• 九州国際大付vs大阪偕星学園 2015年夏

    攻撃型チーム同士のノーガードの打ち合い

    2015年夏の2回戦、ともに強力打線を擁するチーム同士のがっぷり四つの打ち合いが展開された。

    大阪大会4連覇を狙っていた大本命・大阪桐蔭を破って大阪から初出場を果たした大坂偕成学園。熱血漢・山本監督に率いられた実写版・ルーキーズのようなやんちゃ集団は豊富な練習量で鍛え上げられて勝ち上がってきた。しなやかなフォームから速球とスライダーで攻める左腕・光田とつながる強力打線を擁し、1回戦は比叡山を延長の末撃破。延長10回は6連打を放ち、真骨頂を見せた。

    一方、九州国際大付属は2年連続の夏の甲子園。前年は優勝候補に挙げられながら、東海大四・西嶋のスローボールに惑わされまさかの初戦敗退。だが、若生監督のあとを継いだ元プロ野球選手の楠城監督のもとチームは成長。ゴロではなくフライを打てというこれまでの高校野球と真逆の方針でチームを指導。4番山本(DeNA)は福岡大会でホームランを連発し、野木・富山の左右の投手陣もそろって福岡大会を連覇した。甲子園では初戦、鳴門の好左腕・河野を中盤に一気に攻略し、見事初戦突破を果たした。

    両チーム計4ホームランの打撃戦はサヨナラで幕

    2015年夏2回戦

    大阪偕成学園

    10

    九州国際大付

     

    大阪偕成学園   光田

    九州国際大付   野木→中村→富山

     

    強打の両チームの対戦となった試合は大阪偕成打線が先手を取る。プロ注目の1番姫野(日本ハム)が初球をレフト前にはじき返してチャンスを作ると、2アウト1、2塁から5番岸、6番福田が連続タイムリー。140キロ台の速球で押す九国の先発・野木をいきなり攻め立てる。

     

    3回には連続死球でチャンスを作り、7番浜口がタイムリー2塁打で早くも野木をマウンドから引きずり下ろす。下位まで強打者が控える大阪偕成がその強さを見せつける。

     

    しかし、3回裏いきなり試合は振り出しに戻る。下位打線の7番中山の2塁打でチャンスを作ると、当たっている1番吉井のヒットを絡めて満塁のチャンス。ここで2番山口が確実に犠飛を打ち上げて1点を返す。大阪偕成の左腕・光田は大阪大会の連投で左手に豆ができており、武器である高速スライダーのスピードが落ちていた。続く3番の岩崎は鼻炎で体調が悪かったこともあり、真っすぐには対応しづらいと考えてスライダー狙いに。スピードが落ちていたそのスライダーを狙い打つと、ドンピシャのタイミングであった打球は左中間スタンドへの3ランホームラン。大阪偕成としてもまさか3回で追いつかれるとは思わなかっただろう。

     

    5回になっても九国打線の猛攻は止まらない。制球のいい光田だが、四球を出してしまい、1番吉井に再びヒットを許すと2番山口が2本目の犠飛。さらに、3番岩崎がヒットで続くと、ついにこの男が目を覚ます。4番山本が甘く入ったスライダーをとらえた打球はレフトスタンドへ。これまでいい当たりをしてもなかなか届かなかったが、ついにフェンスオーバーした。

     

    だが、この試合は取ったら取り返すボクシングの名試合のような展開。6回表大阪偕成が連打ですぐさま反撃。3番手で登板のエース左腕・富山に2番戸嶋、4番田端、5番岸がヒットを浴びせて1点を返すと、富山の制球の乱れを誘い、押し出しでさらに1点を追加。打撃もいい8番投手の光田のタイムリーが出てついに同点に追いついた。

     

    長打の九国に連打の偕成とお互いの持ち味の出た攻撃だった。

     

    7回表、バットを一余り短く持った1番姫野が甘く入った変化球を引っ張ると打球はレフトスタンドへ。一時は部活をやめかけたこともあった男の一打に偕成ベンチは沸いた。

     

    が、その裏2アウトから4番の山本が打席へ。今度はアウトコースの真っすぐを完璧にとらえた打球はバックスクリーンへ一直線。再びすぐに同点に追いつく。

     

    ここまで取られたら取り返せの精神でお互いに気持ちいいほどの攻撃野球を見せていた両校だったが、9回裏初めてプレッシャーを背負ったのか、大阪偕成はエラーで1アウト3塁のピンチ。ここでここまで大会ノーヒットの2ばん山口が見事に左中間にはじき返して試合は決した。

     まとめ

    壮絶な打撃戦の末に散った大阪偕成だったが、15安打を放った打撃陣は見事。エース光田がどれだけ点を取られても代えなかった山本監督の男気も素晴らしく、2回戦で敗れはしたが、実力は十二分に見せつけた夏だった。

     

    一方、九州国際大付属は勢いに乗って3回戦も作新学院を撃破。最後は清宮敗れる早稲田実に敗れたが、昨年のリベンジを果たして余りある結果を手にした戦いだった。

    【好投手列伝】大阪府篇記憶に残る平成の名投手 5/5 – 世界一の甲子園ブログ (kosien.jp)