1試合毎振り返り 2019年 選抜高等学校野球大会

【振り返り編】2019年春選抜  習志野vs市立和歌山(9日目第1試合)

投稿日:

準々決勝 大会9日目第1試合

習志野

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 1 1 1 0 0 4
3 0 0 0 0 0 0 0 0 3

市立和歌山

 

習志野     岩沢→飯塚

市立和歌山   柏山→岩本

公立校同士の対戦となった準々決勝第一試合は習志野が持ち味の粘りを発揮。中盤からじわじわと追い上げ、エース飯塚の好リリーフもあって、見事逆転勝利を飾った。

試合

2回戦はともに前評判では不利とされた相手に自分たちの野球を貫いて勝ち抜いた両校。ただ、習志野は2回戦で負傷した主将・根本がこの日はスタメンを外れ、やや苦しい陣容であった。

市立和歌山の先発は2回戦に続いて右腕の柏山。2回戦では高松商の強力打線に対してストレート主体の投球で中盤まで無失点ピッチングを展開したが、この日は初回から習志野打線につかまる。1番竹縄に対して詰まらせた打球がレフトの前にポトリと落ちる不運な2塁打となってピンチを招くと、犠打で1アウト3塁となって3番角田が真ん中寄りのストレートをセンターにはじき返し、1点を先制する。ストレートに力のある柏山に対してコンパクトなスイングで対応した。

先制点を許した市立和歌山だが、2回戦に続いて先発した習志野の右アンダーハンドの岩沢に対してすぐさま反撃する。アンダーハンド特有の遅いボールに対して2番下井田、3番緒方がともに引き付けてセンターから逆方向へはじき返す打撃で連打を放つ。ここでこれまで大会を通じて無安打の4番柏山が右中間を破るタイムリー2塁打を放って同点に追いつくと、さらに5番米田がインサイドのボールに詰まりながらもレフト前に運んで2点を勝ち越す。岩沢のボールに対してしっかり自分のポイントまで呼び込んでたたく打撃ができていた。

援護をもらった市立和歌山・柏山は2回以降もボールはやや高めに浮きがちであったが、ボールの力で打ち取っていく。ストレートにはスピード以上に伸びがあり、習志野の打者陣も苦しんでいる様子がうかがえた。夏に向けて岩本とのwエースを確立できたのは大きいだろう。

これに対して、2回の攻撃で岩沢に代打を送った習志野は早くもその裏からエース飯塚をマウンドに送る。飯塚柏山以上に球威のある真っすぐにチェンジアップ、スライダーを交えて市立和歌山の打撃陣を抑え込む。2回戦で星稜・奥川に投げ勝ったことも自信になっていただろう。3回には1アウト3塁のピンチで中軸を抑えきり、無失点で踏ん張った。

すると、4回に入って市立和歌山は先発の柏山を下げて左腕・岩本をマウンドに送る。柏山は徐々に立ち直ってきていただけにこの交代はやや意外であった。試合前から決めていたのか、機動力を絡めた習志野の圧力が半田監督の交代期を早めたのかはわからないが、少しもったいない感じはあった。交代した岩本は4回は習志野の攻撃を落ち着いた投球で無失点に封じる。

しかし、5回に入ると習志野の攻撃陣が徐々に岩本をとらえ始める。先頭の9番飯塚がレフトへのクリーンヒットで出塁すると、1番竹縄には強攻策。センター前ヒットで無死1,3塁とチャンスを拡大する。荒れ球の柏山に比べて制球の安定している岩本から狙い球を絞って積極的に振りに出た。

同点に追い付くには絶好のチャンス。この場面で1塁ランナーが盗塁を仕掛けるも捕手・米田の好送球でタッチアウトとなる。さらに2番小沢へのスクイズが飛球となり、結果三振に倒れるなど小林監督の仕掛けがことごとく裏目に出る。嫌な展開となりかけるが、3番角田が投手を強襲するヒットを放ち、3塁ランナーが帰って1点差に迫る。ミスが多発してチャンスをつぶしかけていただけに非常に大きなタイムリーであった。

1点差に迫られた市立和歌山は5回裏に2アウトから3番緒方、4番柏山飯塚の高めに浮いたボールをとらえて連打を放つ。市立和歌山も3回以降毎回スコアリングポジションにランナーを進めるが、続く5番米田はショートゴロに打ちとられて無得点。2回以降はなかなかホームを踏むことができない。

すると、6回表に再び両チームの間で流れが激しく右往左往する展開となる。先頭の5番高橋が3塁線を破る2塁打で出塁すると、続く6番山内の打球は絶妙なあたりで3塁前に転がるバントヒットとなって無死1.3塁とチャンスを拡大する。しかし、7番和田の投手ゴロで3塁ランナーが挟殺されると、3塁を狙った1塁ランナーの山内も刺されてあっという間に2アウトとなる。5回に続く拙攻で嫌な流れとなるが、死球でランナーをためると、9番飯塚がセンターへのタイムリーを放ってついに習志野が同点に追いつく。

5,6回と立て続けにミスが続き、習志野らしくない攻めとなっていたが、積極性を失わなかった打者陣は素晴らしかった。すぐに次の状況へ頭を切り替えることができており、小林監督のもと鍛えられている様子が見て取れた。岩本の高めに浮く変化球を逃さない勝負強さも見事であった。

こうなると流れは完全に習志野のものとなる。7回表には1アウトから3番角田がセンターへのヒットで出塁すると、すかさず盗塁をしかけて1アウト2塁。さらに4番桜井のショートゴロがエラーとなって1,3塁となると5番高橋のショートゴロは併殺崩れとなって3塁ランナーが生還。習志野が初回以来のリードを奪った。

再びリードをもらった飯塚は6回以降完璧な投球を展開する。やや高めに浮いていたストレートも低めに決まり始め、スライダーをコーナーぎりぎりに配して市立和歌山打線を完全に抑え込む。試合後半は打者12人をパーフェクトピッチングでしのぎ、2回から計9三振を奪う貫禄のピッチングを展開。つけ入るすきを全く与えず、習志野を初の選抜ベスト4へと導いた。

まとめ

習志野は見事な逆転勝ちで初の4強進出。機動力を生かした積極的な攻めで相手に何度も行きかけた流れを強引に呼び戻した。打っては2番手で登板した岩本に対して低く強い打球を打ち続け、長打は少ないものの確実に市立和歌山に圧力をかけ続けた。投手陣は2番手の飯塚が序盤こそ市立和歌山にヒットを許したものの、巧みな配球でスライダーを有効に使い、6回以降は無安打ピッチングを展開。最終的な点差こそ1点だったが、内容としては習志野の完勝であった。試合巧者とはこういうチームをいうのだという野球で、ベスト4一番乗りを果たした。

対する市立和歌山にとっては初回に逆転したものの、中盤以降は防戦一方になってしまった。惜しまれるのは中盤までのチャンスを逃してしまったことだろう。飯塚の調子が出るまでにもう1点どこかで加えていれば試合展開も変わっていたかもしれない。守りの面では好守でエース岩本を支え、岩本自身もよく踏ん張っていたが、習志野の圧力の前に最後は持ちこたえられなかった印象だった。それでも、選抜では久々の8強入りを果たし、2年生エースの岩本の投球やシャープなスイングの打線は非常に見所があった。ライバルの智辯和歌山が待ち受ける夏に向け、大きな収穫を得た大会となったことだろう。

-1試合毎振り返り, 2019年, 選抜高等学校野球大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.