1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  星稜vs藤蔭(1日目第1試合)

更新日:

1回戦 大会1日目第1試合

藤蔭

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 0 2 1 0 4
1 0 3 2 0 3 0 0 × 9

星稜

 

藤蔭   吉村→市川

星稜   奥川→寺西

大先輩の松井秀喜(ヤンキース)が始球式を行った後の開幕戦。絶対に負けられない戦いを星稜が見事な打撃と2年生エースの好投で制し、4年ぶりの初戦突破を飾った。

試合

星稜の強力打線に対して、藤蔭がいきなり驚きの手を打ってきた。なんとけがのために県大会で全く投げていない吉村をエース市川に代えて先発。もともとエース格だったようで、100回大会の開幕戦は思わぬ投手起用から始まった。県大会決勝から原監督はこの起用を決めていたようだ。

しかし、やはり夏初登板は荷が重かったか。吉村は初回に制球が定まらずに連続四球などで無死満塁の大ピンチ。ここは県大会決勝で3ホームランの4番南保を内野ゴロに打ち取りゲッツーを奪うも、星稜が先制点。続く5番竹谷も打ち取って、1点でしのぐも藤蔭としては不安な立ち上がりとなった。

それでも藤蔭はすぐに反撃を開始。2回表に星稜の2年生右腕・奥川をとらえ、5番堀田がレフトにうまく流し打って出塁。さらに盗塁でチャンスを広げると、6番武井はアウトコースの変化球をライトに流し打って同点タイムリー。試合を振り出しに戻す。

これで波に乗っていきたい藤蔭・吉村だったが、いかんせん相手は強打の星稜。3回裏に再びつかまる。先頭の9番山本に四球を与えると、送って1アウト2塁から2番河合が真ん中付近のボールを完璧にとらえて右中間へのタイムリー3塁打。選抜では中軸も務めた男が勝ち越し点をもたらした。さらに3番を務める注目の1年生内山がライト線へのタイムリー2塁打で2点目。ここでたまらず当院は先発・吉村を下げて県大会を投げぬいたエース市川をマウンドに上げた。

ここで流れを持ってきたい藤蔭だったが、星稜の分厚い打線がそれを許さない。5番竹谷は低めの変化球をうまく拾ってライト前に落とすタイムリーヒット。この回3点の勝ち越しに成功する。

このリードで落ち着きを取り戻した星稜・奥川は140キロ台後半の速球とチェンジアップ、スライダーを武器に好投。3回から6回までを被安打2無失点に抑え、大会注目の投手としてその実力を発揮する。

6回裏には再び奥川・鯰田・山瀬の3人が連打を放って、得点を追加。ただ振りが鋭いだけでなく、相手のコースに決まったボールにも食らいついてヒットにするなど星稜打線に強打と裏合わせの淡白さはない。この回、2番河合にもタイムリーが飛び出して3点を追加し、9-1と大きくリードする。

追う藤蔭は7回に反撃開始。4番奥園がスライダーをうまく拾ってヒットで出塁すると、5番堀田・7番朝倉奥川のストレートに力負けせずにとらえて1点を返す。さらにこの回内野ゴロで1点を返すと、8回には4番奥園がこの日3本目のヒットとなるタイムリーで4点目。奥川の速い真っすぐとスライダーを良く見極めてとらえていった。

しかし、それでも試合の大勢が動くには至らず。9回に登板した寺西が桐蔭打線を0点に抑え、星稜が9-4で記念すべき開幕試合をものにした。

まとめ

星稜は投打に実力を発揮しての快勝。県大会でホームランを打ちまくった4番鯰田・5番竹谷は合わせてヒット1本と粗さも見られたが、それ以外の打者たちが素晴らしい打撃で藤蔭投手陣を攻略。逆に攻撃力の高さを見せつけた格好となった。エース奥川も150キロをマークするなど、実力の高さを披露。しかも、この日出場した面々の内6人を1,2年生が占める布陣だ。星稜の本当の怖さを知るのは来年なのかもしれない。とにもかくにもまずは大事な開幕戦を勝利で飾り、この夏の全国制覇へ向けて大きな一歩を踏み出した。

対する藤蔭は奇襲ともとれる投手起用で勝負に出たが、星稜の質の高い攻撃陣には通用しなかった。それでも市川・吉村の2人とも懸命の投球でマウンドを守り、打線も終盤には反撃の3得点。大分大会でも決して優勝候補に挙がっていたわけだはなかったが、しぶとく勝ち抜いてつかんだ甲子園で新たな歴史を刻み付ける戦いを見せた。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.