1試合毎振り返り 2018年 選抜高等学校野球大会

【振り返り編】2018年春選抜 東筑vs聖光学院(1日目第1試合)

更新日:

1回戦 大会1日目第1試合

聖光学院

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 1 0 0 1 0 0 0 2 5
2 0 1 0 0 0 0 0 0 3

東筑

 

聖光学院  上石→衛藤→高坂

東筑    石田→林

夏春連続出場校同士の対戦となった開幕戦は緊張からか互いにミスも出る展開となったが、最後は聖光学院が小技で決勝点をもぎ取って2回戦進出を決めた。

試合

立ち上がり、東筑の好投手・石田に対して聖光学院打線は積極果敢に打って出る。1番田野が高めに浮いた初球をいきなりセンター前に打って出ると、2番横堀にはフルカウントからエンドラン。打撃に自信を持つチームらしく打ってランナーを進めると、3番矢吹の四球後にパスボールでランナー2,3塁に進塁。4番五味のセカンドゴロはホームフォースアウトとなるが、5番須田が高めに浮いたツーシームを力でセンター前に持っていき先制点。相手に落ち着く間を与えずに攻めて得点をもぎ取った。

その裏、聖光学院の先発はエース衛藤ではなく、背番号11の上石。調子の良さを買われての起用だったが、東筑も1番阿部がいきなりヒットで出塁。2番田中が送った後に3番好打者の和久田が高めに浮いたスライダーをレフト線にはじき返して同点。甘いボールを逃さずにとらえて追いつくと、2アウト後5番藤原も外に甘く入ったスライダーをとらえて右中間への勝ち越しタイムリー2塁打。ここで早くも聖光学院はエース衛藤をブルペンに走らせる。

開幕戦にもかかわらず、初球からお互いどんどん打っていく気持ちのいい試合の入り。2回表に聖光学院が8番大松のレフト前ヒットに犠打の処理ミスも絡んで1,3塁と同点のチャンス。ここで1番田野がきっちり打ち上げて同点の犠飛。すぐさま試合を振り出しに戻す。

3回裏に東筑は1番阿部が四球のあとに2番田中には強硬策。これが左中間への2塁打となってノーアウト2,3塁のビッグチャンス。さらに3番和久田はファーストへの内野安打で満塁となり、聖光学院は継投もあるかと思われる場面。しかし、そのまま続投すると上石は続く4番野口をショートゴロ併殺に打ち取って1点許したものの2アウトを奪う。ここでエース衛藤に交代すると、後続も打ち取って結局この回は1点どまり。この局面が最後に効いてくることとなった。

4回表に2アウト満塁のチャンスを逃した聖光学院だったが、5回表のチャンスはものにする。3番矢吹、4番五味と自慢の中軸が連打すると5番須田はセンターへの犠飛。力攻めで同点に追いつく。

その後、試合は膠着状態となり、聖光学院は7回から左腕・高坂に継投。左からの角度を活かしたボールでランナーを出すものの要所で踏ん張って無失点。また、東筑の石田も序盤と配球を変えて対応し、聖光学院の鋭い振りに対して決してひるむことなく向かっていく。終盤には聖光学院の走塁ミスや盗塁失敗にも助けられてこちらも0点で抑えていく。

試合が決したのは9回表。聖光学院は打撃のいい高坂がヒットで出塁すると、1番田野は3塁戦へ絶妙なバント。これがエラーを誘って1アウト2,3塁とすると、2番横堀は間髪入れず初球にスクイズで勝ち越しさらに送球が乱れる間にもう一人生還して2点差が開いた。この場面、東筑バッテリーもスクイズがあることを想定したジェスチャーをしていたが、その割には外への外し方が甘く簡単にスクイズを許してしまったのは悔やまれた。

その裏、東筑打線も高坂のボールに慣れ始めたが、ランナーを2人出して攻め立てたが、最後は2番田中の痛烈な当たりがショートライナーで併殺となってゲームセット。明暗が分かれる形となって5-3で聖光学院が接戦を制し、2回戦にコマを進めた。

 

まとめ

聖光学院はさすがここ10年で最高と言われる打線だけあって石田の甘く入ったボールはどんどん振っていった。犠打と思われる場面でも強攻を見せるなど、強気の攻めで局面を切り開く場面が目立った。中盤以降は攻めあぐねる場面もあったものの、9回には連続のバントで勝ち越し点。聖光学院らしい手堅い攻めもできるところを見せた。

また、昨秋はエース衛藤に頼りがちだった投手陣も上石・高坂と3人でつないでの勝利。捕手・大松の懸命のリードが光った。また、斎藤監督の継投のタイミングも素晴らしく、会心の内容だったのではないだろうか。次は強打が売りの東海大相模との対決。持ち味の打力は計算が立ちそうなだけに3投手の起用法が勝敗の行方を握っていそうな気がする。

東筑は終盤まで同点で推移するも最後は守備のミスに泣いた印象。ただ、エース石田は序盤から聖光学院の強打にさらされながらも右打者のインサイドを果敢に突き、緩急も用いて立て直したのは見事。済美の強打の前になすすべがなかった昨夏とは違うところを見せた。また、打線も序盤は長打が飛び出すなどエースを援護。初戦で敗れはしたものの、夏につながる戦いぶりは十分見られた。石田に次ぐ2番手投手の確立と内野守備の安定がこれからの課題となりそうだ。

-1試合毎振り返り, 2018年, 選抜高等学校野球大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.