1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  慶應vs中越(1日目第3試合)

更新日:

1回戦 大会1日目第3試合

中越

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 0 0 1 0 0 2
1 0 1 0 0 0 0 0 3

慶應

 

中越   山本→山田→山本→山田→山本→山田

慶應   生井→渡部

 

ロースコアの接戦となった初日第三試合は同点のまま最終回へ。最後は1番宮尾のサヨナラタイムリーで慶應が10年前に続いて初戦突破を果たした。

試合

1回表、慶應の生井が2四球を出しながらもなんとか踏ん張ると、慶應打線が中越の先発・山本を捕まえる。1番宮尾が真ん中のストレートをとらえてレフト前ヒットで出塁すると、3番下山の死球でチャンス拡大。5番の根岸が高めのストレートをとらえた打球はセンターの前にポトリと落ちるタイムリーとなって1点を先制する。

中越の反撃は3回表。1,2回と再三ランナーを出しながら得点できなかったが、この回4番強打の小鷹が外角高めのストレートを流し打って2アウトから2塁にランナーを進めると、5番安達はライトへうまく運んで同点タイムリー。生井のボールに力負けすることなく運んだ。

これで勢いに乗りたい中越だが、慶應の打線もしぶとい。力投派の中越・山本に対して各打者がファウルで粘り、簡単に凡退しない。3回表には宮尾・大川の1,2番の連打で無死1.3塁とチャンスを作ると、3番下山のファーストゴロの間に勝ち越し。3回終えたところで早くも投球数は64球に達していた。しかし、続くピンチでセンターへ抜けようかという打球をショートの坂井が好捕。エースを盛り立てる。

この展開に中越・本多監督は思い切った策をとる。4回に2アウトを取ったところで左腕の山田にスイッチ。怪我明けの状態だったが、左打者の多い慶應打線に対して素晴らしいピッチングを展開。力のあるストレートを武器にして封じ込んでいく。

ここからは中越が目まぐるしい継投を行って慶應の打線を寸断すれば、慶應はエース生井が威力のあるストレートとチェンジアップを武器に好投。強打で勝ち上がった中越打線を抑え込んでいく。

試合が動いたのは7回表。中越は7番広瀬がレフト前ヒットを放つと、これをレフトが後逸。広瀬が一気にホームインして思わぬ形で同点に追いつく。

押せ押せの中越は8回表にも4番小鷹の四球と5番安達のエンドランで1アウト1,3塁の大チャンス。しかし、ここでサイン違いか、投球と同時に飛び出した3塁ランナーの小鷹が3塁ベース手前でタッチアウトになってしまい、中越としてはあまりに痛い形でランナーを失う。画面上はノータッチにも見えた形だったが、審判の判定は絶対であった、

お互いに流れを引き寄せ合う好ゲームは9回裏に決着の時を迎えた。2アウトから8番善波の四球と9番のライト前ヒットで2アウト1,2塁のチャンス。1番左の宮尾を迎えたところで左の山田が3度目のマウンドに向かったが、宮尾が甘く入ったストレートをとらえ、ついに山田を攻略。慶應が劇的なサヨナラ勝利で2回戦へとコマを進めた。

まとめ

慶應は選抜の悔しい敗戦の借りを返すサヨナラ勝利。生井は中越の打線にヒットこそ打たれたものの、要所をうまく抜いたチェンジアップと力強さを増したストレートでしのぎ切った。打線は1番宮尾と3番下山のキーマン2人が活躍。継投した左投手の山田に苦しんだものの、最後は1番宮尾が捕まえることに成功した。

一方、中越は懸命の継投策もむなしく3大会連続のサヨナラ負けとなってしまった。北神奈川を勝ち抜いた慶應に対して、互角の試合展開に持ち込んでいたが、やはり攻撃でミスの出た8回が痛かったか。持ち味の打力も生井の投球の前に発揮しきれなかった。日本文理の大井監督、新潟明訓の佐藤監督が勇退され、中越の本田監督にはこれからの新潟の高校野球を牽引する役割も求められるだろう。この悔しい経験を活かして次の出場時こそは初戦突破に期待したい。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.