1試合毎予想 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【予想編】2018年夏の甲子園3回戦 近江(滋賀)vs常葉大菊川(静岡)

投稿日:

近江(滋賀)vs常葉菊川(静岡)

予想  52%  48%

〇7-3   智辯和歌山  〇8-7   益田東

〇4-3  前橋育英    〇3-0    日南学園


攻守に高い総合力を誇る近江とノーサイン野球で勝ち上がった常葉菊川の対戦。レベルの高い攻防が展開されそうだ。

近江は2回戦は2年生左腕のが2番手で好投。前橋育英打線をチェンジアップを武器に寄せ付けず、見事な火消し役で流れを持ってきた。佐合・金城・松岡と4人の投手陣をフル活用でき、相手打線の特徴に合わせても対応できる。この投手陣はベスト16の中でも間違いなく上位だ。対する常葉大菊川打線は2回戦は3得点に終わったものの、勝負所で長打の出る打線と積極果敢な駆動力野球の側面は垣間見られた。近江の投手陣の継投を後手に回すような先制攻撃を見せたいところ。やはりキーマンは1番の奈良間になりそうだ。

1回戦は不本意な投球だった常葉大菊川のエース漢人は2回戦は見事な完封勝利。変化球を丁寧に低めに集め、自分の持ち味を取り戻した。相手打線の狙い球を感じながら、この試合も押すところ押し引くところは引く投球内容で勝負していきたい。対する近江打線は前橋育英の好投手・恩田を終盤に攻略。球数を投げさせてしたたかに攻略する当たりに、今年の近江打線の怖さが見え隠れしていた。4番北村はゆったりした指導からリストの強い打撃でチャンスを活かす。常葉菊川からも3~4点は得点を生み出すだろう。

近江が総合力では少し上だが、常葉大菊川が自分たちのペースに引きずり込むとわからなくなる。序盤から主導権の奪い合いとなりそうだ。


滋賀vs静岡 甲子園対決

春 滋賀1勝   静岡1勝

夏 滋賀2勝   静岡2勝

計 滋賀3勝     静岡3勝

対戦成績は3勝3敗の五分。2008年には静岡商と八幡商が対戦。静岡商が伝統の犠打を駆使した攻めで8-2と快勝。2年生の笑顔のエース大野の好投も光った。2010年夏は北大津と常葉菊川が対戦。北大津の強力打線が火を噴き、18安打11得点の猛打で初戦を突破。強烈な打の印象を残した。

 

主な卒業生

常葉大菊川…田中健二朗(DeNA)、桑原樹 (広島)、門奈哲寛 (巨人)

近江…小熊凌祐(中日)、植田海(阪神)、京山将弥(DeNA)

 

思い出名勝負(2004年選抜甲子園1回戦)

常葉菊川

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
0 0 0 0 0 0 0 1 4

八幡商

 

常葉菊川  高橋

八幡商   上田

 

常葉菊川と八幡商の1回戦は観衆を魅了する終盤のどんでん返しとなった。

八幡商は前年秋の近畿大会で8強入り。準々決勝で社に3-0と完封負けしたものの、2年生エース上田を中心によくまとまった好チーム。近畿大会1回戦では好投手・大谷を擁する京都外大西に競り勝っていた。打線のキーマンである4番の種村はチャンスに強い打撃で打点を稼ぎ出し、チームの貴重な得点源だった。

対する常葉菊川は前年秋の東海大会で4強進出。優勝した愛工大名電に6-0とコールドの一歩手前まで行く敗戦を喫していたが、なんとか選抜枠に滑り込んだ。エースで主将の高橋は丁寧な投球でチームを勝ちに導き、責任感の強そうな投手であった。

 

試合は序盤から八幡商の上田と常葉菊川の高橋の静かな投げ合い。ともに相手打線を終盤まで0点に封じ込め、ランナーは出しても要所を抑えていた。

試合が突如動き出したのは8回裏。9番上田の四球をバントで送ってチャンスを作ると、2アウト後に4番種村はライト前に先制のタイムリー。主砲が貴重な先制点をたたき出してゲームはこれで決まったかと思われた。

しかし、土壇場の9回表に2アウトから試合は動き出す。5番鈴木・6番高橋が連打で1,2塁。甲子園の魔物が徐々にその顔をのぞかせ始める。緊張感からか7番小川に四球を出すと、8番上田のストレートをとらえた打球は左中間を破るタイムリー2塁打。一気に試合をひっくり返して3-1と2点のリードを奪う。

これで常葉の勝利かと思われた試合だったが、今度は高橋が魔物に飲み込まれる。7番水田のヒットと四球でチャンスを作ると、2年生の核弾頭・三上がタイムリーを放って1点差。なお2アウト1、3塁で打席には2番北川。ここでなんと2アウトからのセーフティスクイズを敢行して3塁ランナーが生還し、同点。この場面で冷静に周りを見てバントを正確に決める精神力は特筆ものであった。

こうなるとあとは追いついたものの強みか、四球で満塁となって打席には4番種村高橋のボールをしっかりとらえた打球はライトへと抜けるサヨナラヒット。文字通り二転三転した試合は八幡商のサヨナラゲームで幕を閉じた。

 

八幡商は2回戦では優勝候補の明徳義塾と対戦。個々の能力では上の相手に対してよく食らいつき、10安打を放ったが2-4と接戦で敗れた。しかし、前評判が高くない中でも観客の心に残る試合を演出。翌年選抜では羽黒に延長の末サヨナラ負け、2011年夏には帝京に逆転満塁弾で勝利するなど八幡商は劇的な試合が多く、滋賀の高校野球史には欠かせないチームだ。

一方、常葉菊川はエース高橋が奮闘するも無念のサヨナラ負け。この時代はまだ現在の常葉スタイルの野球ではなかったが、この試合を見て入学した世代が出場した2007年の選抜では見事優勝。森下監督が新たに就任して積極果敢な野球で全国の頂点に輝いた。現在はこの年のエース高橋が監督でチームを率いている。

 

-1試合毎予想, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.