• 【2020年ドラフト候補】 下 慎之介(健大高崎)

    2020年10月06日

    【甲子園戦績】

    3年夏 交流試合

    ●1-4   帯広農

    三木(2012年)、高橋(2014年)、川井(2015年)と過去に技巧派の好左腕を輩出してきた健大高崎。今年のエース左腕・下は先輩エースと比較しても決して引けを取らない実力者だ。左スリークオーターから繰り出すストレートは140キロを超え、決め球のスライダーも光る。強気のインサイド攻めで関東大会準決勝では東海大相模の強力打線を封じ込んだ。

    過去に幾度も甲子園で上位に進みながら、あと一歩で勝ちきれなかった健大高崎。機動力を含めた攻撃力には定評があるだけに、エース下を擁した今年のチームにかかる期待はことのほか大きかった。それでも下がプロの世界で活躍すれば、健大高崎に新たな刺激が生まれるはずだ。ライバル前橋育英に後れを取らないためにも、下の活躍に期待がかかる。