1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  大阪桐蔭vs作新学院(2日目第2試合)

更新日:

1回戦 大会2日目第2試合

作新学院

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
0 1 0 0 0 0 0 2 × 3

大阪桐蔭

 

作新学院    高山→佐取→林

大阪桐蔭    柿木

選抜優勝校と2年前の夏の優勝校による注目の一戦はエース柿木の好投で大阪桐蔭が3-1で勝利を収めた。

試合

立ち上がり攻勢をかけたのは作新学院だった。1番に1年生でこの夏初スタメンの横山を起用した小針監督だったが、その起用に見事応えてレフト前ヒットで出塁。2番篠田にも小針監督らしくもちろん強行策で攻めかかったが、センターフライ。ストレート狙いを察知した大阪桐蔭バッテリーはスライダー中心の配球に組み立てなおし、4番にヒットは許したものの、5番を高めのボール気味のストレートで三振に切って取って0で初回を切り抜ける。

作新学院としては先制点を奪って慌てさせたいところだったが、2回裏に大阪桐蔭に先制点が入る。先頭の5番根尾がレフト線を破る長打でクッションボールのミスもあって3塁まで進むと、1アウト後に7番山田が低めのボールをきっちり打ち上げて根尾が生還し、1点が入る。

作新学院の先発・高山は低めへしっかり制球出来ておりインサイドもよくついていたのだが、時折甘く入るボールを大阪桐蔭の各打者が逃さずとらえて得点をたたき出した。内容は悪くなかったが、相性の関係も考慮したか小針監督はこの回で先発・高山をあきらめて左腕・佐取をマウンドに上げる。

その佐取が大阪桐蔭打線を翻弄。ストレートで強気に内角を突く投球で強打者に立ち向かい、なかなか連打を許さない。とらえて当たりも深く守っている外野手の正面を突くなど、大阪桐蔭としては2年前の大阪大会の関大北陽線を思い起こさせるような嫌な展開となる。

しかし、この何かが起こりそうな展開で踏ん張り続けたのはエース柿木であった。初回こそヒット2本を浴びたものの、2回以降は力のあるストレートと低めのスライダーで8回までわずか1安打に抑え込む。終盤に突入しても全く球威が落ちず、巧者ぞろいの作新の打者のバットを押し込み続ける。大阪大会では大事な場面で根尾にマウンドを譲ったが、エースの意地を見せる好投であった。

また、7回表にはショートの根尾が二遊間深い当たりに追いついて、1回転しての送球でアウトを取るファインプレー。2008年夏の大阪桐蔭の先輩・浅村(西武)のようなスーパープレーで柿木を盛り立てる。この辺りにも流れを渡さない大阪桐蔭の強さが見て取れた。

すると、8回裏にようやく打線が柿木の投球に応える。この回からマウンドに上がった3番手・を攻めて2アウト2塁とすると、4番藤原は甘く入った変化球をとらえてライト前ヒット。この打球をライトが後逸する間に打者走者の藤原も生還して大きな2点を追加した。ライトの横山は1年生だけに仕方ない部分もあったが、勝負を決定づける得点となった。

しかし、作新学院も粘りを見せ、エラーをした1番の横山が高めのストレートをとらえてセンター前へのヒットで出塁。さらに2番篠田も強攻で続き、苦しめられていた高めのストレートにようやく対応し始める。その後、3番小田は併殺に取られるも、4番はアウトコースの真っすぐを見事にはじき返して待望の1点を挙げる。さらに5番は死球で出塁し、大阪桐蔭としては昨夏の悪夢も頭をよぎる展開となったが、最後は6番石井をレフトフライに打ち取って2者残塁。大阪桐蔭が難敵を退けて初戦突破を果たした。

 

まとめ

大阪桐蔭は苦しい内容だったが、エース柿木が最後まで作新学院打線の前に立ちはだかった。球威が落ちることなく、しかも落ち着いて投げられた当たりは昨夏の仙台育英戦の教訓が十分生かされていると感じる内容だった。ただ、打線は作新学院の左腕・佐取の前に5イニングを2安打無得点。いい当たりの打撃も見られていたが、対左腕の苦手意識を感じさせる内容ではあり、そのあたりをどう修正するかが次戦への課題と感じられた一戦だった。

一方の作新学院は力では上の相手に対して、持ち味を出して十分食らいついた内容の試合であった。特に左腕・佐取の強気な投球がチームを乗せていったことは間違いなく、流れを呼び込むものだった。ただ、小針監督の強気な攻めを活かそうにも、なかなかランナーが出ない状況で苦しい攻撃にはなってしまった。しかし、この日は敗れたものの1番を打った1年生の横山のように楽しみな下級生も入ってきており、来年以降も楽しみなチームなのは間違いない。負けてなお強しの印象を与えた試合であった。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.