1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園2回戦 聖光学院(福島)vs報徳学園(東兵庫)

更新日:

聖光学院(福島)vs報徳学園(東兵庫)

予想  52%  48%


2回戦最初のカードは強豪同士の激突。実力伯仲の好勝負が期待される。

聖光学院は矢吹・須田・五味の中軸を中心に高い攻撃力を誇り、出場校中でも上位に入る破壊力を持つ。田野・横堀ら機動力の使える面々もおり、この打線を0に封じきるのは至難の業だろう。ここ10年で最高の攻撃力と斎藤監督も自信を隠さない。報徳学園はエース左腕の渡辺友が立ち上がりをうまく乗り越えて丁寧に投げていきたいところ。制球を乱すと一気に試合が決まってしまう可能性もあるだけに注意深く投げて3~4点に抑えていきたい。

一方報徳学園の打線はチーム打率こそ高くないものの、強豪との対戦が続いていたこともあって決して打力は低くない。1番小園は打って走れるスター選手で一発放り込む力も持っている。彼の出塁はチームに勢いを与えるため聖光学院としては避けたいところだ。中軸の長尾・神頭に当たりが出ればさらに心強い。聖光学院はエースの衛藤が万全の状態で臨めば失点はそれなりに抑えられそうだ。選抜時の不調からは抜け出し、県大会では安定感抜群の投球だった。高坂・上石ら控え投手陣も充実している。

総合力で少し聖光学院に分がありそうだが、報徳学園も地元の大声援を背に戦うアドバンテージがある。全く読めない展開だ。

 


兵庫vs福島 甲子園対決

春 兵庫2勝   福島1勝

夏 兵庫4勝   福島2勝

計 兵庫6勝     福島3勝

対戦成績は兵庫勢が6勝3敗とリードも、近年は聖光学院が2勝を挙げるなど、五分五分の勝負となっている。思い出深いのは1997年夏の1回戦の報徳学園vs日大東北。選抜4強で優勝候補の報徳学園がホームラン攻勢でリードすれば、日大東北も後半にビッグイニングを作って逆転する白熱の展開。最後は延長10回裏に日大東北の1年生投手・伊藤が満塁から押し出し四球を出して報徳学園がサヨナラ勝ち。しかし、前評判では圧倒的に報徳が有利な中で善戦した日大東北には万雷の拍手が送られた。

主な卒業生

報徳学園…山崎勝己(オリックス)、大谷智久(ロッテ)、田村伊知郎(西武)、岸田行倫(巨人)、片山博視(楽天)
清水直行(ロッテ)、水沼四郎(広島)、谷村智博(阪神)、松本匡史(巨人)、金村義明(近鉄)

聖光学院…横山貴明(楽天投手)、歳内宏明(阪神投手)、園部聡(オリックス内野手)、八百板卓丸(楽天外野手)

 

思い出名勝負(2014年夏の甲子園1回戦)

神戸国際大付

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
0 0 1 0 0 0 1 0 × 2

聖光学院

 

神戸国際大付   黒田→高橋→脇田

聖光学院     今泉→船迫

 

2014年の初戦で聖光学院と神戸国際大付という実力校が対戦。聖光学院2007年選抜の市川戦、2008年夏の加古川北戦に続いて3度目の兵庫勢との対戦となった。

この年の聖光学院は2012年のエース岡野や、2013年の4番園部(オリックス)のようにスター選手はおらず、県内でも苦しい戦いが続いていた。しかし、チーム一丸となって局面を打開する野球で決勝ではライバル日大東北相手に9回裏に4点差を追いつく奇跡の同点劇。延長戦をサヨナラ制して、8年連続となる代表の座をつかんでいた。

一方、神戸国際大付は悲願の夏初出場を達成。大西(ソフトバンク)有元を擁しながら決勝で敗れた2005年の夏のように何度も上位に進みながら壁に跳ね返されてきたが、ようやく出場の夢をかなえた。怪我から復帰したエース黒田はスライダーを武器に好投を披露。打線も3番高橋を中心に長打力のある面々が揃い、強力打線で上位進出をうかがっていた。

 

試合は1回表に神戸国際大付が3番高橋のライトオーバーの3塁打でいきなりチャンスを迎えるも、4番竹村が凡退して無得点。その裏、聖光学院も制球の定まらないエース黒田から2アウト満塁のチャンスを作るも、こちらも6番飯島がスライダーをとらえきれずに空振り三振に終わる。

聖光学院の先発・今泉は春以降急成長した2年生投手。球威・球速はさほどでもないものの、右打者のインサイドを突くコントロールを持っており、神戸国際大付の強力打線になかなかいい当たりを生ませない。

すると、3回裏に序盤押し気味の聖光学院が先制する。3番柳沼のヒットなどからチャンスを作ると、6番飯島がスクイズを敢行。これが見事に決まって試合を動かすことに成功する。

しかし、野球というゲームは得点が入ると一気に動くもの。そのあとの攻撃で神戸国際大付も4番竹村が四球で歩くと、県大会で当たりの少なかった5番飯迫が左中間を完璧に破るタイムリー3塁打を放って同点に追いつく。初回の3番高橋もそうだが、いい当たりを放つのは左打者であり、攻撃のカギを握っていそうだった。

その後は神戸国際の黒田がスライダーを軸に球数が多くなりながらも抑えれば、聖光学院・今泉は内外角を丁寧に投げ分ける投球で神戸国際大付打線を沈黙させる。投げていて攻撃にリズムを持ってこれそうな投球をしているのは今泉の方だった。

すると、7回裏に聖光学院が再び試合をリードする。3番柳沼の死球などから2アウト1,2塁のチャンスを作ると、6番石垣の当たりは詰まりながらもライト線へ落ちるタイムリー2塁打。聖光学院が大きな勝ち越し点を手にする。

その直後の8回表の攻撃で神戸国際大付は聖光学院の右サイドハンドの船迫から上位打線が1アウト1,2塁のチャンスを作り、打席には4番の右打者の竹村。しかし、ここはアウトコースのボールを打たされて投手ゴロ併殺に終わり、絶好のチャンスを逃す。

結局、聖光学院は技巧派投手2人の継投で神戸国際大付を6安打1点に抑えて会心の勝利。5年連続となる甲子園初戦突破を果たした。

 

 

その後、聖光学院は佐久長聖・近江を連破して8強入り。近江戦は9回裏にスクイズなどで逆転サヨナラに持ち込んだ会心の勝利だった。聖光学院の歴史上でも1大会3勝を挙げたのはこのチームのみ。スター不在といわれた中、チーム力で手にした快挙だった。

一方、神戸国際大付は念願の夏の甲子園だったが、初戦敗退。エース黒田は制球に苦しみ、7回で120球となかなかリズムをつかめなかった。打線も兵庫大会を圧倒した打棒は見られず仕舞で、聖光学院との甲子園経験の差も出たような試合となった。その後、2017年に2度目の出場を果たし、初勝利を飾った。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.