1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園3回戦 浦和学院(南埼玉)vs二松学舎大付(東東京)

投稿日:

浦和学院(南埼玉)vs二松学舎大付(東東京)

予想  55%  45%

〇9-0   仙台育英  〇5-2   広陵


ともに初戦は強打で快勝を飾った両チーム。投手力の差で浦和学院が有利か。

浦和学院は初戦はエースの渡邉が好投。最速140キロ台後半の速球とカットボールを武器に仙台育英打線を翻弄。大谷翔平に少し似たフォームには安定感があり、次戦も好投が期待できそうだ。左の永島も好投を見せており、後ろの投手陣も充実している。対する二松学舎大付打線は広陵のエース森悠を攻略。3番平間、4番保川を中心に相手の制球ミスを逃さない攻撃を見せた。さすが東東京を打力で勝ち抜いただけのことはある打線だ。相手が浦和学院とあって守りである程度の失点は覚悟しなくてはならないだけに5点ほどは取っておきたいところだ。

一方、二松学舎大付属投手陣は苦戦が予想された投手陣が好投。特に2番手の岸川はストレートを武器に強打の広陵打線を封じ込め、今後を見据えても大きな好投を見せた。次戦も継投は必須になるだろう。対する浦和学院打線は4番の蛭間に一発が飛び出すなど振りの鋭さが目立ち、上位から下位まで切れ目なくヒットが飛び出した。。ストライクボールを逃さない積極性も目立ち、ひと昔前の浦和学院に見られたような攻撃のちぐはぐさはなさそうだ。二松学舎も得点力が高いだけにこちらも5点当たりは取ることが期待される。

レベルの高い関東地区同士の対戦。8強入りを果たすのはどちらになるか。


埼玉vs東京 甲子園対決

春 埼玉1勝   東京3勝

夏 埼玉1勝   東京2勝

計 埼玉2勝     東京5勝

対戦成績は東京勢が5勝2敗とリード。昨夏の準決勝では花咲徳栄が東海大菅生を延長戦で撃破。初優勝へ大きな弾みをつけた一戦となって。今年も埼玉勢が勝つか、はたまた東京勢がやり返すか…

 

主な卒業生

浦和学院…大竹寛(巨人)、今成亮太(阪神)、豊田拓矢(西武)、坂本一将(オリックス)、榊原翼(オリックス)

二松学舎大付…鈴木誠也(広島)、大江竜聖(巨人)、永井敦士(広島)、初芝清(ロッテ)、小杉陽太(DeNA)

 

思い出名勝負(2017年夏の甲子園準決勝)

花咲徳栄

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 2 1 0 0 0 2 0
2 1 1 0 0 0 0 0 2

東海大菅生

10 11
0 3 9
0 0 6

 

花咲徳栄  綱脇→清水

東海大菅生  松本→戸田→山内

 

2017年の準決勝第二試合は練習試合でも対戦のある関東勢同士の顔合わせとなった。

東海大菅生はエース松本を中心にレベルの高い投手陣を擁して西東京大会を制覇。全国的に見ても優勝候補だった日大三と早稲田実を倒しての甲子園出場であり、特に決勝では完全に早稲田実寄りだった球場のムードに負けることなく冷静に押し切る強さを見せた。甲子園では松本・戸田の2枚看板が好投。打線も上位陣を中心に7ホームランが飛び出す破壊力を見せて初の4強入りを決めていた。

一方の花咲徳栄は一昨年が東海大相模、昨年が作新学院といずれも3試合目で大会の優勝校に敗退。打力の差を痛感したチームはハンマートレーニングでリストの強化に努め、実力を高めてきた。太刀岡・千丸・西川の左打者3人を中心に相手をかき乱す攻撃力は高いものがあった。その成果もあり、今大会は3戦目で優勝候補の前橋育英に10-4と完勝。いよいよ今度は自分たちがといった空気があった。一方、綱脇・清水の攻撃陣は練習試合で東海大菅生の攻撃陣の大量11失点を喫し、少し嫌なイメージを抱いていた。甲子園では2人とも好投を見せていたが、果たしてどうかといったところだった。

 

序盤から点の取り合いとなったが、先手を取り続けたのは東海大菅生。1回裏、いきなり1,2番が連打で出塁すると、ランナー2,3塁から暴投で先制点。この場面、花咲徳栄の捕手・須永は大きくはじいたわけではなかったが、3塁ランナーの田中幹は判断よくホームイン。ショートでの守備範囲の広さといい、まさに野球センスの塊といった選手だ。

この回、セカンド・千丸の悪送球でさらに1点が入り、花咲徳栄としてはダメージの大きい2点が入った。

 

自らのミスで失った点を取り返そうと花咲徳栄は懸命に打って出る。2回表には4番野村、5番須永の連打から作ったチャンスに7番小川の内野ゴロで1点を返すと、3回表には満塁から5番須永がサード強襲のタイムリー。俊足巧打の1~3番が目立つ花咲徳栄だが、この5番捕手の須永の活躍がチームを支えている。

