1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 近大付vs前橋育英(3日目第3試合)

投稿日:

1回戦 大会3日目第3試合

前橋育英

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

近大付

 

前橋育英   恩田

近大付    大石

近大付・大石、前橋育英・恩田による投手戦はお互いの守備力が光る守り合いになった。前橋育英・恩田が近大付打線を6安打完封し、2年連続の初戦突破を果たした。

試合

近大付・大石は中学時代に全日本にも選ばれた逸材。140キロ台の速球とスライダーはともに一級品で、ゆったりしたフォームから手元で切れるボールを投げ込むため、打者も差し込まれやすい。近大付を10年ぶりの甲子園に導いた立役者だ。

一方、前橋育英の恩田は細身の体ながら切れのあるストレートを投げ込む本格派。県大会決勝では健大高崎の強力打線をしのぎ切った実力者だ。試合前からそうそう点の入らない展開になるだろうと予想された。

立ち上がりを両エースが無難に切り抜けた後の2回表、前橋育英が2アウトから先手を取った。6番丸山が四球で出塁すると、7番剣持が甘く入ったスライダーを引っ張ってライト線を破るタイムリー2塁打。投手力の高いチーム同士の対戦で大きな先制点を挙げる。

その裏、近大付も連続四死球から無死1,2塁のチャンスをつかむが、送りバントを前橋育英のファースト橋本がチャージしてサードで封殺するファインプレー。2013年の初出場初優勝時に見られた攻撃的守備の伝統はしっかり受け継がれている。

追加点のほしい前橋育英は3回表に大石のアウトコースの真っすぐを狙い打って1番久保、2番北原が連打を放つも3番橋本が併殺打で無得点。その裏、近大付属もランナーを一人出すものの、こちらも県大会で打率5割越えの2番花田が併殺で無得点とお互いに攻めきれない展開となった。

そんななかで4回表に前橋育英に追加点を挙げる。4番捕手とチームの要の小池がヒットで出塁すると、進塁打などで1アウト3塁とし、6番丸山はアウトコースの真っすぐをうまく流してレフト前にタイムリーヒット。この辺り徹底してアウトコースのボールにコンパクトな振りで対応した。

この2点目で落ち着きが出たか、前橋育英の恩田はアウトコースへのスライダーを武器に近大付打線を翻弄。内野ゴロを打たせ、そのゴロを鉄壁の内野陣がアウトにする理想的な流れでランナーを出しながらも0でしのいでいく。

ただそれ以上に圧巻のピッチングを見せたのが近大付・大石。5回以降、ストレート・スライダーともにコーナーにことごとく決まり、前橋育英打線から快音が消える。6回以降の4イニングで7三振を奪う好投でチームに流れを呼び込んだ。

近大付の反撃は8回裏。先頭の8番大石がヒットで出塁すると、1アウト2塁となって1番川瀬は甘く入ったストレートをレフト前にはじき返すクリーンヒットを放つ。しかし、ここで2塁ランナーの大石はアウトのタイミングで突っ込んでしまい、ホームタッチアウト。痛い形でランナーを活かせず、無得点に終わる。

結局、前橋育英・恩田は近大付打線を6安打に抑え、与四死球2で大会初完封。味方の好守にも支えられて投げぬき、チームに2年連続の甲子園勝利をもたらした。

まとめ

前橋育英は持ち味の堅守を活かしての完封勝利。やはり前橋育英には守りの野球がよく似合うと思わされた。県内に健大高崎という攻撃野球のチームがいることも無関係ではないだろう。打線は序盤のチャンスを狙い球を絞ってしっかり活かした印象。後半はノーヒットに終わったものの、投手中心の守りのリズムが良いため、流れを相手に渡しきらなかった。3年連続の夏の舞台でこれまで築き上げてきた自分たちの野球を貫き、貫禄の勝利を手にした。

一方、近大付もエース大石が圧巻のピッチングを披露。前橋育英の強力打線を相手に被安打5の2失点は実力を十分発揮した内容だった。内野陣もエラーが一つあったとはいえ、道正川瀬の二遊間を中心に素晴らしい動きでエースを盛り立てた。惜しまれるのは8回の攻撃での逸機。次が予選で当たっていた2番花田だっただけに、コーチャーも止める判断があってもよかったかもしれない。それでも記念大会のチャンスを活かしての甲子園で自分たちの野球は十分発揮していた印象。次は10年ぶりと言わず、もっと早く近大付のユニフォームを甲子園で見てみたいものだ。

 

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.