• 大会No.1投手(1991年選抜) 上田佳範(松商学園)

    2020年09月05日

    北信越屈指の好投手として1991年の選抜に仁王立ちしたのが、松商学園のエース上田佳範(日本ハム)であった。端正なルックスと140キロ台の速球を中心とした安定感ある投球で、松商学園史上最高とも言える戦力を有したチームの主戦兼4番を務めあげた。前年秋の北信越大会では当時1年生ながら4番を務めた松井秀喜(ヤンキース)を擁する星稜にも完勝。松井が成長するきっかけとなったのが上田の好投であった。

     

    選抜本戦では初戦でこれまたのちのメジャーリーガーとなる鈴木一郎(のちのイチロー、マリナーズ)を擁する愛工大名電と対戦。初回の2失点のみに抑えて3-2と接戦を制すると、ここから怒涛の快進撃が始まった。2回戦は前年優勝校で好投手・谷口(巨人)を擁する天理に完封勝ち。さらに準々決勝はこの夏の優勝校・大阪桐蔭を、準決勝は初出場ながら東の横綱と呼ばれた国士舘をそれぞれ完封し、上田の無失点記録は35まで伸びた。

     

    迎えた決勝は春夏通じて6度目の対戦となる広陵が相手。戦前の予想は松商学園がやや有利と思われたが、上田は初回の失点で連続無失点記録が途絶えると、3点リードの7回に相手打線の粘りに合い、同点に追いつかれてしまう。そして、9回裏に広陵の8番下松の放った当たりはライトを守っていた上田の頭上へ。懸命に打球に追いつくも補給することはできず。大会の主役ともいえる活躍を見せた上田の選抜は悲劇的な幕切れを迎えた。

    しかし、この年の松商学園のチーム力を評価する声は多く、上田佳範は間違いなく1991年を代表する投手であった。