1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 智辯和歌山vs近江(3日目第2試合)

投稿日:

1回戦 大会3日目第2試合

近江

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 2 1 0 0 3 1 7
0 2 0 0 0 0 0 0 1 3

智辯和歌山

 

近江     松岡→林→佐合→金城

智辯和歌山  平田→小堀→池田

近畿勢同士の1回戦屈指の好カードは近江がホームラン攻勢で智辯和歌山を圧倒。全国制覇を狙っていた強豪に快勝し、2回戦進出を決めた。

試合

近江の先発は県大会でほとんど登板のなかった右サイドの松岡。手の内を知っている近畿勢同士の戦いの中で近江の多賀監督が奇襲に出る。

しかし、先制点は智辯和歌山が奪う。立ち上がり智辯和歌山打線の攻撃をしのいだものの、2回裏に先頭の富田が四球を選ぶと、1アウト後に7番根来が引っ張ってライト前に運んで1,2塁。ここで8番東妻が外角のボールをうまく拾ってセンター前に落とすタイムリー。さらに9番平田がスクイズを決めてこの回2点目を挙げる。松岡は内外を突く自分の持ち味は出していたが、智辯のうまい攻めが上回った印象だった。

相手の奇襲ともいえる投手起用をうまく崩したように見えた智辯和歌山だったが、4回に空気が一変する。変えたのは近江の4番北村だった。直前の智辯の攻撃を2年生捕手・有馬の盗塁阻止などで切り抜けて流れをつかむと、先頭の2番・土田が投手強襲のヒットで出塁。初球でスチールを決めてランナーを2塁に置いた後、1アウトになってから北村が打席へ。アウトコースに甘く入ったストレートをとらえた打球は左中間へ一直線に伸びる2ランホームランとなり、一振りで試合を振り出しに戻す。1年生の2番打者がかき回し、4番が仕事を果たすという近江にとっては理想的な流れで得点が入った。

近江は3回から2番手で左腕・を投入。選抜も経験した2年生左腕は内外とストライクゾーンの横幅をいっぱいに使った攻撃で智弁打線を寸断。自慢のチェンジアップで三振も奪い、チームにリズムを持ってくる。

すると、5回表には再び近江の長打が智辯のエース平田を襲う。先頭の7番山田がアウトコース低めのスライダーを救いあげた打球はライトの頭を超えてそのままスタンドに突き刺さる勝ち越しのホームラン。コース・高さともに決して悪くないボールだっただけに、この一打は智辯バッテリーにショックを与えるものだった。

1点を追う展開となって智辯和歌山は5回から猛攻に出る。先頭の平田がライトへふらふらっと上がって落ちるヒットで出塁すると、送った後に2番西川は変化球をしっかりためて引っ張ってレフト前ヒット。中軸の前に1アウト1.3塁と絶好のチャンスを築く。しかし、ここで3番は低めの変化球を三振。満塁となった後は5番富田がセカンドゴロに打ち取られて、同点のチャンスを逃す。近江の左腕・は強打者の内角を臆することなくせめて、最大のピンチをしのいだ。

1点を追う智辯和歌山はエース平田が6回、7回と落ち着いた投球で再び0を並べる。この日の平田は長打は浴びたものの、決して投球内容は悪くなくきっちりとコースへの投げ分けはできていた。このエースの投球に応えたい打線だったが、攻撃がかみ合わない。6回裏には2塁ランナーが捕手・有馬の好送球に刺されるなどして逸機すると、7回には打者がエンドランのサインを見落としたのか三振ゲッツーで3アウト。智辯和歌山らしくない攻撃で5~7回の3イニングで4安打3四死球とランナーをにぎわせながら、1点が奪えない。

対する近江は多賀監督が思い切りのいい継投で6回裏からは右腕の佐合にスイッチ。2001年には3本の矢で準優勝、2007年にも4人の投手の継投で勝ち上がった多賀監督にとっては継投はお手の物か。代わった投手がことごとくピンチを切り抜けて流れを引き寄せる。すると、8回表に近江が再び平田を捕まえる。先頭の9番・住谷がセンター前に落とすヒットで出塁すると、2アウト3塁となって3番家田は初球の真ん中付近のストレートをライトへきっちり引っ張って勝ち越しのタイムリー。中軸がしっかり仕事を果たす。

ここで少し智辯サイドの気持ちが切れてしまったか、続く4番北村には変化球が甘く入る。狙っていた甘いボールをフルスイングした打球は、打った瞬間それとわかる2ランホームランとなり、ここでほぼ勝負は決してしまった。

8回裏に智辯和歌山は5番冨田・6番黒川が連続ヒットで出塁するも、佐合が力のある速球を武器に智辯の下位打線をきっちり封じ込む。9回表にも1点を加えた近江は、その裏4番手のエース金城が智弁打線の意地の攻撃に会うものの、レフト住谷の好プレーなどで確実にアウトを積み重ね、7-3でゲームセット。近江が会心の試合運びで智辯和歌山を下し、4年ぶりの夏1勝を手にした。

 

まとめ

近江としては言うことのないゲームだったのではないだろうか。それぞれが持ち味を発揮して智辯和歌山打線を封じ込んだ投手陣、4番北村を中心に打つべき人が打って得点を重ねた打線、好守でチームを盛り立てた内外野陣。どれ一つ欠けても、こういう試合展開にはならなかっただろう。特に4人の投手を擁するアドバンテージは絶大。流れを変えるカードを何枚も持っている印象だった。同じ近畿で見上げてきた強豪を圧倒しての勝利は近江の歴史を塗り替えたと言っても過言でない勝利となった。

一方、満を持して優勝を狙っていた智辯和歌山はまさかの初戦敗退。前半はいい流れで入ったものの、中盤の平田の2本の被弾は誤算だっただろう。特に5回の勝ち越しホームランは、あのボールをスタンドに運ばれたことによって投球の幅を狭められた感のある被弾だった。打線も再三塁上をにぎわせながら、走塁ミスが重なって残塁の山を築いた。ショックの残る敗戦となったのは間違いないだろう。しかし、捕手・東妻西川黒川の二遊間のセンターラインを中心に多くの下級生は残る。名将・高嶋監督としてもこのまま引き下がるわけにはいかないだろう。来年の逆襲が今から楽しみだ。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.