1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園3回戦 金足農(秋田)vs横浜(南神奈川)

投稿日:

金足農(秋田)vs横浜(南神奈川)

予想  51%  49%

〇5-1    鹿児島実 〇7-0  愛産大三河

〇6-3   大垣日大  〇8-6  花咲徳栄


大会No.1右腕の金足農・吉田輝と名門・横浜の激突。3回戦屈指の好カードだ。

金足農・吉田輝は2回戦でも強豪・大垣日大から13奪三振で完投勝利。序盤から中盤は変化球でしのぎ切り終盤は140キロ台後半の速球で押す投球で強豪を圧倒。3点は取られたものの、1試合トータルで見ると抑えきった印象の試合だった。横浜を相手にしてもこのような見下ろすピッチングができるか。対する横浜打線は2回戦で花咲徳栄の野村を攻略。甘めに入るストレートを逃さずとらえた。4番万波がいまだノーヒットなのは気がかりだが、3番斎藤や5番内海がカバー。長打力は高く、吉田輝の制球ミスしたボールを逃さずたたいていきたい。

一方、横浜投手陣は2回戦で2年生左腕の及川が先発。試合を作ることには成功したが、中盤に2ホームランを浴びるなど球威の割にはボールを運ばれている印象もある。終盤には2点差に迫られてあわやの場面もあり、展開的に受け身になった時のもろさも見られた。相手の集中打は防ぎたいところ。対する金足農打線は2回戦もコツコツとバントを絡める手堅い野球で6得点。ホームランで勝ち越し点を奪ったが、基本はコツコツと単打を連ねる打線だ。ミート力の高い打撃で甘いボールは逃さないため、横浜投手陣といえども決して油断はできない。エースが吉田輝だけに1点の価値が2倍3倍になるのが金足農の攻撃だ。1点1点刻んでいけるか。

吉田が本領を発揮すれば、横浜といえども攻略は簡単ではないはず。逆に攻略がかなったときは横浜の勝利が大きく近づきそうだ。


神奈川vs秋田 甲子園対決

春 神奈川0勝   秋田1勝

夏 神奈川1勝   秋田0勝

計 神奈川1勝     秋田1勝

対戦成績は1勝1敗の五分。平成2年は前年4強の秋田経済大付と横浜商の強豪対決。好左腕・中川と名将・古谷監督率いるY校の駆け引きは息詰まる接戦となったが、最後は延長戦の末に横浜商が勝利。この大会屈指の好ゲームだった。

 

主な卒業生

金足農…石山泰稚(ヤクルト)、小野和幸(西武)、足利豊(ダイエー)

横浜…後藤武敏(DeNA)、松坂大輔(中日)、成瀬善久(ヤクルト)、涌井秀章(ロッテ)、福田永将(中日)
淺間大基(日本ハム)、倉本寿彦(DeNA)、筒香嘉智(DeNA)、近藤健介(日本ハム)、藤平尚真(楽天)

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.