1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  沖学園vs北照(2日目第3試合)

投稿日:

1回戦 大会2日目第3試合

沖学園

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 2 0 1 0 0 4
0 0 0 0 2 0 0 0 0 2

北照

 

沖学園   斎藤

北照    原田

沖学園と北照の南北対決となった一戦は、沖学園がエース斎藤と4番吉村という投打の軸の活躍で甲子園初勝利を手にした。

試合

試合は立ち上がりから両チームの打線がヒットを放つ展開。沖学園打線が北照の左サイドハンドのエース原田のナチュラルにシュートするボールを右方向へはじき返せば、北照打線は沖学園のエース斎藤礼の緩いボールをしっかり待って打ち返す打撃でそれぞれ1回、2回とヒットを放った。両投手が打たれ強さを見せて併殺でしのぐも、序盤からいつ点が入ってもおかしくない空気が流れていた。

そんな中で先手を取ったのは沖学園だった。先頭のエース斎藤原田のインサイドへのクロスファイヤーをはじき返してレフト線への2塁打で出塁すると、2つの死球で満塁とチャンスが広がる。ここで4番吉村が外のストレートを強引に引っ張って三遊間を破る先制タイムリーを放ち、初出場の固さも感じさせない攻撃で先制点を奪う。

その後、北照も4回裏に2本のヒットを放つなどして攻め込むが、重要な局面で沖学園・齋藤のボールをとらえきれない。変化球がほとんどという配球のなかで時折混ぜるストレートに詰まらされ、緩いボールは打ち上げて凡フライになる。いい当たりをされても決して制球を乱すことなく、これぞ技巧派という内容で抑え込んでいく。

すると、5回表に沖学園が追加点を挙げる。9番ながら打撃のいい平川が高いバウンドでサードの頭を超えるラッキーな2塁打で出塁すると、2番市川は浅く守っていたセンターの横を破るタイムリー3塁打。さらに3番三浦も甘く入ったスライダーをしっかり引っ張って前進守備を破るライト前タイムリーを放ち、3-0となる。この後、4番吉村のセンターオーバーの2塁打でホームを狙ったランナーを北照守備陣がさして4点目は許さなかったが、沖学園が大きな追加点を挙げる。

北照の原田としては左サイドハンドで1塁側のプレートを踏んだ角度のある投球を活かしたかったのだが、それに沖学園の各打者が惑わされることなく踏み込んで打ってきたのは誤算だった。初出場ながら、永年のあいだ激戦区の福岡でもまれてきたチームだけのことはある攻撃だった。

しかし、北照もこのまま黙ってはいない。3点差に開いて火がついたのか、8番の左打者の原田がレフト前にしっかり引き付けてはじき返し出塁。さらに次打者の犠打がフライになるも相手の送球ミスで進塁すると、1番中谷が高めの変化球を呼び込んでたたいてレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を放つ。ようやく会心の当たりが出て1点を返すと、さらに3番掛谷は低めの変化球を救い上げてセンターへはじき返すタイムリー。この回1点際に迫ることに成功する。

北照としては後半に向けて押せ押せの展開。6回表には沖学園のまずい攻めもあって追加点のピンチを防いだのだが、打線がなかなか斎藤をとらえきれない。5回裏には攻略のヒントをつかみかけたのだが、再び低めへの制球を取り戻した斎藤の前にチャンスを広げきれない。

すると、7回表に沖学園が待望の追加点を挙げる。1番阿部のヒットから1アウト2塁のチャンスを作ると、3番三浦はファースト強襲のヒットでチャンス拡大。4番の吉村は打ち取るも、5番吉田の難しい3塁ゴロを処理しきれずに1失点。4-2と点差が広がった。8回も得点こそ入らなかったものの、3安打を放つなど後半は沖学園打線が確実に自分のポイントで原田のボールを打ち返していた。

結局、沖学園の斎藤礼は10本のヒットを打たれながらも、2失点で完投。粘り強い投球で強打の北照打線を封じ込み、沖学園が春夏通じて初めての甲子園で見事初勝利を挙げたのだった。

 

まとめ

沖学園は投打に自分たちの持ち味を発揮して快勝。4-2とスコアは2点差だったが、後半の試合内容は沖学園が圧倒していた。打線は北照の原田の内外の攻めに惑わされずに痛烈にはじき返して15安打。少し攻めの粗さもあったとはいえ打撃の内容は上々で、4番の吉村は振りの強さが際立つ内容で3安打を放った。エース斎藤礼は技巧派投手の持ち味を存分に発揮。緩いボールを勇気をもって投げ込み続け、相手打線にフライの山を築かせた。初めての大舞台に飲まれることなく自分たちの野球を貫き、王者・大阪桐蔭への挑戦権を手にした一戦だった。

一方、北照はまたしても夏の甲子園初勝利はならず。エース原田はヒットを許しながらも、なんとか踏ん張っていたものの、打線が援護することができず。特に南北海道で大活躍だった4番岡崎に中盤まで1本が出なかったことが痛かった。全体的にフライのアウトが多く、緩いボールへの対応に苦労した印象だった。ただ、監督交代後に低迷の可能性もあった中で甲子園出場を果たしたことは非常に大きく、また再び全国の舞台に戻ってくる可能性は十分にありそうだ。これからの戦いに注目したい。

 

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.