまま今回も東京勢が勝つのか、それとも奈良勢がまったをかけるのか…

 

主な卒業生

日大三…近藤一樹(ヤクルト)、荒木郁也(阪神)、関谷亮太(ロッテ)、吉田裕太(ロッテ)、山崎福也(オリックス)
高山俊(阪神)、横尾俊建(日本ハム)、坂倉将吾(広島)、櫻井周斗(DeNA)

奈良大付…八馬幹典(横浜)、歌藤達夫(オリックス)

 

思い出名勝負(2009年選抜甲子園1回戦)

天理

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 1 2 0 0 0 3
0 0 2 1 0 0 0 0 4

早稲田実

 

天理     中山

早稲田実   小野田→鈴木

 

近畿大会優勝の天理と斎藤佑樹(日本ハム)を擁して全国制覇を成し遂げた時以来の出場となる早稲田実。屈指の好カードが2009年1回戦で実現した。

天理は前年秋の近畿大会で優勝し、神宮大会でも準優勝。突出した選手こそいないものの、エース中山や左腕・沼田など複数の持ち味の違う投手を擁した投手陣は失点が計算でき、西浦・西川・安田・内野など力のある打者が並ぶ打線もつながりがあった。神宮の初戦では中京大中京と対戦。エース堂林(広島)が投げなかったとはいえ、この年の夏の優勝チームを9-1とコールドで下し、力を見せていた。1997年以来12年ぶりの優勝を狙える戦力だった。

一方、早稲田実は2006年の夏の優勝を見て入ってきた世代が中心となって躍進。都大会決勝では国士館に惜敗したものの、小野田・鈴木の2年生投手2人を擁する投手陣は将来性豊かで、主将・中野を中心とした打線も力があった。東京都大会を優勝した国士館より選手個々のポテンシャルは上回っていた印象で、影の優勝候補ともいわれていた。

 

試合は序盤、早稲田実のペースで進む。3回裏に天理の先発・中山が2四球でランナーをためると、3番の土屋がタイムリー2塁打を放ち、2点を先制。投手陣を盛り立てる2年生捕手が最高の仕事をして、先発・小野田に先制点をプレゼントする。

さらに4回裏にはエース小野田のバットが火を噴く。中山の甘く入ったボールをとらえて打球はレフトスタンドへ飛び込むホームランで3-0とリードを広げる。投げても4回まで無失点に封じ込め、前半は完全に小野田が試合を支配していた。

しかし、近畿王者の天理も黙ってはいない。5回表にエース中山のタイムリー3塁打で1点を返し反撃開始。続くスクイズは失敗に終わるものの、6回表には2番原田・3番徳山・4番西浦・5番安田の4連打で同点。持ち前の強力打線が前半押され気味だった小野田の真っすぐを完璧にとらえだした。

しかし、7回に入ると早稲田実はエース小野田からもう一人の2年生右腕・鈴木にスイッチ。小野田と違って技巧派の鈴木には完全に封じられ、後半3イニングは1安打のみ。流れを徐々に早稲田実に引き込む。

すると、6回以降早稲田実をノーヒットの抑えていた天理のエース中山がつかまってしまう。4番がセンターヒットで出塁。犠打で送ると、打席にはマウンドを降りたエース小野田中山の初球の変化球を見事にとらえた打球はレフト線に落ちるサヨナラのタイムリー。早稲田実が競り合いをものにして2回戦進出を決めた。

 

この勝利で勢いに乗った早稲田実は2回戦も富山商に完勝。準々決勝で利府に敗れたものの、2年生主体のチームで2勝を挙げた。小野田・鈴木が3年生となったチームは翌年夏に出場を果たし、前年夏の優勝校・中京大中京を大差で下すなどして2勝をマークした。斎藤佑樹で出場を果たすまで10年間甲子園から遠ざかった早稲田実だったが、あの年を境にのびのび野球で再び甲子園に姿をみせるようになった。

一方、優勝を狙って乗り込んできた天理はまさかの初戦敗退。実力は全く遜色なかったが、前半受け身の戦いをしてしまったことが最後まで響いた。天理はこの春から5季連続の甲子園出場を果たし、毎回優勝候補に名を連ねていたにも関わらず、計2勝どまり。実力はありながらなかなか勝てない戦いが続き、この時期は名門が全国の壁に来るしんだ時代であった。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.