1試合毎振り返り 2018年 全国高等学校野球選手権大会

【振り返り編】2018年夏の甲子園 高岡商vs佐賀商(3日目第1試合)

投稿日:

1回戦 大会3日目第1試合

佐賀商

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
0 0 0 0 1 0 3 0 × 4

高岡商

 

佐賀商    木村

高岡商    山田→大島

高岡商・山田、佐賀商・木村という左右の好投手同士による投げ合いは終盤まで1点を争う投手戦に。打撃に重きを置いて鍛えてきた高岡商が後半に木村を打ち崩し、夏の甲子園10年ぶりの勝利を手にした。

試合

試合は立ち上がりから両投手が好投。特に高岡商の左腕・山田はストレートは速いものの制球に難があるという評判だったが、そんなことは全く感じさせない投球。バスター打法で揺さぶる佐賀商の攻撃にも惑わされることなく、140キロ台中盤の速球をコーナーにビシビシ決めて佐賀商打線を圧倒する。

対する佐賀商の右腕・木村も140キロ台中盤を記録するストレートを武器に好投。こちらは制球の安定しそうな腕の振りから両コーナーに丁寧に投げ分けて高岡商の強力打線を封じ込んでいく。4回を投げ終えて木村が被安打2の6三振、田が被安打1の5三振と安定した投球で守備からリズムを作っていく。唯一チャンスらしいチャンスといえば3回表に高岡商の内野陣の乱れで佐賀商が2アウト1.3塁としたが、ここも3番松隈を完全にストレートで詰まらせて山田が難なくピンチを脱した。

得点の気配が漂わない試合が突然動いたのは5回裏2アウトからだった。高岡商は県大会で7番ながら打率4割越えで、チーム2位の9打点をたたき出した井林が真ん中低めのストレートをとらえた打球はバックスクリーンへ飛び込む先制ホームラン。直前の1球で内角を厳しく攻められながらひるむことなく踏み込んでとらえていった。

これで高岡商が優位に立つかと思われたが、6回から佐賀商が逆襲に出る。先頭の2番古賀が低めの変化球をうまく拾って出塁すると、送った後に代打・原田の四球と6番中島のセンター前ヒットで2アウト満塁とビッグチャンスを迎える。ここは7番小柳が三振に取られたものの、ストレート・変化球ともにヒットにし、山田攻略の糸口をつかみかけたイニングとなった。

そして、7回表に球数が100球を超えた山田をついに捕まえる。先頭の8番・本嶋が外角のストレートをきっちりとらえて出塁すると、盗塁でランナーを進めて1アウト2塁。ここで1番済木の投手ゴロを山田が悪送球して同点。高岡商としては痛い失策で同点に追いつかれてしまった。

しかし、ここでズルズルいかなかったのが昨年からの成長か。その直後の7回裏に高岡商が突き放しにかかる。1アウトから4番、5番石黒木村の高めに浮き始めたボールをとらえて1.3塁。さらに四球で満塁とチャンスを広げると、先ほどホームランの7番井林のファーストへのゴロがエラーとなって1点を勝ち越し。さらに8番田嶋はアウトコースに甘く入ったボールを完璧にとらえて右中間を破るタイムリー2塁打で4-1。下位打線がきっちり仕事を果たし、高岡商が大きな追加点を挙げる。

8回表からは高岡商は2番手の右サイドハンドの大島にスイッチ。テンポよく、内外角を丁寧について佐賀商打線を翻弄。左打者に対しても外に落ちるボールを振らせて苦にすることなく投げぬいた。昨年の選抜を沸かせた東海大福岡のサイドハンド・安田を思い出させるような好投手だ。結局、大島はバックの好守備にも助けられて被安打0の好投。高岡商が前回の記念大会以来となる10年ぶりの初戦突破を果たした。

 

まとめ

高岡商としてはエース左腕・山田の好投が何より大きかっただろう。もともと球威はあるだけに制球がつけば打ち取る力は十二分にある投手。適度に散らばりながらも、勝負どころでは140キロ台中盤のストレートがコーナーに決まった。打線は佐賀商のエース木村に苦しみながらも、相手のミスを逃さず下位打線がつながっての得点で勝ち越し。昨年の春夏の甲子園を経験して打撃の重要性を感じて練習したことが活きた結果となった。ここ4大会は初戦敗退が続いていたが、長いトンネルを抜ける勝利となった。

一方、佐賀商も敗れはしたもののエース木村を中心に中盤までは互角の展開で推移。7回には相手の失策で追いつくなど、少ないチャンスを活かす理想的な展開だった。それだけに裏の攻撃で自軍にミスが出てしまったことは痛かったか。木村は力のあるストレートを武器にキレのある投球を見せ、実力の高さは見せた投球だった。勝利はならなかったものの、佐賀商・佐賀北が優勝した時のように投手中心の守備からリズムを作る野球は中盤までは遂行できており、こういう野球を続けていれば佐賀勢が再び甲子園でミラクルを起こす日も遠くない将来訪れるのではないだろうか。

-1試合毎振り返り, 2018年, 全国高等学校野球選手権大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.