1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 星稜(石川)vs済美(愛媛)

更新日:

星稜(石川)vs済美(愛媛)

予想  55%  45%

〇9-4   藤蔭   〇5-4  中央学院


開幕戦を大勝で制した星稜と接戦を勝ち抜いた済美の対戦。総合力で星稜が一歩リードしているか。

星稜の2年生エース奥川は開幕戦の緊張感もある中で、8回を4失点にまとめる好投。伸びのある速球を武器に安定した内容であった。2戦目はエース竹谷の登板もあるかもしれないが、済美が勝つにはどこかで奥川との対戦を想定しておかなくてはならないだろう。済美は初戦で中央学院の右サイドハンドの西村に対してセンター返しの打球で攻略。特に1番矢野は4安打を放ち、チャンスメークの役割を果たした。4番池内に当たりが出ればなお心強いところだ。奥川の速球に差し込まれないように対応したい。

一方、済美のエース山口直は初戦で中央学院を4失点完投。立ち上がりの緊張を通り抜けると、中盤以降は低めへの制球力がどんどん増していった。特にスライダーは切れのあるボールで小柄ながら、ボールにキレのある好投手だ。対する星稜打線は県大会に引き続き好調をキープ。4番南保、5番竹谷は少し粗さが目立つ打席もあったが、7番鯰田が3安打を放つなど打線全体で振りの鋭さを見せた。3番の1年生ショート内山に1本出ていることも大きい。出場校中でも上位クラスの打線であり、山口直としては高低の間違いは侵さないようにしたい。

済美としてはエース山口直の好投は勝利への絶対条件だ。星稜は南保・竹谷らの左打者が決め球のスライダーを攻略したいところだ。


石川vs愛媛 甲子園対決

春 石川0勝   愛媛1勝

夏 石川0勝   愛媛1勝

計 石川0勝     愛媛2勝

対戦は愛媛勢の2勝。ともに川之江高校が勝利を挙げている。今回の結果はいかに…

 

主な卒業生

星稜…山本省吾(オリックス)、松井秀喜(ヤンキース)、高木京介(巨人)、島内宏明(楽天)、北村拓己(巨人)、岩下大輝(ロッテ)

済美…福井優也(広島)、鵜久森淳志(ヤクルト)、安楽智大(楽天)

 

思い出名勝負(2013年夏の甲子園1回戦)

高知

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
0 0 0 1 1 0 0 0 0 2

済美

 

川之江   武村→鎌倉

遊学館   小嶋

創部2年目で甲子園出場を果たした遊学館と強豪を連破して勢いに乗る川之江が2002年夏の準々決勝で対戦した。

遊学館は1,2年生のみのチームで夏の石川大会を勝ち抜いて見事甲子園出場。決勝では金沢高校を相手に6点差をひっくり返す反発力を見せた。2年生左腕の小嶋(阪神)はしなやかなフォームから繰り出すストレートを武器に三振の取れる好投手。甲子園では桐生市商、興誠から2試合で29三振を奪い、実力の高さを示した。打線も4番の行田が甲子園通算1000号を放つなど、2戦連続で8得点。下級生ながらチーム力は他のチームに全く引けを取っていなかった。

一方、川之江は速球派サイドスローの鎌倉健(日本ハム)がマウンドに仁王立ち。愛媛大会を危なげなく勝ち上がると、甲子園初戦でも仙台西を相手に140キロ台の速球とスライダーで2桁三振を奪って貫禄を示した。迎えた2回戦はV候補の浦和学院と対戦。選抜優勝の報徳学園を破って勢いに乗る強豪を相手に鎌倉がつかまって一時4点のリードを許すも、8回裏に打線が一気の集中打で同点に。最後は3番藤原のサヨナラヒットで強敵をうっちゃった。3回戦では2試合連続完封のエース清原を温存してきた桐光学園に対して打線が2ホームランで意地を見せ、最後はおいすがる相手を振り切って4-3で接戦をものにした。

 

両エースの投げ合いが注目された試合だったが、試合を左右したのは第三の男だった。川之江は浦和学院戦でもリリーフ登板していた左腕・武村が先発。上位に左打者の並ぶ遊学館打線に対して武村がランナーを背負いながらものらりくらりと抑えて好投。序盤3回を無失点で切り抜ける。

一方、立ち上がり2回で3三振と好調なスタートを切った遊学館・小嶋だったが3回に落とし穴が待っていた。川之江は武村のヒットから2アウト3塁のチャンスをつかむと、2番和田が三遊間を破って先制。ここから3番藤原、4番三好、5番高石とつながってまさかの4連打。小嶋としてはエアポケットにはまったようなイニングだった。

エースを援護したい遊学館打線は中盤になってようやく川之江の武村をとらえ始める。4回裏に行田・浜村のヒットで1点を返すと、5回裏には2番藤原のセンター前タイムリーで3-2と1点差に迫る。しかし、続くチャンスで行田の痛烈な当たりはショートライナーになり、あと一本が出ない。

すると、6回からエース鎌倉健がマウンドへ。大会初めてのリリーフ登板となったが、今大会一と言ってもいい内容のピッチングを見せる。140キロ台の速球とスライダーがこの日は低めにことごとく決まり、猛打を誇っていた遊学館打線が全く手が出ない。頼みの4番行田のとらえた当たりもセカンドライナーに終わり、結局6回から9回の4イニングで一人のランナーも出さないパーフェクトリリーフ。遊学館・小嶋も4回以降は失点を許さなかったが、川之江が3-2で初の準決勝進出を決めた。

 

川之江はゲーム前のプラン通り、武村鎌倉のリレーで遊学館打線を寸断。重沢監督としても会心の投手起用だっただろう。打線も3回のワンチャンスを活かして3得点。点差こそ1点差だったが、この日はやることなすことすべてうまくいったと言ってもいい内容の試合であった。準決勝では同じ四国の明徳義塾に大敗を喫したものの、学校の歴史を塗り替える大会となった。

一方、遊学館はチーム力では全く劣っていなかったが、この日は川之江にうまく攻められてしまった印象。打線も軟投派左腕・武村から2点しか奪えなかったことが響いた。それでも1,2年生主体のチームでの夏8強は素晴らしい結果で高校野球界を驚かせるものであり、翌年に期待を持たせる内容であった。しかし、期待のかかった翌年夏は県大会で金沢の前に1-5で完敗。経験者がいたからと言って必ずしも勝てるわけではない、高校野球の難しさを感じさせた。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.