1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 日南学園vs丸亀城西(4日目第1試合)

投稿日:

1回戦 大会4日目第1試合

日南学園

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 0 0 0 1 0 2
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

丸亀城西

 

日南学園    辰巳

丸亀城西    大前

打力に自信を持つチーム同士の対戦は両エースの好投で1点を争う投手戦に。日南学園がエース辰巳の丁寧な投球で完封勝利をおさめ、2年前に続いて初戦突破を果たした。

試合

香川大会では打ち勝つゲームの多かった丸亀城西だったが、立ち上がりからエース大前が力投。いかにもパワーのありそうな体格から投じるストレートは130キロ台ながらも重さがあり、スライダー・チェンジアップも交えてコントロールよく投げ込んでいく。

一方、日南学園の先発・辰巳も低めに丁寧に変化球を集める投球で丸亀城西打線を沈黙させる。春先以降精神面の成長も著しく、バックを信じて打たせて取る投球で淡々と投げていく。

試合が動いたのは3回表だった。日南学園は先頭の8番奥野が甘く入ったストレートをレフト線へうまく落とす2塁打で出塁。強く振ってヒットゾーンへ詰まらせて落とす打撃を練習してきたということだったが、その成果の現れた打撃だった。送って1アウト3塁とした後に1番中原がこれも高めのストレートをセンターへキレイにはじき返して1点を先制。主導権を握る。

丸亀城西にチャンスが訪れたのは4回裏だった。先頭の3番藤田がセンターへのヒットで出塁すると、送って1アウト2塁。しかし、ここで辰巳の素早い牽制で2塁ランナーが刺されてタッチアウト。この回さらに四球とヒットで2アウト1,3塁とするも後続が凡退し、惜しいチャンスを逃す。

その後は辰巳が低めに制球したチェンジアップを武器に丸亀城西打線に8回までヒットすら許さない好投。7回裏には失策と四球でランナーを出すも、落ち着いて続く打者を打ち取る。一方の丸亀城西・大前もインサイドを強気に突く投球で日南学園に追加点を許さずに試合は終盤に突入する。

追加点が入ったのは8回表だった。先頭の9番辰巳が甘く入ったストレートをセンターにはじき返して出塁すると、続く1番中原の打球を処理したセカンドが悪送球して無死1,2塁。相手のミスに付け込みたい日南学園は2番元にバスターエンドランをかけるも、打球はセカンド正面の打球で4-6-3の併殺。ピンチをつぶしかけたように見えたが、ここで3番蓑尾が外のスライダーをきれいにセンターへ返して2点目。大きな得点だった。

丸亀城西は9回裏に5番福田がヒットで出塁するも、ワンバウンドの投球で2塁を狙ったところを日南の捕手・蓑尾に刺されて万事休す。その後、四球のランナーを出すも最後まで辰巳の制球が崩れることはなく、2-0でゲームセット。結局辰巳はわずか99球で4安打完封し、日南学園が2大会連続の初戦突破を果たした。

まとめ

日南学園はエース辰巳を中心に守りの野球で初戦突破。県大会とは一味違う内容だったが、捕手・蓑尾を中心にバックがエースを盛り立てる理想的な野球で得点を許さなかった。打線は2点どまりだったが、勝負強さを見せて数少ないチャンスで得点。1番中原、3番蓑尾と役者がしっかり仕事を果たした。打撃の日南と以前は呼ばれることが多かったが、2年前のチーム同様堅い守りで手にした1勝。守りの野球が新しい日南のスタイルになりつつあるか。

一方、2005年以来久々の出場だった丸亀城西はエース大前が9安打を浴びながらも2点に抑える粘投。守備陣も失策を8回の悪送球1つに抑えたが、いかんせん県大会で活発だった打線が封じられては打つ手がなかった。早打ちでいい当たりをしていたものの、それが相手の打たせて取る術中にはまっていった側面もあった。ただ、近年活発になってきた香川の高校野球で久々に代表の座をつかんだことは大きく、この夏の戦いは来年以降にもつながっていきそうだ。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.