1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  済美vs中央学院(1日目第2試合)

更新日:

1回戦 大会1日目第2試合

済美

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 1 3 0 0 0 0 0 5
2 0 0 1 0 0 0 1 0 4

中央学院

 

済美     山口直

中央学院   西村

実力校同士の対戦は両投手が粘り強い投球を見せて接戦に。済美が終盤の中央学院の猛追を振り切り、5-4で2年連続の初戦突破を果たした。

試合

2年連続出場の済美と春夏連続出場の中央学院。しかし、今年度になってから結果を残し続けてきたのは秋の関東王者・中央学院だった。気後れするかもしれない状況の中で済美の1番矢野がいきなり核弾頭の役割を果たす。中央学院の右サイドの西村陸の内よりのボールを完璧にとらえた打球はライトオーバーの2塁打。2番中井が送った後、4番の池内がきっちり打ち上げて済美が先制点を奪う。

しかし、選抜で明徳に初回3失点で主導権を握られた経験のある中央学院はすぐさま反撃に出る。2番平野が真ん中に入ったスライダーをとらえて2塁打で出塁すると、3番1年生の青木は外のボールを引っ張ってレフト前にタイムリー。送球が乱れる間に3塁に進むと、4番大谷の打球はレフトフェンス際への犠飛となりすぐさま逆転に成功する。

2回を両チームが0でしのぐと、3回表に今度は済美が反撃。再び1番の矢野が初回と同じような打撃で右中間を破ると、今度は3塁まで進んで絶好の同点のチャンス。2番中井が凡退して嫌な流れとなるが、3番芦谷が外のボールをしっかり引っ張ってレフトへ同点のタイムリー。県大会は不振も、甲子園で結果を残して監督の期待に応えた。

この同点劇は済美に勇気を与えたか、4回には中央学院の西村を完全に攻略。5番伊藤のヒットなどから2アウト1,2塁のチャンスを作ると、9番政吉がセンター前に逆らわずにはじき返して勝ち越しのタイムリー。さらに2アウト1,3塁から重盗で勝ち越し点を挙げると、当たっている1番矢野に3本目のヒットとなるタイムリーが飛び出してこの回3点目。大きくリードを広げる。

思わぬビハインドを背負った中央学院だが、その裏にすぐ反撃。簡単に2アウトを取られた後、6番田中の打ち上げた打球はラッキーな2塁打となって得点圏にランナーを進める。ここで7番投手の西村は甘く入ったボールを完璧にとらえてレフトオーバーの2塁打となり、5-3と2点差に詰め寄る。

ここからは両投手の踏ん張りが続き、西村が左右のコーナーワークで済美打線を粘り強く抑え込むと、山口直は中盤以降完璧なピッチング。140キロ付近のストレートとスライダー、チェンジアップがことごとく低めに決まり、中央学院の打線が完全に沈黙。7回まで10人連続でアウトに切って取る。

なんとか反撃したい中央学院は8回裏に先頭の長沼、1番宇田の連打で無死1.3塁の絶好のチャンス。甘く入り始めて山口直のボールをとらえ始める。しかし、ここで2番平野への投球がバウンドしたのを見て、1塁走者が2塁へ盗塁を敢行。これを済美の捕手・芦谷が素晴らしい送球で刺して1アウト。中央学院としては同点のランナーを失った。その後、平野のファーストゴロで1点を返すも、なんとも惜しい攻撃になってしまった。

最終回に1点を追う中央学院は反撃を試みるも、再び立ち直った山口直の低めのボールに3人とも内野ゴロに封じられて万事休す。済美が接戦を制して初戦突破を果たした。

まとめ

済美は2年連続で初戦を突破。難敵を相手にしたたかな攻撃とエース山口直の投球で1点差ゲームをものにした。昨年と比べると長打を打てる打者は少ないものの、センターへ忠実にはじき返す打撃でサイドハンド投手を攻略した。1番矢野は4安打を放つ大活躍でチームに勢いをつけることに成功した。エース山口直も低めへの投球がさえて4失点完投。上甲監督が逝去され、不祥事もあって苦しんだ済美だが、甲子園で完全復活を遂げてきている。

一方、中央学院はエース大谷の負傷をチーム全員でカバーして甲子園に戻ってきた。西村は我慢強い投球で中盤以降相手の攻撃を0に封じたが、県大会で仕事をした中軸が3人でヒット1本に抑え込まれたことが痛かった。それでも学校の歴史を塗り替える春夏連続出場を達成。千葉に新たな強豪校が誕生した年となった。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.