 

味方が同点にしてくれたことで立ち直りたい花咲徳栄・綱脇だが、この試合は相手打線をなかなか抑えることができない。前の試合では盛岡大付が外のボールをひっかけてくれたが、この日の東海大菅生打線は徹底して右方向へ返してくる。3回裏にも6番強打の佐藤にライト線へ落とされて失点。なかなかリズムをつかめない。この回の失点もショート岩瀬の失策が絡んでおり、花咲徳栄らしくない展開だった。

 

試合の流れが変わったのは4回から。表の攻撃で1番太刀岡のタイムリーで同点に追いついた花咲徳栄はその裏、早くも先発・綱脇をあきらめて、抑えの清水をマウンドに。この後、試合の流れがどう変わるかわからない中で思い切った継投だったが、この判断が吉と出る。清水は重い速球と縦に落ちる変化球で東海大菅生打線を翻弄。試合の流れを食い止めることに成功する。

 

一方、東海大菅生の先発・松本も過去2試合と比べてボールが高く浮きがちで我慢の展開だったが、5回・6回と0にしのぐ投球。得意のスプリットを有効に使いながら抑えていく。

7回からは2年生右腕の戸田にスイッチ。強気な右腕への継投もはまり、7回を0点に抑える。

 

均衡した状況からどちらが先に抜け出すかという展開の中、8回表に今度は東海大菅生にミスが出る。先頭打者のショートゴロを再三攻守を見せていた2年生田中幹が失策。このランナーを足掛かりにして2アウト満塁のビッグチャンスを築く。ここで打席に立った9番岩瀬はこれまでショートで軽快な守備を見せるも、大会を通じて打ったヒットは1本のみ。岩井監督がつきっきりで打撃指導した「守備の人」が、甘く入ったストレートを引っ張った打球は値千金の勝ち越し2点タイムリー2塁打。東海大菅生としては打たれてはいけない人に打たれた痛恨の一打となった。

 

この試合初めてリードを奪った花咲徳栄。あとはこのリードを守り切るのみだったが、9回裏に東海大菅生も粘りを見せる。7番牛山と代打・猪俣のヒットで1,2塁のチャンス。ここで打席には8回に失点のきっかけとなる失策をした1番田中幹清水の高めストレートをたたいた打球は8回に勝ち越し打を放ったショート岩瀬を強襲。はじいた打球がセンター前に転がる間に1塁ランナーもホームに帰って土壇場で同点。8回に明暗を分けた二人のショートが今度は逆の立場で明暗を分ける皮肉な結果となった。

 

この後、なおも1アウト3塁のサヨナラのチャンスだったが、清水が落ち着いた投球でしのぎ切って試合は延長戦へ。松本・戸田の2人を使い切っていた東海大菅生としてはここで決めておきたかったか。

 

延長に入ると、落ち着きを取り戻した花咲徳栄・清水に対して、東海大菅生は3番手の山内。右スリークオーターから強気に内角球を投じて立ち向かったが、左打者の多い花咲徳栄にはくみしやすい相手。延長11回、ランナーを二人ためて打席には6番高井。いかにも腕っぷしの強そうな左打者は、この日3度目のチャンスを活かし、内角球を思い切り引っ張ると打球はライト線に弾む勝ち越し2点打。さらに、7番小川も続いてこの回3点を勝ち越し。総力戦を制した花咲徳栄が、初の決勝進出を果たした。

 

 

花咲徳栄としては5試合目にして初めて先行される苦しい展開。しかも自分たちのミスからの失点がかさみ、嫌な状況だったが、これを打破したのが2番手の清水。これまでと違い、超ロングリリーフとなったが、もともと先発経験もある投手。勢いのある速球と落差のあるフォークで菅生打線を抑え込み、流れを呼び込んだ。そして、終盤の試合を動かしたのが9番岩瀬と6番高井。上位の左打者が目立つ中、この日は彼ら下位打線の活躍が勝敗を分けた。この関東対決を制した花咲徳栄は決勝で広陵に大勝して埼玉勢悲願の初優勝を達成。この試合が6試合戦って最も苦しんだ試合であった。

 

一方、東海大菅生も内容では全く劣っておらず、特に序盤の攻めは圧巻。花咲徳栄・綱脇KOした初めてのチームとなり、外のボールをしっかり右方向へ長打する力はさすが西東京王者だった。松本も立ち上がりから苦しみながらも試合を作り、継投も一瞬はまったかに見せただけに、ほんのわずかな差で8回、9回と勝てるチャンスを逃してしまったといえよう。ただ、日大三早稲田実が出てくるのではと言われた中での出場でその実力を存分に発揮したのは紛れもない事実。これまで春夏4度の出場で1勝だった甲子園で、一気に階段を上った夏になった。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.