1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 常葉大菊川vs益田東(3日目第4試合)

投稿日:

1回戦 大会3日目第4試合

益田東

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 1 2 3 0 0 7
0 0 4 2 0 0 0 2 × 8

常葉大菊川

 

益田東    和田

常葉大菊川  漢人→榛村

終盤に二転三転したルーズヴェルトゲームは常葉菊川に軍配。攻守に白熱した打撃戦となり、見ごたえ十分の試合であった。

試合

打力の自信のあるチーム同士、初回から攻め合う展開に。益田東は2番首藤がセンター前ヒットで相手のミスを突いて2塁まで進塁する好走塁を見せれば、常葉大菊川は1番奈良間が痛烈なセンターへの2塁打を放つなど、得点こそ入らなかったものの、お互いの攻撃力の高さが見て取れた。特に県大会打率8割越えを記録した常葉の1番奈良間のスイングは見ていて気持ちのいい振りだった。

得点が動いたのは3回だった。益田東は先頭の8番中山がヒットで出塁すると、送って1アウト2塁で1番荻野は死球。1,2塁となって当たっている2番首藤は高めのストレートを詰まりながらもレフト前に落として先制のタイムリーヒットを放つ。ショートの守備でも好守を見せるなど小柄ながらもセンスの塊のような選手だ。

しかし、先制点を許したことで常葉打線も目を覚ましたか、初回、2回ととらえきれなかった益田東のエース和田を捕まえる。1アウトから2番東がセカンドへの内野安打で出塁すると、2アウト後に4番根来から7番衣笠まで怒涛の4連打。犠打を使って攻める益田東とは対照的にノーサインで打って打って打ちまくる常葉野球で一気に試合をひっくり返す。益田東の和田はこのイニングはボールが高めに浮いたところを逃さずとらえられてしまった。

さらに攻撃の手を緩めない常葉菊川は5回裏に四球のランナーを一人置いて打席には1番奈良間。真ん中低めのストレートを豪快に振りぬいた打球はバックスクリーンへと飛び込む2ランホームラン。ここまで飛ぶかと和田が驚きの表情を浮かべるほどの打球で、常葉のフルスイング野球を見せつける。

これで常葉菊川ペースの試合になるかと思われたが、益田東も引き下がることはない。。5回に8番中山の3塁打をきっかけに1点を返すと、6回表には3番藤本から6番安田までの4連打で2点を追加。点差がついていたこともあり、強行策での攻撃となったが、常葉菊川の先発・漢人の変化球が甘く入るところを逃すことなくとらえての連打であった。益田東も打撃で島根県大会を勝ち抜いたチームだけあってさすがの攻撃力を見せつける。

このあと送りバントの失敗などでチャンスを活かしきれなかったことが響くかと思われたが、7回表に益田東はなおも攻勢をかける。1番荻野の四球と2番首藤のバントヒットなどで1アウト2,3塁のチャンス。この首藤のバントヒットはサードのチャージを見てショート方向へ転がす見事なヒットであった。ここで4番稲林は甘く入ったストレートをとらえて右中間を破る同点のタイムリー3塁打。一気に試合を振り出しに戻す。後半に入ってボールがシュート回転し始めた漢人を逃さずとらえた。

ここで常葉は左腕の榛村にスイッチするも、続く5番佐野は真ん中付近のスライダーをとらえてセンターへのタイムリー。最大5点あったビハインドをものの見事にはじき返した。変化球をしっかりためてはじき返す打撃で6回、7回で実に8本のヒットを集中した。

追いかける展開となった常葉だったが、代わり端をとらえられた榛村がその後は好投。右左関係なく内角を強気に攻める投球で益田東打線の勢いを止めることに成功する。

すると、8回裏に常葉が中盤以降抑えられていた和田をとらえる。四球のランナーを一塁に置いて9番神谷がアウトコース甘めのストレートをとらえた打球は左中間を転々。同点のタイムリー2塁打となり、再び試合を振り出しに戻す。ほかのチームならバントもありうる場面だが、迷わず強硬策を選んだ常葉らしい攻撃だった。さらに1番奈良間を打席に迎えた場面で2塁ランナーがなんと3盗を敢行。これが捕手の悪送球を誘ってランナーが一気に生還して逆転に成功。2008年夏の福知山成美戦の走塁を思い起こさせる見事な攻撃だった。

土壇場で逆転に成功した常葉は榛村が9回に先頭打者にヒットを許したものの、後続を落ち着いて打ち取りゲームセット。常葉大菊川が5年ぶりの初戦突破を果たした。両チーム合わせて15得点ながら、お互いの好守も光って大味さを全く感じさせないナイスゲームだった。

まとめ

常葉大菊川は持ち味のノーサイン&フルスイング野球を貫いての勝利。1番奈良間のスイングに代表されるように迷いなく振りぬく攻撃野球は常葉の伝統がしっかり受け継がれていることを感じさせる内容だった。バントを一切使わずに自分たちで考えて攻めさせることによって、考える力が身につくのだろう。高校野球の名監督が「理想はノーサインの野球」とよく言うが、この日の常葉の野球はまさにそれを具現化した野球だった。これからもこの野球が変わらず続いていくことを願ってやまない。

一方、益田東もビハインドにめげることなく逆転した攻撃は見事。エース和田も打たれはしながらも攻める投球は貫いていた。前評判は決して高くはなかったが常葉大菊川に一歩も引くことなく打ち合い、攻守に存在感を見せた2番首藤をはじめとして全国レベルに全く引けを取ることのない内容だった。これで出場した4大会すべて初戦敗退となったが、こういう試合を続けていれば近い将来甲子園初勝利を手にする日が訪れるのではないか、そう思わせた試合であった。

 

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.