• 大会No.1投手(1983年夏) 三浦将明(横浜商)

    2020年09月23日

    1983年夏は松坂世代に匹敵するほど、のちにプロ入りする投手が多くそろったハイレベルな大会だった。池田の水野(巨人)を筆頭に中京の野中(中日)、久留米商の山田(巨人)、佐世保工の香田(巨人)、宇部商の秋村(広島)、高知商の津野(広島)、箕島の吉井(近鉄)、興南の仲田(阪神)、創価の小野(阪神)など本格派投手が目白押しの大会であった。

     

    そんな中にあって3年生エースとして最後まで勝ち上がったのが横浜商の三浦将明(中日)であった。長身から繰り出す速球とカーブに定評があり、甘いマスクも相まって人気選手となった。2年生の選抜では荒木大輔(ヤクルト)擁する早実に投げ勝ち、3年生時の選抜では決勝までほとんど失点を許さず準優勝。このハイレベルな時代でなければとっくに優勝していてもおかしくなかったが、それぞれPL学園と池田に行く手を阻まれた。

     

    迎えた最後の夏は開幕戦で鹿児島実に競り勝つと、佐世保工・香田、宇部商・秋村、久留米商・山田とことごとく好投手に投げ勝ち、決勝に進出。しかし、打倒・池田の意気込みで勝ち進んだ決勝で待ち受けていたのは1年生のエースと4番を擁するPL学園であった。前年の選抜の雪辱戦だったが、清原(西武)に抜けたフォークをライトスタンドに打ち込まれると、打線もPLの桑田(巨人)-藤本のリレーに完封負け。

    最後もあと一歩で優勝には届かなかったが、この世代を象徴するエースであった。