1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 大垣日大vs東海大星翔(4日目第3試合)

投稿日:

1回戦 大会4日目第3試合

東海大星翔

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 1 0 0 0 0 0 0 3
0 1 0 4 0 1 3 0 × 9

大垣日大

 

東海大星翔   山下

大垣日大    修行→内藤

常連校と久々の出場という対照的なチームの対戦は、ここ数年の甲子園経験の差も出た結果となったか。大垣日大が多彩な攻めで東海大星翔を圧倒し、2回戦へとコマを進めた。

試合

立ち上がりから攻勢に出たのは東海大星翔だった。大垣日大の長身右腕・修行を攻め立て、2番中島・3番菊田がライト前に立て続けにはじき返して1,2塁。暴投で2.3塁となり、注目の4番竹下の内野ゴロと5番岩井のライト前ヒットで2点を先制した。この回、修行のボールに差し込まれながらも逆方向への意識を強く持った打撃で攻略した。

対する東海大星翔の左腕・山下は打たれ強い好左腕。出所の見えにくいフォームからの投球で、熊本大会で強打の九州学院や熊本工を封じてきた。その山下に対する大垣日大の反撃が始まったのは2回裏。5番小野寺がアウトコースのストレートをとらえた打球はライトスタンドへ一直線。右方向への打球が伸びる小野寺らしいホームランだった。

1回、2回ともに両投手のボールに打線がしっかり対応できており、3回には東海大星翔が2四球に暴投を絡めて2,3塁のチャンスを作ると、1回に続いて4番竹下の内野ゴロの間に加点。3-1とリードを広げる。昨夏のマウンドの雪辱に燃える修行は変化球の制球に苦しむマウンドとなった。

苦しむエースに打線が応えたのは4回裏だった。4番修行の打ち上げた打球がライトとセカンドの間に落ちるラッキーな2塁打となってチャンスを作ると、5番小野寺はインサイドのボールをしっかり振り切ってセンターの前に落とし、1,3塁。6番中山の死球で満塁となると、続く7番堀本は初球のスライダーを迷いなく振りぬいてライトスタンドへ逆転の満塁弾を放ち、一気に試合をひっくり返す。勝負所で甘いボールを逃さない見事なバッティングだった。

反撃したい強打の東海大星翔だったが、5回から2番手で登板した右腕・内藤の前になかなか打線がつながらない。修行ほどボールの角度はないが、スリークオーターから内外を巧みに使い分ける投球で的を絞ることができない。星翔打線もしっかりと振り切る打撃でヒットは飛び出すのだが、盗塁失敗などでチャンスを逸した。

苦しむ星翔打線を尻目に大垣日大打線は大技小技で効果的な得点を上げる。6回裏には2塁打で出塁した6番中山を犠打と内野ゴロで返して大きな1点を追加すると、7回裏には2番大竹のヒットなどでランナーを2人ためて5番小野寺がこの日2本目となる3ランホームランを放って勝負あり。山下はこの日は変化球・直球ともに高さが甘く入ることが多く、巧者ぞろいの大垣日大打線には見逃してもらえなかった。

6点のリードをもらった大垣日大・内藤はその後2イニングを余裕をもって投げぬき、5回無失点の好投。東海大星翔と大垣日大のヒットの差は2本のみだったが、チャンスでの効果的な長打の差が出て9-3と思わぬワンサイドゲームで大垣日大に凱歌が上がった。

まとめ

大垣日大は持ち味の手堅い攻めよりも、この試合は長打力が目立つ内容だった。小野寺・堀本に計3本のホームランが飛び出して前半の劣勢を跳ね返した試合展開は、想定の範囲外ではあるが、逆方向への意識が結実した攻撃だった。投手陣もエース修行・2番手内藤の2人で要所を締めて3失点に抑え、前年の初戦敗退の借りを返した。阪口監督の指導歴で最も練習を重ねたという自信のチームがまず大きな一歩を踏み出した試合であった。

一方、東海大星翔は序盤はうまく試合に入れたものの、大垣日大の一発に沈む形となった。エース山下はピンチで踏ん張る投球が持ち味だったが、満塁の場面で甘いボールを一発で仕留められてしまった。これが全国レベルの打撃なのだろう。打線も9安打を放ちながら3点どまり。注目の4番竹下が無安打に終わり、なかなか打線のつながりが見られず。久々の甲子園は全国の洗礼を受ける形となった。竹下・岩井と中軸2人を中心に借りを返す戦いが始まっていく。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.