• 【2021年ドラフト候補】 船曳海(天理→法政大学→NTT西日本)

    2021年10月04日

    【甲子園戦績】

    3年春

    〇7-2   糸満

    ●1-3   健大高崎

    3年夏

    ●2-3   創成館

    規格外の俊足でプロから注目を集める外野手。天理高時代から不動のトップバッターとして君臨し、相手守備陣にプレッシャーをかける走塁で天理の秋季近畿大会優勝に貢献した。打撃でもパンチ力を秘めており、最後の夏には翌年の選抜で優勝投手となる智辯学園の2年生エース村上(阪神)からホームランを放った。外野の守備も安定しており、走攻守3拍子揃ったスタイルで法政大学、日本新薬でも活躍を続けている。

    俊足の外野手ということもあり、チームのスタイルとしてはロッテあたりにマッチするかもしれない。武器である俊足を活かしながら、打撃・守備である程度の結果を残せれば、一軍定着の道は見えてきそうだ。まずは、10月10日にプロ野球界からの指名を待つ。

    2015年春の選抜甲子園振り返りまとめ – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)

    2015年夏の甲子園振り返りまとめ – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)