• 南陽工vsPL学園 2009年選抜

    2020年06月06日

    名門校に投げ勝った2年生エース

    清峰・今村(広島)や花巻東・菊地雄星(マリナーズ)の投球に沸いた2009年選抜大会。しかし、2回戦でその2人に勝るとも劣らない、好投手による投手戦が展開された。

    昨秋の近畿大会で準優勝を果たし、3年ぶりに甲子園に姿を見せたPL学園。エース左腕・中野の安定感抜群の投球と勧野(楽天)・吉川(中日―巨人)ら才能あふれる2年生打者の打棒で久しぶりの全国制覇を狙う。1回戦では伊予ゴジラの異名を持つ西条・秋山(阪神)との投手戦を1-0の僅差で制して2回戦へ進んだ。

    一方、南陽工は津田2世と呼ばれる2年生エース岩本(阪神)を中心にディフェンスを強化。冬には大幅な内野コンバートを行って、守備を見直してきた。1回戦では前橋商に序盤3点のビハインドを背負うも4番国広の2度にわたる同点タイムリーの活躍で接戦を制した。

     

    無安打投球から一転…

    南陽工

    10
     1

    PL学園

     

    南陽工   岩本

    PL学園     中野

    試合は序盤からPL学園のエース左腕・中野が好投。切れのある速球と低めのスライダーでヒットを許さない。南陽工の選手の狙いを外す投球で内外に投げ分け、圧巻のピッチング。

     

    一方、南陽工のエース岩本もピンチを背負っても落ち着いたピッチング。4回には1アウトから1番吉川の3塁打で1アウト3塁となるも、23番をインサイドの真っすぐで連続三振。2年生とは思えない度胸満点のピッチングを披露する。注目の4番勧野もアッパースイング気味だったこともあり、外角速球とフォークの組み合わせで手を出させない。

     

    中野は9回まですいすいと投げぬき、結局ノーヒットで9イニングを完投。しかし、その裏サヨナラのチャンスも中野自身が凡退して延長戦へ。

     

    こうなると逆にPLにプレッシャーがかかった。エースがノーヒットピッチングにも関わらず勝ち越せない。一方、南陽工はノーヒットにも関わらずさほど落ち込んではいなかった。内外角どちらかに狙いを絞り、狙いが外れてもベンチでは「OKOK!」の声。自分たちのやるべきことはできていた。

     

    すると、延長10回についに決壊が崩れた。この大会のラッキーボーイの2番竹重が入ってくるスライダーをレフト前へはじき返した。3番中川は凡退も国広、高木、水井と逆らわない打撃で逆方向へはじき返し、2点を先制。その間にはセンター吉川からの高い返球の間にランナーが進むなどPLらしからぬミスもあった。

     

    PLもその裏に名門の意地を見せ、5番大槻のタイムリーで1点を返すも、最後は6番藤本が打ち上げてゲームセット。21で南陽工が津田恒美以来のベスト8に進出した。

     

    南陽工は2年生エース岩本のピッチングもさることながら、ノーヒットの状態でも決して落ち込むことなく好機を待ち続けた選手のメンタル面が素晴らしかった。この姿勢が逆に追い込んでるはずのPLの選手が追い込まれることになったのではないか。

     

    一方、PLのエース中野は選抜では9回をノーヒットに抑えた投手で初の敗戦投手となってしまった。スライダーを低めに集める投球は素晴らしかったがゆえに、なおのこと悲劇性が増すような結果となった。PLは夏も甲子園に出場したが、中野はひじの故障で夏のマウンドには立てずに終わった。また、PL学園自身も現在休部になっており、この試合が選抜甲子園での最後の試合になってしまっている。いつかまた甲子園にあの名門のユニフォームが戻ってくる日は来るのだろうか…