1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 横浜(南神奈川)vs花咲徳栄(北埼玉)

投稿日:

横浜(南神奈川)vs花咲徳栄(北埼玉)

予想  51%  49%

〇7-0   愛産大三河 〇8-5  鳴門


昨夏の王者・花咲徳栄と名門・横浜。関東が誇る両雄が早くも2回戦で激突することとなった。

花咲徳栄のエース野村は初戦は不本意な内容のピッチング。長身からの角度あるストレートとスライダーを武器に粘投したものの、序盤から甘いボールをとらえられた。もともと投手としての経験は浅いだけに甲子園では野村以外の投手の踏ん張りも不可欠。状況に応じて早めの継投も考えなくてはならないか。横浜打線は斎藤内海河原木と3本のホームランが飛び出し、今年もパワフルな打壁を見せる。平田監督になってからのびのびとした攻撃に変わってきており、選手個々の能力の高さをぶつける攻撃に感じる。あとは4番万波に一本が出ることに期待したい。

一方、横浜のエース板川は安定感抜群で無失点ピッチング。140キロ台の真っすぐを安定したコントロールで投じ、打たれると崩れだす悪癖も見られなかった。初戦の投球を見る限り、付け入るスキのない内容である。対する花咲徳栄打線は鳴門の左腕・西野の好投に苦しんだものの、終盤に見事な集中打で逆転。特に7番の1年生井上は3安打を放つ活躍で、2回戦以降も期待大の選手だ。4番野村に一発が飛び出したのも好材料。昨年同様にハンマートレーニングで鍛え上げたリストの強いバッティングで横浜投手陣にも襲い掛かりたい。

現在のチーム状況を鑑みるに少し、横浜が有利かとも思われるが、打撃戦になれば花咲徳栄にも勝機は十分ありそうだ。


神奈川vs埼玉 甲子園対決

春 神奈川0勝   埼玉0勝

夏 神奈川3勝   埼玉1勝

計 神奈川3勝     埼玉1勝

対戦は夏のみで神奈川勢が3勝1敗とリード。埼玉勢の唯一の勝利は第57回大会の上尾と東海大相模の試合。原辰徳(巨人)の活躍で東海大相模が4-2とリードしていたが、終盤に上尾が3得点で逆転勝ち。選抜準優勝校相手に埼玉の名門が勝利を収めた試合だった。

 

主な卒業生

横浜…後藤武敏(DeNA)、松坂大輔(中日)、成瀬善久(ヤクルト)、涌井秀章(ロッテ)、福田永将(中日)
淺間大基(日本ハム)、倉本寿彦(DeNA)、筒香嘉智(DeNA)、近藤健介(日本ハム)、藤平尚真(楽天)

花咲徳栄…愛斗(西武)、高橋昂也(広島)、岡崎大輔(オリックス)、清水達也(中日)、西川愛也(西武)

 

思い出名勝負(2015年夏の甲子園準々決勝)

花咲徳栄

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 1 0 0 0 0 0 3
0 1 0 1 0 0 0 1 4

東海大相模

 

花咲徳栄    鎌倉→高橋

東海大相模   吉田→小笠原

 

小笠原(中日)、吉田(オリックス)の左右の2枚看板を擁する東海大相模が準々決勝で迎えた相手は同じ関東勢の花咲徳栄。優勝に向けて大きな関門を迎えた試合となった。

というのも、この一年間関東地区のトップを走ってきたのは浦和学院だった。秋春と関東大会を制覇し、神宮準優勝、選抜4強と安定した成績を残してきた。エース左腕江口はチェンジアップを武器に好投を続け、打線も3番津田を中心に強打者ぞろい。春季関東大会では東海大相模と直接対決で4-0と圧勝した。江口小笠原の投球を比較しても、完成度の差がみられる結果となった。

ところが、その浦和学院は埼玉大会準決勝でノーマークの白岡に1-4とまさかの敗退。その白岡を決勝で破ったのが花咲徳栄であった。花咲徳栄は甲子園でも三沢商業・鶴岡東を順当に下してベスト8進出。東海大相模にとっては学校こそ違うものの、同じ埼玉勢として意識せざるをえない相手であった。

 

試合は立ち上がりから両チームが激しく攻め合う展開。2回裏に東海大相模が5番磯網、6番長倉、7番竹内の3連打で1点を先制するも、3回表に花咲徳栄がすぐさま反撃。2番太田、3番岡崎(オリックス)の連打であっという間に同点に追いつくと、岡崎の盗塁でチャンスを広げて4番大滝(西武)が打席へ。吉田の決め球のスライダーをとらえた打球はライト線に落ちる勝ち越しタイムリーとなり、花咲徳栄が逆転に成功する。

この日の吉田は生命線のスライダーが甘く入ってなかなか本来のピッチングができない。4回表にも3塁にランナーを背負うと暴投で追加点。さらに9番上村、1番久々宇に連打を浴び、ここでたまらず相模ベンチは小笠原をマウンドに送る。ただ調子が悪かったとはいえ、吉田を序盤で攻略するあたりは、この年の埼玉勢のレベルの高さを感じさせるものがあった。

4回裏に東海大相模は花咲徳栄の先発右腕・鎌倉を攻めて5番磯網の2塁打で1点差に詰め寄るも、その後は継投した2番手の左腕・高橋昴(広島)を攻めあぐねる。6回裏には磯網のセンター後方への打球を花咲徳栄のセンター大滝に好捕され、流れをつかみきれない。

試合はそのまま終盤に突入し、8回表に花咲徳栄は4番大滝のヒットなどで満塁のチャンスを作る。大滝はコンパクトな打撃で吉田小笠原の2人からヒットを放ち、センスの高さを見せつける。その後、満塁までチャンスを広げるも9番高橋は投手ゴロに打ち取られて無得点。この回1点でも入っていれば勝利は花咲徳栄のものだったかもしれない。

8回裏、東海大相模は4番豊田のヒットから1アウト2塁のチャンスを作ると、投手・高橋の牽制球がボークと判定されてランナーは3塁へ。6番主将の長倉がしっかりレフトへ打ち上げて相模がついに同点に追いつく。花咲徳栄としてはあまりに痛い同点劇だった。

追いついた相模の勢いは9回も持続。失策のランナーを2塁に進めると、3番杉崎高橋のアウトコースのボールをとらえた打球はレフト線に落ちるサヨナラタイムリー2塁打。東海大相模が死闘を制して、ベスト4進出を決めた。

 

東海大相模はこの後、関東一・仙台育英を連破して45年ぶりの優勝。優勝後に試合を振り返ってみると、やはりこの試合が大きな関門だったことは間違いないだろう。右のエースが攻略された中で、チーム力でカバーした勝利であった。Wエースと強力打線を擁し、前年に亡くなっていた故・原貢監督に捧げる見事な優勝であった。

一方、花咲徳栄はジャイアントキリングまでもう少しに迫る素晴らしい戦いぶり。翌年も優勝校の作新学院に敗れたが、高いチーム力を維持して昨年は3年連続の出場。攻撃野球で常に主導権を握り、清水(中日)・綱脇の2枚看板も安定していて、準決勝の東海大菅生戦以外は圧勝の連続。しかし、その強さは前年・前々年と優勝校に敗れた経験が活かされたものでもあったのは間違いないだろう。

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.