1試合毎振り返り 2019年 選抜高等学校野球大会

【振り返り編】2019年春選抜  習志野vs明豊(10日目第1試合)

投稿日:

準々決勝 大会10日目第1試合

習志野

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 2 0 0 0 1 3 0 6
3 0 0 0 0 0 0 1 0 4

明豊

 

習志野  山内→飯塚

明豊   若杉→大畑

決勝戦進出の切符を奪い合う一戦は習志野が持ち前の粘り強さを発揮。先行されながらも終盤に試合をひっくり返し、強敵・明豊を退けて初の決勝進出を果たした。

試合

習志野の先発は初戦以来のマウンドに上がる左腕・山内。2回戦、準々決勝と先行された習志野としては立ち上がりの失点を防ぎたいところだった。しかし、その思惑を明豊の核弾頭・が打ち砕く。3球目の甘く入ったストレートを思い切りよく引っ張ると、打球はレフトスタンドへ飛び込む先制ホームラン。1点を先行すると、さらに立ち上がり制球の定まらない山内から2番宮川のヒットと四球でチャンスを拡大すると、チャンスに強い5番薮田がインサイドのストレートを狙い打ってレフト線へのタイムリー2塁打。初回で早くも3点を挙げる。

一方、明豊の先発は2年生左腕の若杉。こちらは投げるたびに調子を上げてきており、立ち上がりの打者1巡は習志野打線を完全に抑え込む。しかし、星稜の好投手・奥川や市立和歌山の左腕・岩本を徐々に攻略したように2巡目に入って若杉のボールに徐々に対応。3回表に1アウトから、怪我から復帰の1番根本がショートへの内野安打で出塁。ボールがそれる間に2塁へ進むと、ショートゴロと3番角田の四球で1,3塁とチャンスを拡大。ここですかさず重盗を仕掛けて1点を返すと、さらに4番櫻井も畳みかけるようにライトへはじき返してこの回2点目を手にする。

非常に習志野らしい攻撃が見られたこの回の攻撃。初回に3点を奪われてワンサイドになりかねない状況だったが、足を巧みに使って相手に流れを渡さなかった。柔よく剛を制す習志野の良さが出た攻めであった。

その後、中盤以降は両チームともヒットが出ない展開となり、両先発投手が持ち味を発揮する。山内がコーナーを広く使った投球を取り戻し、配球もかえて相手の狙い球をかわせば、若杉はキレのある真っすぐと低めに落ちる変化球で習志野の粘り強い攻撃をしのいでいく。

次の1点が試合の流れを決める重要な局面のなか、7回表に習志野がついに若杉を捕まえる。バットを短く持ってベースより立つと、8番兼子がアウトコースのストレートを右中間へはじき返して3塁打を放つ。すると、続く9番小澤は再びストレートをとらえてセンターへのタイムリーヒット。下位打線がコンパクトなスイングで逆方向へと打球を飛ばし、らしい攻撃を見せた。

この流れを逃すまいと7回裏から小林監督は2番手で飯塚を投入。先頭打者にヒットを許すものの、続く打者の犠打を封殺すると、明豊の上位打線に対して自慢の真っすぐで押していき、得点を与えない。力の投球で自チームへ流れを引き寄せるには十分な内容であった。

勢いに乗った習志野は8回表、2番手で登板した明豊・大畑に襲い掛かる。4番櫻井がインハイの速球を引っ張りこんでライトへのホームランとして1点を勝ち越し。大畑の自慢の真っすぐを完ぺきにとらえた内容は相手バッテリーに与えるショックは大きかった。さらに2アウト後に7番飯塚から3連打で1点を追加すると、四球と暴投でもう1点を追加。ストレートもスライダーもキレイにとらえられ攻め手をなくした明豊バッテリー相手に一気に畳みかけた。

しかし、初の決勝進出へ向けて明豊もあきらめない。1アウトから4番野邊がストレートをとらえて左中間への2塁打で出塁すると、2アウト3塁となって代打・青地もストレートを左中間へはじき返すタイムリー3塁打。飯塚にこの大会初となる自責点をつける1点を挙げた。打撃の明豊の意地を見せるような一打であった。

9回表の攻撃を0に封じた明豊は9回裏に2アウトから1番が四球を選び、なんとかチャンスを作ろうとする。しかし、最後は2番宮川の痛烈な左中間への打球をセンター根本がつかんで3アウト。帰ってきたW主将の一角が仕事を果たし、習志野が選抜では初めてとなる決勝進出を果たした。

まとめ

習志野は序盤に主導権を握られながらもどっしりと構えての逆転劇。これで逆転ゲームは3試合連続となり、どんな状況でも自分たちの野球を見失わない強さが彼らにはあった。それぞれが求められる役割をきっちりと理解して試合に臨んでいるのであろう。投げては先発・山内、エース飯塚が持ち味を発揮した投球を披露。投攻守走のすべてで「らしさ」を見せた千葉の強豪が平成最後の決勝の舞台に上り詰めた。

対する明豊は、序盤は自分たちの形に持ち込んだかに見えたが、習志野のじわじわと迫りくる圧力の前に持ちこたえることができなかった。特に先発の若杉は6回までわずか2安打に抑える好投を見せていただけに交代期を見出すのは難しかったのかもしれない。打撃では初回と終盤に得点を挙げたものの、中盤はなかなかヒットも出ない展開に。大会を通じて、もう一つつながりにかけた面は否めなかった。しかし、夏3度の8強を誇りながら、選抜は結果を出せていなかったなかで、今大会は3勝をマーク。若き川崎監督の率いるチームが新たな歴史を刻んだ大会となった。

-1試合毎振り返り, 2019年, 選抜高等学校野球大会

Copyright© 世界一の甲子園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.