1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園  高知商vs山梨学院(2日目第1試合)

更新日:

1回戦 大会2日目第1試合

山梨学院

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 8 1 2 0 0 12
0 1 2 4 0 4 3 0 × 14

高知商

 

山梨学院   垣越→鈴木→相沢→鈴木

高知商    北代

力のあるエースを擁した両チームの対戦は想像を超える乱打戦に。高知商がビハインドを2度にわたって跳ね返し、12年ぶりの初戦突破を果たした。

試合

初回、山梨学院が高知商のエース北代の立ち上がりをとらえ、頼りの主砲・中尾のサード強襲のタイムリーで1点を先制。しかし、2回裏に高知商業は2アウトからランナーを1塁において8番北代が外のボールを拾ったように打た打球がレフトフェンスを直撃するタイムリー2塁打となって同点。互いにストレートに力負けせず、打力の高さを見せる展開となる。

3回になると高知商打線がいよいよ本領を発揮し始める。四球のランナーを送って2アウト2塁から4番の主砲・藤高が真ん中よりのボールを完璧にとらえた打球は打った瞬間にホームランを確信する当たり。大会第1号の2ランホームランとなって高知商が2点を先制する。

さらに攻撃の手を緩めない高知商は4回裏には7番藤田のセンター前ヒットからチャンスをつかむと、2アウト2塁から1番前田がセンターへクリーンヒットで追加点。ともにストレートをきれいにとらえた当たりだった。さらに2番西村が四球で歩くと、3番乗松の打球はセンターバックスクリーンへ飛び込む3ランホームラン。清峰で優勝経験のある吉田監督も唖然とする猛打で6点のリードに成功する。さすが明徳義塾の市川から10点取った打線である。

しかし、野球はスコアが動けば反対側にもよく入るもの。ここから山梨学院が猛反撃に出る。高知商・北代の制球が乱れたところをとらえ始め、6番相沢からの3連打で1点を返すと、さらに満塁と攻め立てて押し出しの四球。北代はこの回、指先が汗ですべってなかなか制球が定まらなかった。2番菅野はセンター前に返して2点差に迫ると、四球で再び満塁となって打席には4番中尾。外角のスライダーをとらえた打球はセンターへ飛び込む逆転のグランドスラムとなってついに試合をひっくり返すことに成功する。北代は4回までとは別人の投球内容であった。

山梨学院は6回表にも8番藤本と1番清水の長短打で1点を追加。北代の逆球を逃さずとらえ、これで3点差。高知商はかなり苦しくなった印象だった。

しかし、ここから高知商が素晴らしい反発力を見せる。先頭の8番北代が失策で出塁すると、9番浜田は四球でつないで1,2塁。1アウト後に当たっている1年生の2番西村がアウトコースのスライダーを完璧にとらえて右中間へのタイムリー2塁打。1年生ながら勝気な表情で野球小僧という言葉がぴったりの好選手。これからが楽しみでしょうがない選手だ。

ここで山梨学院は投手を右サイドの速球派・鈴木にスイッチ。しかし、3番乗松に甘く入ったボールをセンターへ返されて1点差。ここで3番手の左腕・相沢をマウンドに送るも、牽制でランナーをつり出しながらアウトにできないミスが出てしまう。すかさず4番の藤高がライト前に緩いボールをしっかりためてはじき返して11-10。再び試合をひっくり返すことに成功する。

が、試合はまだまだ動く。山梨学院は1アウト後に5番の野村北代のシュート回転したボールを逃さずとらえてレフトポール際に飛び込む同点のホームラン。さらに7番佐古から再び3連打が飛び出して勝ち越し。山梨学院はこの日6番から9番で8安打を記録。北代の力のあるボールをしっかり打ち返し、打力の高さを見せた。

二転三転どころでない試合となったが、いよいよ決着の時を迎える。7回裏、高知商は1アウトから7番藤田・8番北代相沢から連打でチャンスを作ると、9番浜田は逆らわずに左中間へはじき返して同点。こちらも下位打線で6安打と、もはや下位打線とは呼べない迫力を見せる。さらに1番前田も引き付けてレフト前に落とすと、山梨学院はたまらず2番手だった鈴木をマウンドへ。しかし、この日乗りに乗っている2番西村は初球を引っ張って14-12と逆転。4人連続の初球打ちでのタイムリーと超積極野球で流れを呼び込んだ。

再度リードをもらった北代はその後、山梨学院の反撃を抑えて12失点完投。150球の熱投で高知商に12年ぶりの甲子園勝利を呼び込んだ。

 

まとめ

高知商業は素晴らしい打線であることを改めて証明。打倒・明徳を目指して続けてきた練習により、スイングスピードや打球の力は全国でも上位に位置するものになったのだろう。エース北代が打ち込まれて逆転され、意気消沈してもおかしくない展開だったが、再びひっくり返したのはさすが伝統校といったところだった。特に1年生の西村はこれからが楽しみな選手だ。創部100周年の夏に素晴らしい戦いを見せる高知商業。その戦いはまだまだ続きそうだ。

山梨学院はよく試合をひっくり返したが、高知商の猛打の前に最後は力尽きた格好となった。県大会で安定感抜群だったエース垣越が長打をあれだけ連ねられたのは想定外だったろうが、それだけ高知商の打線がすさまじかったということだろう。それでも打線は相手エース北代を良く攻めて逆転し、丸太トレーニングなどで鍛え上げたパワー野球を見せつけた。3年連続で山梨大会を制したが、昨年は前橋育英、今年は高知商と強豪を前に敗退。清峰時代に圧倒的な勝率を誇った吉田監督もここ数年は全国の壁に跳ね返される展開が続いている。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.